やっぱり楽~


バイクのバッテリーがあがってしまったのでキックでかけていたのですが・・・

      DSC_1295_convert_20160306211404.jpg
ニイニイがネットで手配してくれ、ファーマーが付け替えてくれました。
YUASAのバッテリーですが、私はこちら方面は全く興味が無いので、
チンプンカンプン! おまかせ~ 

      DSC_1296_convert_20160306211430.jpg
乗ってみたら、ボタン一つ押すだけですから、やっぱり楽~。
これでキックから解放されました。



スポンサーサイト

ツーリングのお土産

今日は夫とニイニイが125CCバイクでツーリングに出かけました。
行先は和歌山県九度山町にある真田庵です。
(真田庵:戦乱の世を生きた名将・真田幸村がかって隠棲し、再起を誓った場所)
来年はNHK大河ドラマは「真田丸」ですから、真田幸村ゆかりの地は話題になる
と思います。
私は、二人のスピードにまだついて行けないので・・・お留守番 ハハハ

ニイニイの買ったお土産です。
      DSCF0632_convert_20150228223206.jpg
道の駅 『 柿の郷 くどやま 』で売っていた真田グッズ。
六文銭のタオルと飴。そして幸村茶。

この幸村茶がなかなかイケます。麦茶なんですが、柿の葉がブレンドされていて
柿の葉の柔らかな苦味が麦茶の後味を消してくれるのでスッキリします。
今の所、和歌山でしか売っていないようです。

夫のお土産です。
      DSCF0636_convert_20150228223329.jpg
五條の『柿の葉すし本舗たなか』本店の柿の葉ずし21個入り。
大覚総本舗のごま豆腐。

お夕飯に食べました。
ニイニイ: 『今日の柿の葉ずしはご飯が柔らかくて美味しい。
        やっぱり本店で買ったから作り立て?』
   私: そうなんです。これまでで一番美味しい!
      鯖の柿の葉ずしが11個、鮭の柿の葉ずしが10個なんですが、
      鯖の方が好き。でも鯖だけだと後味がサバサバ(鯖々)するので
      ちょっとアッサリ目の鮭も必要。
三人: 『 [鯖2 対 鮭1]の割合で買うのが良いかも。』

ごま豆腐も重過ぎず上品な味で・・・今日のお土産はでした。




旧旅籠「あぶらや」

昨日は、ニイニイとツーリング。 東へ東へ走りました。

南阪奈の高架道路→藤原宮跡の横→安倍文殊院の傍→忍阪東→
松山街道→榛原→大宇陀→松山地区の町並みを見に行く計画です。

松山街道を走っている辺りからだんだん寒く感じて
途中積んでいる合羽のズボンを重ね履きしました。 

      DSCF0604_convert_20150215205926.jpg
先ず、榛原の 旧旅籠「あぶらや」を見学。

      DSCF0605_convert_20150215210109.jpg
実は、ここのおばちゃんと母が友達だったので、小さい頃からこの家で遊んで
いたから、5年程前に宇陀市指定文化財の第1号になって宇陀市歴史文化館と
して修理保存され、このように見学出来るようになって感無量です。

      DSCF0607_convert_20150215210349.jpg
家の中から目板格子を通し外はこのように見えています。
この雰囲気大好き。

      DSCF0606_convert_20150215210230.jpg
2階の客室にはお膳がぎっしり並べられていました。
(おばちゃんが納戸には昔の食器類がいっぱいあるね と言ってました。)

      DSCF0608_convert_20150215211114.jpg
土間から続く台所の中に井戸があります。
(おばちゃんは釣瓶で井戸の水を汲んで使っていました。
 おくどはんもありましたが、今はないようです。)

伊勢詣でが盛んだった頃の面影を伝える旅籠がこのように残っていて
今となってはたいへん貴重な文化財です。
おばちゃんが守らはった「あぶらや」だ と思いました。

      DSCF0603_convert_20150215233512.jpg
椋下神社にも お参り。

しかししかし寒過ぎる! 寒いを通り越して冷たい!!!
『松山地区の町並みを見に行くのは次回にしよう。』て事で、
冷たい風をきって帰りました。  

あぁ~寒かったぁ~ 約60キロ走りました。 うん。



幻の五新鉄道跡

新町通り(旧紀州街道)を西に歩いていたら、神田橋辺りに
コンクリートの橋脚があって、何やら説明書きが・・・

      DSCF0555_convert_20150206191111.jpg
[幻の五新鉄道] とあります。

見上げると おぉーーーー!
      DSCF0557_convert_20150206191518.jpg
明治時代に計画され昭和12年から着工された五條市から和歌山の新宮市までを
結ぶ「五新鉄道」。 太平洋戦争が始まるなどの理由で中断されました。

河瀬直美監督(奈良出身)の映画「萌の朱雀」は、五新鉄道と西吉野村の
雄大な自然等を物語の素材にしています。

      DSCF0556_convert_20150206191325.jpg
もし、奈良の五條と和歌山の新宮が鉄道で繋がっていたら、
紀伊半島の様子も少しは違っていたかも・・・

などと思いながら、ブゥ~~ンブンブン と来た道を帰りました。

赤バイ気にいりましたぁ 
次回は東に走って、大宇陀の松山地区の町並みを見に行くつもり・・・



五條新町

夜中は 咳が止まらないのですが、お昼は元気です。

昨日は新車125cc赤バイクに乗って一人ツーリングです。 
目指すは南!  24号線を下がって五條市に行ってみました。

あーーーーー、やっぱり原付と違うわ~~~ぁぁぁ。
ガタガタと振動しないし、バイクが地面に吸い付くように走るやんんんん
えーーーーー感じやわ~~~ぁぁぁ。
途中、パトカー2台と出合いました。 原付のスピード違反か?とジッと見てました、よ。
楽しいな~


五條新町の町並みを見たかったのです
      DSCF0558_convert_20150205194056.jpg
JR五條駅前にある観光案内所でMAPをもらって、新町通り(旧紀州街道)に。

      DSCF0554_convert_20150205194656.jpg
新町橋辺り。 正面の建物は”まちなみ伝承館”です。

      DSCF0552_convert_20150205194521.jpg
”まちなみ伝承館”は水曜日は休館日ですが、『どうぞご覧ください』って

      DSCF0547_convert_20150205194231.jpg
五條新町は今から400年前、関ヶ原の戦いの後、江戸幕府が成立して直ぐの頃に
松倉重政が城下町として・・・・・・・・うんうん・・・・・・・慶長20年頃には幕府の天領に。
紀州街道に沿う宿場町として、諸役免許で引き続き商売が営まれ、交通の要衝と
して栄えた新町は南和地域の政治経済の中心として発展してきました・・・・うんうん。

      DSCF0550_convert_20150205194409.jpg
五條市出身の児童文学作家 [川村たかし]さんの絵本の展示もされていました。

      DSCF0560_convert_20150205194828.jpg
格子の家々が連なります。

      DSCF0561_convert_20150205195011.jpg
ここは酒屋さんです。 五條らしく”柿ワイン”が売られています。

      DSCF0562_convert_20150205195205.jpg
鉄屋橋付近にある一ツ橋餅商。 大正時代から続くお餅屋さん。
昔ながらの手作りの味を守っておられるようです。

      DSCF0564_convert_20150205195542.jpg
日本最古の民家 栗山邸(重要用文化財)は非公開ですが、
玄関横に小さく「QRコード」が。五條市観光協会が運営を行う、
奈良県五條市の観光・イベント情報を共有するサイトのようです。

      DSCF0567_convert_20150205195715.jpg
中邸 1704年の建築。元禄の大火以降に建てられ、とくに防火策が厳重に
施された建築が特徴らしいです。 ここも非公開。

まだまだ楽しめそうな五條新町です。 


プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム