名古屋市内散策② <湯谷温泉>

次は[トヨタ産業技術記念館]へいきました。
名古屋と言えばトヨタですからネ。

ところが・・・
残念な事に近鉄特急17:00名古屋駅発に乗る予定にしていたので、
見学時間は30分しかありません。 さぁーと大体を見るだけになりました。
でもね・・・
入場料(メーグル割引で¥400)がシニア割引で無料に。 余裕のトヨタです。

記念館はトヨタグループの発祥の地である旧豊田紡織株式会社の
本社工場跡に設立されています。赤煉瓦の建物を保存・活用されていて
近代日本の繊維機械と現代の自動車の技術の変遷を紹介されています。

DSC_3176_convert_20180520224331.jpg

DSC_3177_convert_20180520224352.jpg
DSC_3178_convert_20180520224410.jpg

DSC_3179_convert_20180520224432.jpg
DSC_3181_convert_20180520224459.jpg

DSC_3183_convert_20180520224521.jpg
DSC_3184_convert_20180520224542.jpg

DSC_3185_convert_20180520224604.jpg
DSC_3186_convert_20180520224629.jpg

DSC_3187_convert_20180520224709.jpg
DSC_3188_convert_20180520224730.jpg

DSC_3191_convert_20180520224754.jpg
DSC_3194_convert_20180520224916.jpg

DSC_3197_convert_20180520224939.jpg
DSC_3198_convert_20180520225036.jpg

DSC_3199_convert_20180520225117.jpg

繊維機械館では綿から糸ができるまで織物ができるまで のように
「紡ぐ・織る」技術の基本と歴史も詳しく知る事ができます。

自動車館ではトヨタ初の自動車やプリウスの製造過程の一部も展示
されていて興味深い所満載です。
 
それも外国の方が多く訪れているので、外国語堪能の若い女性インストラクターが
にこやかに説明してくれます。 
小学校の遠足で訪れるのはちょっともったいないぐらいの動態展示と多彩な実演が
なされています。

敷地も広く図書館やテクノランド(キッズコーナ有り)、カフェやレストランもあるので
一日中楽しめます。
今度はゆっくりじっくり見学したいと思いました。

そして予定通り17:00発の近鉄特急に乗って帰りました。


今回のお土産は:
DSC_3200_convert_20180522234218.jpg
 豊橋名産 ヤマサちくわ と てんぷら(青じそ入り)

もう甘いお菓子のお土産は止めにして、ちくわにしました。ハハハ
青じそ入りのてんぷらはニイニイが「美味しい!」と。


スポンサーサイト

名古屋市内散策① <湯谷温泉>

翌日は名古屋市内を観光することにしました。
JR名古屋駅には正午過ぎに到着。

DSC_3201_convert_20180520211546.jpg
なごや観光ルートバスメーグルを使って市内観光することにして
「メーグル1DAYチケット」(¥500)を買い、
時間もあまりないので[徳川美術館・徳川園] と [トヨタ産業技術記念館] 
の2つだけに絞りました。

バスの中からノリタケの森や名古屋城を見てそして[徳川美術館・徳川園]へ。
DSC_3165_convert_20180520211607.jpg

DSC_3164_convert_20180520212042.jpg
徳川美術館は徳川家康の遺品を中心に、尾張徳川家の大名道具等を
常設展示しています。

DSC_3166_convert_20180520211635.jpg
玄関ホールに東宮で使われていた家具が展示されていて
これだけは写真撮影OKでした。 
机も椅子も花台も丁寧な彫刻が施され 重厚感たっぷりで素敵でした。

収蔵品は大名道具をはじめ種類が豊富で保存状態も良いので見応え有。

ゆっくり美術館を見学した後は、隣接する[徳川園] へ。
DSC_3167_convert_20180520211704.jpg
名古屋城本丸の東約3kmの地にある徳川園は、
尾張徳川家第二代光友が隠居所として営んだ地です。 
現在は日本庭園として再整備され公開されています。

DSC_3170_convert_20180520211728.jpg
海に見立てた池を中心に見所をぐるりと巡る池泉回遊式庭園。
高低差を生かした滝や川などの景観を楽しめます。
DSC_3173_convert_20180520211748.jpg
池には大きな鯉がたくさん。 
人馴れしているんでしょうね、餌をもらいに寄ってきます。

その後、再びメーグルで[トヨタ産業技術記念館]へ向かいました。



翌日は・・・ <伊勢鳥羽旅行>

翌日は4時半頃に起床。

     DSC_3060_convert_20180328195758.jpg
徐々に明るくなって行く生浦湾です。 ちょっと神秘的。

さぁ、着替えたら昨日のリベンジです。
   DSC_3063_convert_20180328195825.jpg
ファーマーとニイニイは旅館前の桟橋で、再び魚釣りを始めました。
魚は主に朝方と夕方によく釣れるので・・・どうでしょうか?

私は釣りをせずに、ゆーーーくり温泉を楽しみました。

     DSC_3067_convert_20180328195848.jpg
     朝食です。
奥に見えるのは昨夜の舟盛りの鯛のあら煮です。 薄味で薄い色に煮ています。
ファーマーはあら煮=こげ茶色(濃い色)ですからあまり食べませんでしたが、
ニイニイと私で 『美味しいね。』と完食。

10時前のチェックアウト後は、伊勢神宮へお参りに行きました。

そうそう、釣りの結果ですが ・・・ファーマーの竿に偶然かかった小さい魚一匹のみ。
まだ海の水が冷たくて魚がいない様です。 TVのニュースでも、今年は黒潮が
蛇行していてカツオもかなり遠海でないと捕れないとの事。
(宿のご主人を最初に見た時、ご主人の顔が申し訳なさそうに その事を物語っていました。)

     DSC_3070_convert_20180328195911.jpg
      伊勢神宮内宮にお参り。 相変わらず参拝客は多いですね。

     DSC_3074_convert_20180328200012.jpg
     暑いぐらいの良いお天気で、1本の木だけ桜が咲いていました。

     DSC_3072_convert_20180328195936.jpg
去年の夏にお友達と訪れた時は 白馬(空勇号)の神馬がいたのですが、いません。
     
私: 『白馬がいないわ。』
2人: 『今日は土曜日やろ。 土、日は競馬場で走ってるから、留守なんや。』
私: 『・・・・・・・』(まぁまぁやな)

その後、おかげ横丁を散策。 
赤福本店で盆セット(赤福餅3こ+お茶)を食べ、お土産を買って、
帰路は主に高速を使って、伊勢自動車道 ⇒[伊勢関] ⇒名阪国道(高速みたいなもの)⇒家
と、無事帰ってきました。(途中、4台の玉突き事故を見ましたよ。)

   DSC_3077_convert_20180328200043.jpg
お土産は、
 虎屋ういろうの生ういろを2本、 伊勢の名物生姜糖(懐かしい~)
 そして伊勢型紙を用いた手染めの手ぬぐい(半襟に使うんだ~)

今回の伊勢鳥羽の旅行は、
魚釣りも体験できたし(その為に釣り好きのニイニイを誘いました)、海の幸を堪能したし、
お伊勢さんにもお参りしたし・・・。

3人: 『なかなか良かったなぁ~。 魚釣りは5月頃にリベンジしよう。』 



まるさん旅館 <鳥羽旅行>

ネット検索していたファーマー: 『この旅館 面白そうやぞ!』

で、23日・24日は伊勢の鳥羽に行ってきました。
たまたまニイニイも休みだったので誘い(誘ったのには訳があります。)、
3人で10:30出発    高速を使わず東吉野村から166号線を東へ東へ
⇒ 368号線 ⇒ 伊勢自動車道(高速) ⇒ 鳥羽 ⇒ 釣り餌屋 ⇒13:30 旅館到着

DSC_3069_convert_20180327222335.jpg 今回訪れたのは鳥羽市浦村町の
 「まるさん旅館」。
 目の前は生浦湾の入り江です。




      DSC_3046_convert_20180327222357.jpg
部屋の窓からの眺望。 牡蠣の養殖の筏がたくさん浮かんでいます。

さあさあ、
チェックインにはまだ早いのですが、旅館のご主人に私用の釣り竿(竹竿の簡単な
もの)のレンタルをお願いし、2人はニイニイ持参の釣り竿を使用して
旅館の前の桟橋で魚釣りを始めました。
私は浮釣り、2人はルワー釣りです。
約3時間程釣っていましたが、結果は・・・一匹も釣れませんでした。 ハハハ


釣りの後は温泉(天然温泉・くみ湯 いいお湯でした。)に入り、いよいよお夕飯の時間
ここの旅館は浦村牡蠣を自家養殖し海の幸満載とか。 楽しみです。
    
DSC_3049_convert_20180328104641.jpg 先ずは突出しの
 ナマコ・ アラメの含め煮・ もずく酢
 3鉢とも新鮮でとても美味しい

 女将さん:『アラメは新芽の若い
 柔らかい所だけ使ってます。』 

    船盛
    舟盛です。 新鮮で美味しい~  この量食べきれるか?

DSC_3050_convert_20180328103004.jpg 伊勢海老のお造り
 
 これがとっても甘くて
 プリプリなんです。
 左のオレンジ色のものは
 伊勢海老の卵。 新鮮だからこそ。

    DSC_3054_convert_20180328103204.jpg
大きな大きなお椀に乗って出て来たのは焼牡蠣です。 美味しい~
ご主人が養殖されている牡蠣でとれたてを焼いたもの、これで1.5人前です。
焼牡蠣は一回だけおかわりできますが、
他の料理もたくさんあるので無理~ ・・・おかわりは遠慮しました。

DSC_3051_convert_20180328103045.jpg 赤魚の煮付け

 極薄味に調理されていますが、
 新鮮だから濃い味付けは不要
 なんですね。


DSC_3052_convert_20180328103107.jpg 伊勢海老のグラタン

 女将さん:『インターネットでのご予約
 のお客様へのサービスの一品です。』



DSC_3053_convert_20180328103132.jpg アワビのお造り

 コリコリの食感
 そろそろお腹がいっぱいに・・・



DSC_3056_convert_20180328103228.jpg アワビの蒸し焼き

 アワビ一匹を蓋をして焼きます。
 火が消えたら出来上がり。
 アワビは柔らかくなっています。 
 

DSC_3057_convert_20180328103252.jpg 伊勢海老の焼き物

 脱皮して直ぐの伊勢海老だから、
 殻も柔らかいのです。
 
 

DSC_3059_convert_20180328105222.jpg カキフライ
 アオサのお味噌汁・香の物・果物

 カキフライ も あおさのお味噌汁も
 美味しかった~
 でも、もうギブアップ!

女将さん:『残った舟盛りは、あら煮にして朝食に出させてもらいます。』

お腹満腹で早めに就寝。 
翌朝は早く起きる予定になっていますので・・・  おやすみなさい・・・



早々に帰宅 <2018白浜温泉>

翌朝~
DSC_2900_convert_20180217213718.jpg
とても良いお天気で、朝日に映える白良浜です。

DSC_2897_convert_20180217213742.jpg
朝風呂の後は、朝食。 品数も多く美味しい朝ご飯をいただきました。

10時チェックアウトして・・・ 『さぁ何処へ行く?』 『帰ろか?』
白浜ももう何回か来ているのでコレっと言って行きたい所がないし、
そして、ゴロちゃんが家で待っているような気もして・・・( まだ駄目だ!)

DSC_2902_convert_20180217213819.jpg
DSC_2905_convert_20180217213847.jpg
左側に太平洋を見ながら、海沿いの42号線を走り・・・
えぇっと何処から高速に乗ったのか風邪で長らく寝ている内に忘れてしまった!

お土産は、
DSC_2907_convert_20180217213919.jpg
とれとれ市場で ①珍味どれを選んでも3パック1000円
                (ワサビ数の子・梅蛸・ウニクラゲ選択)
           ②かどやのうすかわ饅頭6個入り

ラルトス白浜 

 そして
  ③泊まっていた宿で出現したポケモンgoの
    モンスター ”ラルトス”
    個体値はそれ程強くないけれど、
    記念に残しておくことにしました。
    で名前は ”ラルトス白浜” ハハハ



久しぶりの温泉旅行でしたが早々に帰宅しましたわ。
まぁ・・・ぼちぼちって事で・・・・・ 


プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム