トマトソース <2017>

トマトも順調に収穫できていて、今年もトマトソースを作り冷凍しました。

      トマトソース
今年のトマトソースは、これまでと違って玉葱のみじん切りを入れました。

オリーブオイル+ニンニク+赤唐辛子+玉葱を炒めてから、皮を剥いたトマトの
ざく切りを加えることで味に深みが出たように思います。
玉葱の量はそれ程多くなく トマトの風味を消さないよう、香味野菜として加えました。


     DSC_2404_convert_20170719222159.jpg
           茄子とベーコンのトマトソーススパゲティー

お味はいかが?
 ニイニイ: 『今回のスパゲティーは美味しい~』  (作る度に味が違うんですよ

 私: 玉ねぎを加えたことによってトマトソースの味が落ち着き?ました。
    美味しくなりました。

ファーマーにはこのトマトソース+ケチャップでナポリタンを作りました。
ファーマー: 『美味しいわ。』

トマトソースも作りも今日で3回目。 ふぅ・・・  もう終了!



スポンサーサイト

梅ジュース <2017>

ライフできれいな南高梅が見切り品として売られていました。

      DSC_2342_convert_20170626224414.jpg
        半額以下ですから驚き、それにしても甘いイイ香りです。

塩分を控えているので、ここ数年梅干しは作っていません。
昔から”梅にカビを生やすと家に悪い事が起きる”との言い伝えもあります。
(家事仕事も丁寧にしましょうとの注意喚起かな?)
塩分%を低くした梅干しはカビが生えやすいし・・・まぁ、止めておきましょう。

DSC_2344_convert_20170626224430.jpg
 この南高梅で梅ジュースを作りました。

 ①梅を水洗いし、水気を取り除いた後、
   冷凍庫で24時間以上冷凍します。

 ②砂糖と梅をビンに交互に入れて密閉します。

 これが昨日から一日経た梅ジュースです。

 ③梅の解凍が始まると時々ビンを動かして
   砂糖を溶かします。約10日で出来上がり。

 ④保存時はジュースを鍋に入れて、加熱殺菌後、
   冷蔵庫保存です。

 ラジオで聞いたのですが、
 梅雨時に梅を食すると良いらしいです。
 ビンを振らなくっちゃ~ 




らっきょうの甘酢漬け <2017>

収穫したらっきょうを漬けることになりました~。

DSC_2336_convert_20170617235338.jpg

左: 昨日漬けたらっきょうの甘酢漬けです。
   ①らっきょうの両端を切り落とし、薄皮1枚を剥き、やさしく洗い土を落とす。
   ②ザルに入れ水を切り、乾いたボウルに入れてたっぷり塩をふり一晩置く。
   ③鍋に水を入れ沸騰させ強火にしてらっきょうを入れ、
     ひと混ぜしたら直ぐザルへあげ、あおいで冷ます。
   ④きれいな瓶に入れ、赤唐辛子と氷砂糖を上にのせ、
     らっきょうがヒタヒタになるまで酢を注ぎ入れる。

右: 今日漬けたらっきょう
   ③までは一緒。
   ④きれいな瓶に入れ、赤唐辛子をのせ、おたふくのらっきょう酢を注ぎ入れる。

どちらが美味しいか?味の比較をしてみますね。・・・おたふくだと思いますが
でもね、畑で作ったらっきょうが美味しいかどうか・・・それが心配・・・



野菜ピクルス <2017>

カブが収穫できるようになりました。 で、いつも通り・・・

    DSC_2297_convert_20170604220624.jpg
            野菜のピクルスを作りました。

一瓶は野菜を銀杏切りのように小さ目に、
もう一瓶は細長く切って瓶から取り出し易くしてみました。
漬けて2日目からもうポリポリ食べています。

ファーマー: 『やっぱりこれは美味しいなぁ~』
と、自分で作ったカブに満足のご様子です。


”ジャムおばさん”への道

バス旅行から帰って来たら・・・・・

DSC_2250_convert_20170517223850.jpg
台所に採れた苺がどっさり置いてありました。
直ぐにきれいに洗ってヘタを取り、苺の計量。 あっ、グラニュー糖が少ししかありません。

★2回目のジャム作りは、砂糖35%(主にきび砂糖+上白糖+グラニュー糖少々)
  ジャムの瓶 大2本、小4本出来ました。
  お味は?
     きび砂糖はコクが出るので、35%にしても甘過ぎました。
     今年の苺は甘いので、もう少し砂糖を控えた方が良いですね。
     かなり水分を飛ばしたので、粘度が出ました。

 美味しいジャムの作り方が分かって来たような気が・・・


★そして今日は3回目のジャム作り
DSC_2263_convert_20170517223955.jpg
やはりジャム作りの砂糖は、スッキリした甘さのグラニュー糖ですね。
砂糖は苺の30%にしました。(今年の苺なら20%でも良いかも)
砂糖が少ないので 粘度を出す為水分を飛ばしますが、口の広いお鍋を使用すると
煮る時間が短くなりジャムの色が赤黒くなるのを防げます。

DSC_2264_convert_20170517224019.jpg
ジャムの瓶 小5本とオマケ1本出来上がりました。

今回のジャムは味、粘度、色ともなかなか良いみたいです。
でも、砂糖は20%にした方がもっと良かったかも
その年の苺の出来(甘さ)に左右されますね。

”ジャムおばさん”への道は険しいです。


プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム