志賀直哉旧居

高畑町を散策しながら志賀直哉旧居へ行きました。
ここも若い頃に一度訪れたことがあります。

券
現在、昭和53年に奈良学園が「旧志賀直哉邸」を買収、保存に努めるとともに
広く一般の方々に公開し、奈良学園のセミナーハウスとしても用いられています。

DSC_2523_convert_20170920221619.jpg
京都の古い料亭のような感じの玄関です。

DSC_2530_convert_20170920221700.jpg 見学ルートは、
 先ずは階段を上がり
 2Fからとなります。




DSC_2525_convert_20170920221725.jpg
客間の飾り窓が素敵です。

DSC_2526_convert_20170920221746.jpg
2F客間の窓は大きくて見晴らしも風通しも抜群です。

DSC_2529_convert_20170920221808.jpg
窓から見下ろすと玄関横の北側の庭が見えます。贅沢な眺め。

DSC_2532_convert_20170920225648.jpg
1Fの書斎。ここで大作『暗夜行路』の後編の完結、『晩秋』『邦子』等を
書いたとか。

DSC_2534_convert_20170920225711.jpg
本式な茶室もありました。 
横の間には(水道の蛇口がある)水屋も備えられています。

DSC_2545_convert_20170920225831.jpg
大きな食堂。

DSC_2543_convert_20170920225810.jpg
志賀直哉を慕う文人、画家が集まったサンルーム。
武者小路実篤とか小林秀雄とか梅原龍三郎とか・・・

DSC_2548_convert_20170920225906.jpg
台所。 志賀邸は文化人達のサロンのようになっていたので
これぐらいの広さの台所は必要でしょうね。

DSC_2546_convert_20170920230006.jpg
備え付けの冷蔵庫です。 そんな昔に3ドア~。

DSC_2549_convert_20170920230045.jpg 勝手口なんですが、
 我々庶民の家の玄関程
 の広さがありますヮ。




DSC_2557_convert_20170920230200.jpgDSC_2556_convert_20170920230136.jpg
着替え室?ー洗面所 ー 浴室  とつながっています。

DSC_2551_convert_20170920230224.jpg
南側のおおきな中庭。 昭和の映画に出てきそうな雰囲気。

昭和3年に志賀直哉が自ら設計し、数寄屋造りで有名な京都の大工に
建築させたとか・・・一つに秀でる方はやはり幅広い才能をお持ちなんだと納得。
ちなみに敷地は435坪、建物は134坪。 
和室も多くて、今でいう13LDKか? 広すぎてわからへん・・・

市内循環バスで近鉄奈良駅へ、ブラブラ歩いてJR奈良駅に戻りました。
ちょっとよかった~ 奈良でした。



スポンサーサイト

高畑町

大型台風18号は日本列島を縦断して行きましたね。
一昨日中に二日分の献立を考えて買い物も済まし、
昨日は早々に雨戸の鍵もおとし待ち構えました。
そして・・・深夜に強い風が吹き、時折ミシミシと家が揺れました。
なんかねェ~ 台風が来るとなると落ち着かず待ってしまっています。

で、新薬師寺からの続き・・・
      DSC_2560_convert_20170918221411.jpg
今回行った高畑町界隈は、静かな奈良の町の中でも特に風光明媚な屋敷町で、
大きな邸宅や手の込んだちょっとお洒落な建物が多いです。
そして自然も多く、東は春日山の原生林、北には春日の社を透して飛火野の
緑の芝生が展開するという好立地。 
もし奈良市内に住むならココが良いなぁ~。 ありえないけどネ。ハハハ

DSC_2519_convert_20170918220725.jpg

DSC_2520_convert_20170918220754.jpg

古い屋敷跡の崩れかけた土塀があったり、古い柿木があったり・・・
独特の風情は何とも言えませんね。 きっと散歩コースに困らないヮ。

それから、電信柱にも鹿のデザインのものが貼られていました。
電信柱を地中に埋めたらもっと素敵な観光地になると思うけれど、
奈良は掘ると”文化財を発掘~”って事になるから難しいかな・・・



奈良市写真美術館

DSC_2493_convert_20170913190718.jpg 食欲の秋、芸術の秋、読書の秋・・・
 今日は”芸術の秋~”とシャレ込んで、
 奈良の美術館情報を調べてみると、
 奈良市写真美術館で 「三好和義|室生寺」 が
 開催されています。

 私の中ではお寺は室生寺が1位!なので
 奈良へ行ってきました。
  JR奈良駅構内にはいつものせんと君
 
      DSC_2495_convert_20170913190655.jpg
JR奈良駅東口②番乗り場から市内循環バスに乗り、[破石町]で下車。
そして東へ徒歩10分。

      DSC_2496_convert_20170913190744.jpg
       入江泰吉記念 [奈良市写真美術館]です。
奈良市高畑町にある西日本初の写真専門の美術館。
奈良大和路の風景や文化財を撮りつづけた写真家である入江泰吉の作品を中心に、
展示と保存・研究活動を行っています。

DSC_2500_convert_20170913191158.jpgDSC_2499_convert_20170913190904.jpg
なんかネ、美術館の建物全体が素敵なんですよ。 
こりゃー建物自体芸術だわと思ったので、調べたら設計は黒川紀章でした。

開催中の展覧会は「奈良を視る 入江泰吉|古き仏たち」で、
9/1(金)~12/24(日)の期間 三好和義、秋山亮二、百々武の3人の
写真家の写真展示も順次行われています。
~10/9(月・祝)が「三好和義|室生寺」の展示期間でラッキーでした。

     仏像

見終わって・・・ 
これまで見た写真展で一番良かったですね。
題材が好きな室生寺ということもありますが、
写真がインクジェット用和紙を使っている為か、仏像がやわらかい感じが
するんです。 仏たちが息づいて? 慈悲のやさしさが醸し出されているような・・・。
入江泰吉の仏たちの写真は緊張感溢れた鋭い写真で、それもイイんですが。

和紙に印刷? 畳大の大きさの写真もあるし、どんなプリンターを使っているのかなぁ?
和紙は埃が出るから難しいんじゃない? 和紙対応のインクがあるの?
とか気になりましたわ。

釈迦如来坐像の写真も 十一面観音菩薩立像の写真も やはり素敵だった。
そして、
これまであまり知らなかった十二神像(重文) (薬師如来の眷属として
十二の方角を守るこれらの像は、頭上に十二支を付ける。
誇張のある自由な姿態の表現は鎌倉中期の特色で、この時期の代表作である。)

も凄い仏像やんと思った写真展でした。

そうそう、
室生寺を撮ったカメラと三脚がガラスケースに入れて展示されていました。
カメラはニコンD4S-D810でした。

その後、新薬師寺、志賀直哉旧居へ   つづく・・・



お絵かきソフト

ちょっと涼しくなってきたので、家の片付けをしています。
先ず洗面台の引き出しの中を片付けて、次は階段下の物置倉庫を整理、、、
そしたら、あらぁ~、7年前にニイニイからプレゼントしてもらったお絵かきソフトの
真っ新なままの箱が・・・ 
落ち着いたらゆっくり使おうと思っていたのが・・・ズルズル 

で、私用のノート型PCにインストール。 ブログに絵も貼れるやん!ランラン
     DSC_2491_convert_20170912214151.jpg
さぁさぁ、何か絵を描いてみよう・・・

あれこれポチポチ触ってみたけれどイマイチわからへん。 
じっくり検討する根気もあらへん。

もうすぐしたらネエネエがお友達の結婚式に出席する為に帰省するので、
その時に教えてもらいます。




白くなったゴロちゃん

子犬の時は茶色(クリーム犬)だったのに、

     DSC_2324_convert_20170613233950.jpg
           だんだん白ぽくなってきたゴロちゃんです。

飼い主と一緒で白髪が増えてきたのでしょうか?

そして最近は[垂れ気味のゴロちゃん!]でもあります。
 ①食欲はいつも通りなんですが、お肉が垂れて肋骨が浮き出てきています。
 ②お口の締まりが悪くなって来たのか、涎が垂れる事が多くなってきました。
 ③時々を垂れます。 オイオイ
 ④尻尾もほとんど垂れています。 若い頃の尻尾ピュン”ピュン”が懐かしいヮ。


プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム