奈良県産業教育フェア

11月11日(土) アルルでは「奈良県産業教育フェア」がありました。

     DSC_2671_convert_20171115151014.jpg
県内の職業に関する専門学科(ex.農業・工業・家庭・情報・・・)設置する高校が
参加して、アルルの1~3Fの13箇所で、研究・体験発表、販売実習、作品展示
体験コーナー、中学生・保護者対象の進路相談等 いろんな催しが行われていました。

勿論、ちょっとのぞきました。
   バッチ
王子工業(機械工学)の体験ブースでは男子高校生がやり方を教えてくれましたが、
やさしく親切丁寧に言ってくれて・・・
『あぁ~日本の未来は大丈夫。』 『いやぁ~最近の男の子は基本やさしいねん。』
とか思いましたヮ。ハハハ

高田商業(商業)ではコンピューターを使った姓名判断をしてもらい、
奈良朱雀(機械工学)では缶バッチを作らせてもらいました。
   DSC_2663_convert_20171115151044.jpg
缶バッチって案外簡単に作れるんですね。ものの1,2分で出来上がりビックリ。

いや~、楽しかったです。
こういうイベントでいろんな事を体験するのは小中学生にとっては貴重ですよね。
又、このような商業施設で行われるのも親しみやすく、良いイベントだと思いました。



スポンサーサイト

かぼす

ご近所さんからかぼすをいただきました。

     DSC_2643_convert_20171108221538.jpg
       かぼすですが・・・

って言うのも、”かぼす”ってあまり使いません。 
よく似ている”すだち”はたまに秋刀魚に絞ってかけたりしますが。
かぼすは手作りポン酢に使うようですが、市販のポン酢で事足りてるし・・・

やっぱり”レモン”の代わり焼酎に入れる事にします。 (なかなか美味しい



三かん王

[余談]:
以前にNHKの”あさイチ”に加山雄三さんが出演。
その時に彼の大好きな言葉の話しをしていたのですが、
その言葉がとても素敵で感心し、私もこれは覚えて置かなくっちゃと。

・・・でも時間が経つと忘れてしまって 思い出そうとしても出てきません。
あんなに感心した言葉だったのに残念と思っていたら、
ある本にその言葉が載っていました!

加山雄三さん:  「関心」 「感動」 「感謝」 の 「三かん王」が
           僕の大好きな言葉で
           これらの言葉はスーパーのユニーの特別顧問をされている
           西川俊男さんから教えてもらいました。  

でした。 

あ~ わかってよかった。 スッキリしたぁ~



  

やはり今年も・・・

やはり今年も来ましたヮ。

     DSC_2589_convert_20170928193841.jpg
      ヤモリ君がリビングの出窓にピタッ。

じつはヤモリ君7月にも現れましたがよく動きまわり
ガラス越しにも餌を狙っているのがわかりました。 実にハンターでした。
今回出現のヤモリ君はおとなしかった・・・ 気温が下がってきたからかな?

毎夏この窓に現れてて、今年も来てくれたのでウン!納得。

志賀直哉旧居

高畑町を散策しながら志賀直哉旧居へ行きました。
ここも若い頃に一度訪れたことがあります。

券
現在、昭和53年に奈良学園が「旧志賀直哉邸」を買収、保存に努めるとともに
広く一般の方々に公開し、奈良学園のセミナーハウスとしても用いられています。

DSC_2523_convert_20170920221619.jpg
京都の古い料亭のような感じの玄関です。

DSC_2530_convert_20170920221700.jpg 見学ルートは、
 先ずは階段を上がり
 2Fからとなります。




DSC_2525_convert_20170920221725.jpg
客間の飾り窓が素敵です。

DSC_2526_convert_20170920221746.jpg
2F客間の窓は大きくて見晴らしも風通しも抜群です。

DSC_2529_convert_20170920221808.jpg
窓から見下ろすと玄関横の北側の庭が見えます。贅沢な眺め。

DSC_2532_convert_20170920225648.jpg
1Fの書斎。ここで大作『暗夜行路』の後編の完結、『晩秋』『邦子』等を
書いたとか。

DSC_2534_convert_20170920225711.jpg
本式な茶室もありました。 
横の間には(水道の蛇口がある)水屋も備えられています。

DSC_2545_convert_20170920225831.jpg
大きな食堂。

DSC_2543_convert_20170920225810.jpg
志賀直哉を慕う文人、画家が集まったサンルーム。
武者小路実篤とか小林秀雄とか梅原龍三郎とか・・・

DSC_2548_convert_20170920225906.jpg
台所。 志賀邸は文化人達のサロンのようになっていたので
これぐらいの広さの台所は必要でしょうね。

DSC_2546_convert_20170920230006.jpg
備え付けの冷蔵庫です。 そんな昔に3ドア~。

DSC_2549_convert_20170920230045.jpg 勝手口なんですが、
 我々庶民の家の玄関程
 の広さがありますヮ。




DSC_2557_convert_20170920230200.jpgDSC_2556_convert_20170920230136.jpg
着替え室?ー洗面所 ー 浴室  とつながっています。

DSC_2551_convert_20170920230224.jpg
南側のおおきな中庭。 昭和の映画に出てきそうな雰囲気。

昭和3年に志賀直哉が自ら設計し、数寄屋造りで有名な京都の大工に
建築させたとか・・・一つに秀でる方はやはり幅広い才能をお持ちなんだと納得。
ちなみに敷地は435坪、建物は134坪。 
和室も多くて、今でいう13LDKか? 広すぎてわからへん・・・

市内循環バスで近鉄奈良駅へ、ブラブラ歩いてJR奈良駅に戻りました。
ちょっとよかった~ 奈良でした。



プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム