空豆を満喫

この前まで 空豆がたくさん収穫出来ていました。

   DSC_3202_convert_20180522235857.jpg
              空豆の塩茹

私は枝豆より空豆の方が好きです。
空豆は鮮度落ちが早い(旬は3日などと言われる)ので、収穫したその日に
直ぐ塩茹でして食べるようにしています。 だからとっても美味。

今年はずっと良い天気が続いていたので、
苺も豆類も甘くて美味しいような気がします。 
和裁の先生にその話をしたら、『そうやろ。 今年の大きいみかん類
(先生は八朔が特にお好き)は凄く甘かったよ~。』 と言っておられました。
やっぱりネ。



スポンサーサイト

ブロッコリー

畑は苺の収穫が終わり、今は豆類(スナップエンドウ・空豆・エンドウ豆)が
たくさん収穫できていますが、
今日はファーマーが新たにブロッコリーを持って帰ってきました。

      DSC_3211_convert_20180513205323.jpg
       大きなブロッコリー (たばこの箱を比較用に置きました)

ちょっとお店ではお目にかかれないほど大きく成長しています。
不織布をかけていたので、虫も付かずの完全無農薬です。

今日のお夕飯には「ブロッコリーのおかか和え」を作って食べたら、
取り立てだからか柔らかく美味しくて。 
それに虫が付いてないのでビクッ!としなくて済むのもうれしい限りです。



いちご祭りの始まり

一昨日は個。

DSC_3124_convert_20180424230028.jpg
昨日は少し多くなって これだけ収穫しました。

今日は昨日の3倍・・・・・徐々に収穫量が増えています。
ファーマー: 『春先の良い天気続きで ちょっと水不足にしてしまったのが痛かった!』
と言っていますが、それなりの収穫は出来そうみたい。

肝心の味ですが、昨年(の春)は雨が多くてちょっと甘さ不足だったのですが
今年はなかなかイイです  良い天気続きはいちごを甘くしますね。
やはり農業は天候に大きく左右されるのを実感。

さぁさぁ、いちごを沢山食べて ビタミンC取って シミ予防だ! ハハハ



苺の準備OK

毎年2月の中旬には、苺の苗にマルチ掛けをします。
黒いビニールを広げながら苗の位置に穴を開ける作業は一人では難しいので
この時ばかりは私も畑仕事を手伝うことになっています。
2人ですると早いんですよ。 
DSC_2917_convert_20180224230238.jpg
DSC_2918_convert_20180224230307.jpg

1号農園のマルチ掛けが終わった苺の苗です。
8メートルの畝が2本+6メートルの畝1本。

ちなみに2号農園のマルチ掛けも済みました。
3メートルの畝4本。  『そんなに苺食べられへんわ~』な雰囲気。

畑
畑全体の様子   手前はエンドウ豆と空豆です。

DSC_2919_convert_20180224230504.jpg この畝は玉葱です。
 たくさん収穫出来そう。

 奥の苗は何だったかな?
 忘れちゃった!

 なにせ
 年1回のお手伝いですから・・・

 ファーマーに聞かないと
 ハハハ










おおまさりを収穫

今年も落花生「おおまさり」を収穫しました。

      DSC_2608_convert_20171020222252.jpg
        早速、生で食べると美味しい「おおまさり」を塩茹でしました。

落し蓋をして、茹で時間は30分~40分。
大きさに大小あるので茹で時間が難しい。 最初に大小を別ければよかったのにネ。

通常の干して炒った落花生と違って、
生落花生は柔らかいのでなんか幼くてそして上品な味ですね。 
生で食べるには掘って2,3日中には茹でないと駄目で、
食べれない分は冷凍して食べる時にレンジでチンすればOKらしい。



プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム