FC2ブログ

民宿 ふじや <カニを食べに>

きっぷ
 宿に着く時間等を検討した結果、
 各駅停車で佐津へ向かいました。
 急ぐ旅でもないし・・・
 乗車券だけで安上がり
 


DSC_3768_convert_20181213235103.jpg
よって、思い切り車窓からの景色を楽しむことが出来ました。

DSC_3765_convert_20181213235147.jpg 福知山駅は山陰のターミナル駅
 だから駅弁を買うつもりだったのが
 売ってない・・・
 で、ミスドのドーナッツと珈琲に。
 売り切れが多いピカチュウの
 ドーナッツ、売ってましたよ!
  
DSC_3787_convert_20181213235245.jpgDSC_3785_convert_20181213235223.jpg
城崎温泉駅で乗り換えて2駅目の佐津駅に。 勿論、無人駅です。

連絡しておけば車で迎えに来ていただけるのですが、徒歩8分程ですから、
2人でゆっくり歩いて・・・

ふじや
民宿【ふじや】さんに到着~ 

つづく・・・


スポンサーサイト

福知山城 <カニを食べに>

10日(月)、11日(火)は山陰の方へカニを食べに出かけました。
ネットでいろいろ検索して決めたのが、香住町佐津の民宿”ふじや”さん。
1ヶ月前にたまたま空室があったので即予約をしました。

現地まで車の予定が、8日(土)の急な寒波襲来で日本海側は雪もよう・・・
はるか昔にチェーンも捨てたし・・・ で、福知山に車を置いて
JR山陰本線で福知山駅から佐津駅まで行く事にしました。

9:30家を出発    11:30 福知山到着~
先ずは福知山を散策することに・・・じゃぁ、福知山城ですよね。

DSC_3739_convert_20181211215246.jpg
福知山城の直ぐ傍に、【福知山市 丹波生活衣館】がありました。
丹波生活衣館は、古くは江戸時代後期から昭和40年頃までの、
丹波の庶民が着ていた着物を中心とする衣類の資料館で、

DSC_3740_convert_20181211215307.jpg 織機(手織)を常設し、
 織物を体験したり、各種講座、
 教室などに利用できる研究室もあり、
 見て触れて体験できます。

 昔の着物・帯の展示を見ていたら
 機織りしませんか?と誘われました。

機織り
以前から一度はしてみたかった機織りに挑戦。(縦糸に対し、裂いた布を横糸に
用いる裂き織ですから、小さいコースターなら20分ほどで作れるとの事。)

『横糸(裂き布)を入れてトン、足を踏みかえてトン、横糸を入れてトン
足を踏みかえてトン・・・』 の繰り返しですが、口で言いながらした方が
間違えないそうです。ハハハ

コースター 出来上がったコースターです。
 仕上げ(フリンジの部分)は
 家に帰ってからしましたが、
 よく見ると横糸の端がぷくぷく
 余っていますね。
 横糸を差し込む時はきつい目に
 引っ張って入れてくださいと
 言われた意味が解りましたヮ。

 機織りって楽しい~。
 本格的にしてみたい気がしました。
 


DSC_3763_convert_20181211215335.jpg
丹波生活衣館の後ろに見えるのが【福知山城】です。

DSC_3759_convert_20181211215418.jpg 福知山城:

 天正7(1579)年、
 丹波を平定した明智光秀が
 築城した福知山城は、
 明治のはじめに取り壊され
 石垣と銅門番所だけが残っていました。

 昭和61年、市民の瓦1枚運動などの
 熱意によって三層四階の天守閣が
 復元されました。

 内部は郷土資料館として公開し、
 城に関する資料や福知山地方の
 歴史・文化財を紹介。

 また、望楼からの城下の眺めは抜群です。




DSC_3757_convert_20181211215557.jpg
門から見える天守閣。 

DSC_3749_convert_20181211215439.jpgDSC_3752_convert_20181211215500.jpg
昭和61年 に再建された 3層4階の天守閣。
天守閣は、 望楼型の独立式を基本として復元され、初期天守閣の特徴が
よく現れたものとなっているそうです。


DSC_3756_convert_20181211215529.jpg
城内には大きな井戸が残されています。
深さ50m (城郭内湛水井としては日本一の深井戸)の「豊磐(とよいわ)の井」は、
今も海抜30mの高さまで清らかな水をたたえているとか。

DSC_3753_convert_20181211233011.jpg
のぞき込むのも怖いぐらいの大きな井戸です。
深さ50mだからこれぐらいの大きさは必要だと思いますが、
井戸替え( 井戸水をすっかりくみ出して中を掃除をすること)をする時、
50mも下に下りて行くのは恐怖でしかないですよ。

DSC_3761_convert_20181211215621.jpg
城からは福知山市内がよく見渡せます。 そしてお堀跡も。

福知山城は名城でもなければ規模も小さいですが、
明智光秀が築いた城だから2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が
放送されると一躍有名なお城になりそうですね。


     マンホール
福知山市のマンホールの蓋。 図柄はお城と福知山音頭。
光秀が城を築く際、領民たちが石材や木材を城に運ぷ時に
「ドッコイセ」「ドッコイセ」と手振り、足振り面白く唄い出したのが、
福知山音頭の始まりであると伝えられているそうです。

その後、福知山駅近くの駐車場に車を置き、JR山陰線に乗りました。




健康の為に

買物はずっとバイクなので、運動不足解消に自転車を買いました。

   自転車
    アルルにあるイオンバイクで購入した自転車

お店のお兄さんに使用目的等を言ったら、2,3点推薦してくれました。
その中で残り1点物で4000円程安くなっていたのが写真の自転車。
『フィットネスが目的なら変速は要らないし、この安いので十分だと思います。
今後バイクに乗らなくなった時に電動自転車を購入されたらどうでしょう』と 
その店員さんの的確なアドバイスがありました。

久しぶりの自転車は、
・・・ なんとスピードの遅い事! ハハハ
・・・ サドルの小さい事!(お尻が大きい?)
・・・ サイドミラーが無いので怖い!

まぁ体の事を思い、天気の良い日は自転車でえっちらおっちら~ します。     



  

クリスマスの飾り <2018>

怒涛の南紀2日間の後、咳が止まらなくなってオトナシクしていましたが、
やっとここ最近元気が出てきて、リビングの棚の模様替えをしました。
   DSC_3736_convert_20181207230004.jpg
    やはり12月はクリスマスですよね。 昨年と同じ飾りですが・・・


ri-su.jpg 今年は・・・
 玄関下駄箱の上にリースを飾りました。
 ひろこさんに教えてもらった豪華な
 クリスマスリースです。

 玄関ドアに付ければもっとリースが
 生きて素敵なんでしょうが、汚れるし
 もったいないからネェ~。 ハハハ





 12月・・・今年ももう終わりか・・・
 昨日は年内最後の着付けクラブの稽古があって、
 先生や皆と 『良いお年をお迎えくださ~い。』 て挨拶しましたわ。
 年末はすることがたくさんあるので、なんかねぇ~、
 気持ちが落ち着きませんネ。




プルシャンブル―で花結び <クラフトバッグ④>


テープ クラフトバッグですが、
 今編んでいるのは花結びのバッグ。
 この前はテープ(12本幅)を半分に切った6幅で
 編みましたが、
 今回は4本幅で編んでいるので、
 少し小ぶりのバッグになります。

 テープの色は
 【和風コンポ】プルシャンブル―

     DSC_3644_convert_20181122235111.jpg
このバッグは和裁の先生へのプレゼント用。 先生は地味好みで
バッグも小さ目がお好き(長らくのお付き合いだから好みもほぼ承知)。


     DSC_3733_convert_20181205224726.jpg
 あと2、3段編んだらSTOPかな? 持ち手をどうするかが問題です。
 バンブーの持ち手を付けるより、テープで作った持ち手の方が軽いので
 高齢の先生には良いかもしれません。 
 オシャレで軽い持ち手・・・うぅ・・・ん。 もう少し検討してみます。



プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム