悪魔の飲み物?

”悪魔の飲み物”と言われるぐらい美味しい飲み物があるとの事で、
ネット検索してみたら作り方が載っていました。

それも材料が冷凍いちご。 
春に収穫したいちごを 砂糖少々をまぶして冷凍保存してあるので、
その”悪魔の飲み物”とやらを作ってみました。

DSC_3251_convert_20180612233432.jpg
ビンに冷凍いちごを10粒ほど入れて、ウイスキーを200m注ぎ
砂糖を大さじ2加えて、5日間ほど冷蔵庫に入れて置き
ウイスキーにいちごの赤い色が付いたら飲み頃。 簡単。

DSC_3252_convert_20180612233450.jpg
そのまま原液でも、炭酸で割ってもビックリするぐらい美味しいらしい・・・ホント?
( 『シャンパンにいちごが合うのよ~ 』 と ピーコさん が言っていたので、
 それと一緒みたいなものかな? )

5日後が楽しみです。 わくわく



スポンサーサイト

山椒

2回山蕗の佃煮を作りましたが、もうこの辺りスーパーや道の駅では
山蕗は売られていません・・・残念。 

今、目につくのは山椒です。
DSC_3205_convert_20180525235732.jpg
で、地元産の山椒を2パック買って、小枝をとってサッと湯がいて
水にさらしてアクを抜いて、冷凍保存しておきました。


DSC_3208_convert_20180525235749.jpg
その山椒を使って、”ちりめん山椒””を作ってみました。

ちょっと色が悪いし、山椒は下に隠れているし・・・ 
ちりめんおじゃこを乾煎りし過ぎてちょっと硬いし・・・
再度チャレンジしますゎ。


焼豚 <2018>

昨日スーパー万代で国産豚バラ肉塊がお安く売られていました。
久しぶりに焼豚を作ってみました。

①ポリ袋に 豚肉、漬けだれ(塩・酒・砂糖・甜麵醬・醤油・ネギ・生姜の皮)を入れ
  袋の上からもみ込み、空気を抜いて冷蔵庫に一晩おく。
②天板に焼き網をのせ、①の豚肉を最初は250℃のオーブンで焼く。
 上下を返し表面に漬けだれを刷毛で縫り200℃に温度を下げて
 表面の色が良くなり 中に火が通るまで焼く。

     DSC_3130_convert_20180504222329.jpg
       焼豚が出来上がりました。

豚バラ肉は脂が多い(なるべく脂の少ないのを選んでますが)ので、
作るなら豚肩ロースの方が良いですね。
焼豚は炙る(ちょっと焼く)とより美味しくなります。



いちごジャム <2018>

順調に苺の収穫が出来ています。 
毎日たっぷり食べても沢山残ってきますので、冷凍保存&ジャム作りです。

冷凍保存:苺を洗ってヘタを取り、キッチンペーパーで水分を拭き取る。
       苺300gに対して大さじ1の砂糖を振りかけ ジップに入れて
       冷凍庫で保存。 
       (真夏の暑い日に牛乳を注いで苺ミルク~♪ が楽しみです)

ジャム作り:
     DSC_3133_convert_20180504222307.jpg
      ジャムの瓶詰め7個出来上がりました。

去年はきび砂糖を使ってみたのですが、ちょっとしつこい甘さのジャムでした。
で、今年はグラニュー糖を使い、苺に対して40%の砂糖量にしました。

お味はいかが?
      やはりグラニュー糖を使うとスッキリとした甘さになりますね。
      室温保存は無理で冷蔵庫保存になりますが、      
      砂糖の量は35%~40%ぐらいが一番美味しいかも・・・うん。



  
      

山蕗 の佃煮 <2018>

この時期になると・・・野菜売り場で探してしまいます。

      DSC_3127_convert_20180429230949.jpg
近くのスーパーで 鹿児島産の山蕗が売られていました。 今回は6束購入。

      DSC_3133_convert_20180429231016.jpg
       山蕗の佃煮を作りました。

いつも通りに 昆布と実山椒を入れて炊きました。

お味はいかが?
        辛くも無く 薄味でもなく丁度良い味加減です。
        美味しい。           
        やっぱり春はこれを食べないと物足りません。




プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム