苺祭りが始まりました!

苺が沢山採れ始めました。

   DSC_2188_convert_20170510233612.jpg
     ファーマーは毎日これぐらいの苺を畑から持って帰ってきます。

約2 kg以上。 スーパーで売っている苺パックの15個はあるかも。
ホント苺祭りです。
今年の苺は上出来。
お隣の娘さんもこの苺を食べて、『スーパーの苺より甘い~』と言っていたそうです。


う・・・ん、でもそんなには食べれませんから加工しなくっちゃ。
そうそう、”いちご大福”を作ってみたかった~
      粉
丹波篠山のいとこから送られてきた小豆がありました。(賞味期限近し
そして生協で白玉粉を買って来ました。 
上手く作れるでしょうか?



スポンサーサイト

春野菜の収穫

春野菜がとれだしました。

DSC_2178_convert_20170504203630.jpg
       苺とえんどう豆を収穫。 

初採りでそれ程量はないですから、えんどう豆は卵とじにしました。
順次収穫量が増えて行きます。 次は豆御飯かな

DSC_2180_convert_20170504203647.jpg
      空豆とスナップエンドウも収穫。

空豆は塩茹で、茹でたスナップエンドウはマヨネーズ少々をつけて食べました。
どんな野菜も初期の収穫ものは柔らかく味にくせが出てなくてとても美味しい。
特に豆類は皮が柔らかいですね。
野菜に限らず、鶏肉でも、・・・人もそう? ハハハ

ファーマー: 『今年の空豆は小さくて収穫量も少ないかも・・・』
: だ ・ か ・ ら 、ネエネエに『空豆送るわな』 と先に言わないの!
   (娘に好かれようと点数稼いでいるのはわかるけどネ・・・



防虫ネット

ミシンで縫っているのは・・・

   DSC_2194_convert_20170413215423.jpg
以前ネエネエが ”バレエのチュチュ” を作っていたのと同じ雰囲気なんですが,
ファーマーからの頼まれ事です。

       DSC_2204_convert_20170413215907.jpg
畑で使う防虫ネット(1m×1.4m)4枚つないだものを2枚作って欲しいとの事。
農薬を使わずに葉物野菜を育てるには防虫ネットのトンネルがけが必要なんです。
安全な美味しい野菜を食べる為ならガッテンだ! ハハハ

ネットの材質はポリエチレンですから、ミシン糸も化繊のポリエステル糸を使います。
布と糸のなじみが良いし、雨風に晒されるのですから木綿糸を使うより丈夫です。

それが100円ショップのMADE IN CHINAですから、つなぐ側の1・4mの長さが
1・5mもあったりしてバラバラなんです。  1.4mだから仕方ないか・・・

まぁ何とか2枚出来上がりました。



じゃがいもの芽出し

寒い日が続いていますが、春植えのジャガイモの芽出しをしています。

      DSC_2113_convert_20170222215155.jpg
       これは”北あかり”です。 
黄色でホクホクのジャガイモですから、コロッケやポテトサラダ用。

      DSC_2112_convert_20170222215138.jpg
       ”メイクイーン”です。
ちょっと硬めで煮崩れし難いので、カレーや肉じゃがに使います。

ジャガイモの芽出しを始めると、春がもうそこまで来ている気がします。
♪もうすぐ春~ですね~ぇ~ 恋をしてみませんかぁ~♪  ハハハ



落花生

茹でて食べたら美味しいからと、春に畑友から巨大落花生「おおまさリ」の種を
3個いただき植えていました。
で、一昨日その落花生を収穫しました。

      DSC_1867_convert_20161107223341.jpg
       3%の塩水で茹で、殻と薄皮を剥きました。

お味はいかが?
  ファーマー: 『これは美味しいわ。なんぼでも食べてしまう。』
  私: 塩茹でした落花生を食べたのは初めてですが、
     なかなか美味しいです。
     枝豆みたいな感じ・・・・と思っていたら、落花生はマメ科でした。
     南京豆とも言いますもんね。 ハハハ
     (ナッツは木の実だけど、ピーナッツ(落花生)もナッツ缶に入っているのよね~)


      DSC_1868_convert_20161107223359.jpg
       残りの落花生は炒って食べる為、干しています。
 
振ってカラカラと鳴ったら(1週間ぐらい)、天日干し終了。
殻をむいてフライパンで弱火で炒る or 殻のままオーブン(160℃)で焼く
方法があるらしいです。 両方法とも試してみますネ。


落花生 おおまさり:
平成19年に品種登録の出願公表がされ、平成22年3月に登録されたまだ極新しい品種。
ナカテユタカと極大粒品種ジェンキンスジャンボを交配育成した晩生品種で、
その血を受け継ぎ一般的な落花生の2倍ほどの大きさになります。
脂肪分が少なく、煎るより茹でたほうが甘みが楽しめ、実も柔らかく美味しい

あらら・・・らら 


プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム