一言主さんのイチョウはまだ・・・

台風22号も去って、今日は快晴でした。
一言主神社のイチョウは まっ黄色になっているかなと・・・

     DSC_2627_convert_20171031222541.jpg
          一言主神社の境内から見た景色
左の木々が並んでいるのが参道です。 


DSC_2625_convert_20171031222608.jpg ちょっと有名な
 一言主さんのイチョウですが
 少し早かったみたいで
 まだ緑色でした。


DSC_2630_convert_20171031222635.jpg
境内にある樹齢650年の無患子(ムクロジ)の大木は黄葉していました。


     DSC_2632_convert_20171031222701.jpg
境内を出た所に柿・カボス・ジャンボ柚子の無人販売があり、
柿(¥100)を買って帰りました。

夕飯後に食べたのですが、
柿が不得意なファーマーが『美味しいヮ。』と言ったぐらいのとても美味しい柿でした。



スポンサーサイト

大神神社へ初詣

今日は大神(おおみわ)神社へニイニイと初詣に行きました。
DSC_1965_convert_20170102205354.jpg 


 JRまほろば線の三輪駅で下車。

 ここは単線で普段電車の本数が
 少ないのですが、
 大晦日から三が日は臨時電車が
 増発されていて
 最寄駅から案外スムーズに到着
 することが出来ました。

 電車内も駅も大神神社に向かう多くの
 参拝客でいっぱいでした。


 
 
 


DSC_1963_convert_20170102205456.jpg
 三輪駅から「二の鳥居」までの参道は露店が並んでいますが、
 この鳥居から拝殿へは露店も無く参道の両側は木々に囲まれて厳かな感じです。
 大神神社は最近若い人にもパワースポット云々で人気があります。
 並んで少しずつ前進でやっと無事拝礼出来ました。

DSC_1964_convert_20170102205521.jpg 
 拝殿手前右にある「巳の神杉」にも
 お参りしました。
 巳の神杉:大物主大神の化身とされる白蛇が
 棲むことから名付けられたご神木。
 樹齢500年とも言われる。
 蛇の好物の卵が参拝者によってお供えされている。
 

 蛇は苦手なんですが、私の干支の神様ですからね。
 子供の頃は毎年正月3日に
 大神神社に初詣をしていました。
 この杉の木から白蛇が出て来るのではと
 子供心に不安だったのですが・・・
 冬眠しているからそんな心配は不要だったハハハ






DSC_1968_convert_20170102205721.jpg 
 帰りは、 
 露店を楽しみながら「大鳥居」まで。

 そこにポケモンgoのジムがあったので、
 『ここはやはりアーボックでしょう』
 と、置いて来ました。



アーボック

お土産は
DSC_1972_convert_20170102205839.jpg
左: 今西酒造の酒粕(柔らかくお酒の匂いがプンプン。美味しい粕汁が作れそう。)

中: こぼれ梅 (小説『みをつくし料理帖』シリーズにこのこぼれ梅が書かれていました。
         本みりんを造る過程で出るモロミをしぼった後の粕で、
         そのまま食べてもいいし 漬物の原料にしてもいい。
         是非一度賞味したくて買ってみました。
         
         お味は如何?: 酒粕が男性なら みりん粕は女性かな。
                   何か癖になりそうな美味しさです。 )

右:みむろ最中(大鳥居横にある白玉屋榮壽で買いました。やっぱり美味。)

DSC_1970_convert_20170102205751.jpgDSC_1971_convert_20170102205814.jpg
白玉屋榮壽店内の「しだれ花餅飾り」がとてもきれいで素敵でした。
紅白の餅を柳の枝にくっ付けてあるのですが、相当量の餅を使っていると感心。

去年の大晦日夜から元旦にかけての長谷寺の初詣も幻想的で良かったですが、
今年の大神神社の初詣もうん!良かった。


長尾神社

ブログの画面表示なおりました~。
      『ヨカッタヨカッタよか気分』   


昨日は葛城市にある【長尾神社】に行ってみました。

DSC_1726_convert_20160915200654.jpg
【長尾神社】の創建は不明ですが、9世紀にはこの地にあった記録が残されています。
この地は竹内街道、長尾街道、横大路が交差する交通の要衝で、
交通安全、旅行安全の神として古くから人々の篤い信仰を得た神社です。

DSC_1727_convert_20160915200920.jpg
伝説:
昔、大和に大きな蛇が住み、三輪山を七回り半に取り巻き、その尾は長尾一帯まで
届いていた。 ナガモノ(蛇)を祀りその最後尾であることからナガモノの尾、
すなわち長尾(ナガオ)と名が与えられたという説がある。
このことから三輪明神(桜井市)が頭で、長尾神社はその尾にあたると言われており、
一緒詣りをするとご利益があるとされる。

わぁ、知らなかった! 
三輪さんにお参りに行った時は必ず長尾神社にも参拝しなくては・・・。


ちょっと変わったものを見つけました。
DSC_1729_convert_20160915200749.jpg
二の鳥居の両脇には「なで蛙」が配されて、参拝者を見守っており、 
安産祈願の神としても名高いそうです。
(カエルの背に子カエルが乗っていますね。)

DSC_1728_convert_20160915200815.jpg
「なでカエル」のご利益が書かれていました。
福がカエル ・ 無事カエル ・ 若カエル ・ 宝カエル ・ 親子カエル

5つも贅沢なので、福がカエルで・・・・・



橿原神宮を散策

今日は買い物ついでに・・・橿原神宮を散策。

橿原神宮は畝傍山の南東の麓にあり、約50万平方メートルもの広大な広さ。
森に囲まれていると言っても良いぐらい木々が多く、神社という性格上(?)
手入れが行き届きスッキリと美しく厳かな雰囲気で、暫し暑さも忘れる感じ・・・。

これまで初詣に2回ほど訪れたことがありますが、お正月は参拝客が非常に多く
橿原神宮駅⇒参道⇒本殿の往復だけでした。

で、今日はゆっくり境内を散策してみました。
   DSC_1639_convert_20160810224755.jpg
    ちょっと素敵だったのが敷地内にある深田池です。

      DSC_1636_convert_20160810224826.jpg
この暑さの中、亀が日光浴をしていました。

      DSC_1640_convert_20160810224848.jpg
池に架けられている橋を渡り奥に行くと、大きな白い花? えぇ、何?

      DSC_1642_convert_20160810225004.jpg
なんと!白鷲が羽根を休めていました。

      DSC_1644_convert_20160810224915.jpg
お昼寝ですかぁ・・・・・?

亀と白鷲もこの暑さにマイッテいるのかと思うと、一緒やねとちょっと可笑しかった。



高鴨神社にお参り

レモネさんの手術の無事を願って・・・

DSC_0865_convert_20151028194235.jpg お昼前、【高鴨神社】にお参りに
 行ってきました。
 【高鴨神社】は以前記事にしましたが、
 全国の「カモ」と付く神社(上賀茂神社や
 下鴨神社など)の総本社 に当たる
 由緒正しきお社ですから・・・
 願い事が叶うと思います・・・

  
        DSC_0869_convert_20151028194357.jpg
他の神社と違って、何かピーンと張り詰めた感があるんです・・・
ネットで見ると”関西のパワースポット紹介”にも載っていました。
訪れた時、女性二人(親子と思われる)が本殿前で石の地べたに正座して
ずーっと祈っておられました・・・ 。 (失礼ながら勝手に思い巡らせて・・・胸がキューンでした。)


<余談>
故・周三郎先生は、人間にとって信仰心(それは大きな意味での・・・例えば
朝昇ってくる太陽に感謝するとか)は必要とおっしゃっていました。

年上の友達 さくらちゃんからは、
『まぁ、お寺は感謝する所、神社は願う所と思ったらいいらしい。』とも聞きました。

私は神や仏への祈りは”心の手すり”だと思っています。
弱っている時や傷んだ時は、祈ることによって”心の手すり”を持ち歩いて行ける。
元気になったら手すりを放しスタコラサッサと歩き、でもお世話になった手すりに感謝。
そんな風に信仰を自分勝手に捉えています。
(それから、生き○○様は手すりが動く場合もあるので持つと危ないから除外  )




プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム