針山を使いやすく <その2>


もう一つのミニ盆栽鉢は、
      DSC_2040_convert_20170212223454.jpg
残り布(縮緬)の花模様の部分を丸く切り、周りを細かく縫って、
中に化繊綿を詰めて絞り、花芯にビーズをつけて少しへこましました。
作った針山を盆栽鉢に入れ込んで出来上がり~。
大福もちみたいで美味しそうやん


スポンサーサイト

針山を使いやすく

着物を縫う場合は、種類が違う糸・色が違う糸などを交互に使うので、
糸を通した針を数本針山に突き刺しています。
今使っている針山(左側)は 高さがないので使いづらいのです。

何とかならないか?  
   DSC_2032_convert_20170206185409.jpg
いつものリサイクル店に行ってそれに使えそうな物を探すと、
ミニ盆栽用の鉢(中・右)が売られていました。
そして100円ショップで既製の小ぶりの針山を買って、鉢に入れ込みました(右側)。

なかなかイイ感じです。 これで、和裁がはかどりそう 

丸い鉢(中)は発泡スチロールで上げ底し、可愛い縮緬布で針山を作って
乗せてみようと計画中 。 
素敵な針山が作れたら和裁教室のお友達にプレゼントしようかな。



アップリケで補修

今日は、着物の縫い糸を買いにアルルの手芸店へ行きました。
3色欲しかったのですが、今回は合う色糸があったのでよかった!

来たついでに、アップリケを探しました。
      DSC_1610_convert_20160727205908.jpg
ちょっと可愛い 大人も使えそうなアップリケが値引きされていました。

      DSC_1611_convert_20160727205837.jpg
早速、家ではいているGパンの修理です。
和裁で正座することが多いから、膝の部分が傷み易いのです。

      DSC_1613_convert_20160727205932.jpg
最近のアップリケはアイロンで簡単に接着できるようになっているから便利。
クローバーのアップリケで穴を隠しました。
これでこのGパン、あと2年は使えそう・・・


イギリスが・・・ <ビーズ織>


ビーズ織の続きです・・・

      DSC_0721_convert_20150818203756.jpg
フランス国旗模様のビーズ織をチャームに仕上げました。
エフェル塔の金具もつけてちょっと可愛い感じです。
カバンに付けようかとも思いましたが、まだお試しですからね。

そして・・・
フランスはスムーズに作れましたが、イギリスが困ったことになっています。
      DSC_0723_convert_20150818203849.jpg
織機から外したら、縦糸を順に引いて始末をするのですが、
何処かで つっかえて動きません  あぁ~あ

原因は縦糸を縫わないように針穴(耳)から通さなかった事です。
     (針先から通して縦糸を引っかけていたみたい・・・)
で、始めからやり直したのですが、またつっかえてイライラ
     (今度は針穴から通したけれども、縦糸にまたもや引っかけていた)

気持ち入れ替えて、フランス国旗を作ったら上手くいきました。

要は、あわてずゆっくりと丁寧に!なんです。 
わかっているけど・・・ この性分なんとかしないとネ ハハハ

お試しは作れたから、次はオリジナルデザインで挑戦!だ。





プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム