丸の内

東京駅からすぐの【丸の内】界隈をぶらぶらしました。
オフィスビルが建ち並ぶ丸の内ですが、なかなかイイんです。

DSCN0228_convert_20121030201036.jpg
ウインドーショッピングをしていると、面白いディスプレイが。
DSCN0231_convert_20121030202015.jpg
モニュメントもあちらこちらに。
DSCN0230_convert_20121030201645.jpg
気に入りました!太ったバレリーナ
DSCN0286_convert_20121030205036.jpg
夜になると仲通りの街路樹もライトアップ。
DSCN0292_convert_20121030205348.jpg
東京駅に戻ると、駅舎もライトアップ。

特に丸の内仲通りは、街路樹に囲まれたにぎやかでありながら落ち着いた雰囲気です。
国際ビルのB1Fには、今話題のタニタ食堂もありましたが・・・『本日は終了しました』でした。
三菱一号館美術館もあるしいろいろ楽しめる丸の内でした。


スポンサーサイト

スカイバス

2日目、ネエネエと池袋で待ち合わせてビッグカメラでちょっと買い物。
その後、恵比寿に行く予定が【スカイバス】に乗ることになりました。
以前も乗ったことがあるのですが、
東京の見どころをぐるりと回ってくれる観光バスでとっても便利。
DSCN0275_convert_20121028214608.jpg
真っ赤なオープンバスです。丸の内の三菱ビル1Fで切符を買います。
座席指定です。(土日は予約をした方が確実です)
DSCN0232_convert_20121028214936.jpg
2階だてのバスだから、見晴らし良好。
DSCN0234_convert_20121028215444.jpg
さあ出発!前のイタリアンカフェーで楽しんでる外国の女性が手を振ってくれました。
DSCN0236_convert_20121028222043.jpg
東京駅の前を通り、右手に皇居を見て、日比谷公園へ
DSCN0243_convert_20121028222424.jpg
東京タワーの周りをぐるり
DSCN0249_convert_20121028222746.jpg
下から見上げるとなかなかイイです
DSCN0252_convert_20121028223520.jpg
赤羽橋から都心環状線に。
出発が予定の時刻より10分遅れていたので、ちょっとスピードが出ています。
だから髪の毛が無茶苦茶!レインボーブリッジを渡っています。
ネエネエ:ジェットコースターみたい!
DSCN0254_convert_20121028223851.jpg
お台場。フジテレビ本社ビルが見えます。
DSCN0259_convert_20121030190304.jpg
進行方向左手遠くに、スカイツリーも見えます。
DSCN0261_convert_20121030192927.jpg
隅田川を渡り
DSCN0265_convert_20121028225313.jpg
築地です。ちょっと魚の匂いがする・・・
DSCN0266_convert_20121028225806.jpg
歌舞伎座は建て替え工事中
DSCN0267_convert_20121028230117.jpg
銀座4丁目の和光ビルのあの有名な時計
DSCN0270_convert_20121028230510.jpg
右手に帝国劇場を見ると・・・
DSCN0271_convert_20121028230847.jpg
左手はもう皇居・・・・

ガイドさんの、『はぁ~いお疲れ様でしたぁ~』で60分は『アッ』と言う間。
ネエネエ:あ~面白かった。



東京駅

去年の夏行った時は工事中だったけれど、
【東京駅】丸の内側駅舎がリニューアルされていました。

DSCN0220_convert_20121028203652.jpg
創業時と同じ赤レンガ駅舎が復元
DSCN0216_convert_20121028204023.jpg
駅の中の施設では、特に天井が素敵。見とれてしましました。
DSCN0224_convert_20121028204355.jpg
駅舎の中にある東京ステーションホテルもリニューアル
DSCN0343_convert_20121028210139.jpg
結婚式後のカップルが、東京駅舎をバックに記念撮影
思わずダイ&ネエと比較しちゃいました・・・もちろん・・・ハハハ

ホテルグランドシティ

宿泊したのは、【ホテルグランドシティ】です。
DSCN0212_convert_20121028091507.jpg
ネット予約をしていました。朝食付きで手頃な値段、なかなか良かったです。
ビジネスマンも多く宿泊してました。
レディース専用フロアーの14階・・・ここで失敗
廊下に出て、非常出口の確認をしようとドアを開けたら、高い高い。
遠くまで見えますネェ。
さあ、部屋に戻ろうとしたら、非常ドアが開きません・・・えっー!
それで仕方なく・・・



2泊3日の東京旅行

東京へ行ってきました。
今回の旅行は、ネエネエの様子うかがい
(以前、ハムを買うのに手間取ったスパイを派遣したけれど・・・)。

1日目:家 ⇒橿原神宮前 ⇒京都 ⇒品川 ⇒池袋 ⇒ ⇒ ⇒ダイ&ネエち ⇒ ⇒ 
    ⇒池袋<泊:新婚さんの邪魔はしませ~ん。>
2日目<withネエネエ>:池袋(ビッグカメラ、西武百貨店)⇒ 東京駅(スカイバス) 
              ⇒丸の内 ⇒東京駅 ⇒池袋<泊>
3日目:池袋(ビッグカメラ)⇒上野(道明)⇒(東京国立博物館)⇒ 東京駅 ⇒新大阪    
    ⇒帰宅

たくさん歩きまわったので、2日目も3日目も足に水ぶくれが出来た・・・
でも、楽しかった~!!!
ネエネエそれなりに主婦していた。安心した~!!!



クンクン ゴロちゃん

焼きたてベーコンの匂いにつられて・・・・・

DSCN0205_convert_20121024212940.jpg
ゴロちゃんがキッチンに ノソノソ
鼻がベーコンを置いている方向に伸びています。 でも、塩分が多いので無理!

    匂いで我慢して~ェ



また々、ベーコン

今日の午前中は、また々、ベーコン作り

DSCN0202_convert_20121024212633.jpg
ダイ&ネエ宅に持って行く為に焼きました。

今回工夫した点は、
・桜のチップにザラメを少し入れたこと。
・豚肉から落ちた脂が燃えて煙がで無い様に、燻製機の底に小さな穴を開けて
 脂を外に出るようにしました。(OTTOがアルミ板で小さな樋(とい)を上手く作成。)
味見をしたら、前回より美味しい仕上がり。

土産が出来たので、さあ、東京さ行くべ!

ロールキャベツ

今日の家庭菜園の収穫は・・・・・

DSCN0197_convert_20121021225035.jpg
大きなキャベツ1、里芋(小芋)たくさん、ブロッコリー
何を作ろうか?・・・何を作ろうか?・・・いろいろ考えて・・・
DSCN0201_convert_20121021225404.jpg
やはり基本のロールキャベツ と 芋の煮物 (ブロッコリーは冷蔵庫で休憩)

これまでロールキャベツはブイヨンで煮ていただけですが、
今日はベーコンと玉ねぎ・人参の薄切りとニンニクを炒めてからブイヨンを入れて煮ました。
又、ロールキャベツの詰め物の味付けに、塩・コショウ以外にケチャップ・ウスターソース各小さじ1を入れました。
今日のロールキャベツはなかなかです。

OTTO:キャベツが美味しいから! ・・・・・だそうです。

二上山 登りました

2階の窓から見える二上山、一度は登らないと・・・・・

今日は二人で二上山に登りました。いろんなルートがあるのですが、
祐泉寺の登山口からの方が、時間も短くてイイんじゃないかと11時に出発!
DSCN0171_convert_20121020212952.jpg
登山口までは単車2台で、石光寺の前もスイスイと。
DSCN0172_convert_20121020213321.jpg
石光寺の後ろに、目指す二上山の雄岳の姿が・・・
DSCN0173_convert_20121020213702.jpg
登山口です。さあ、登るぞ~!
DSCN0174_convert_20121020214459.jpg
祐泉寺って、民家?って言いたくなるほど小さいお寺なんです。
DSCN0176_convert_20121020214807.jpg
大分歩いた途中に、湧水が・・・冷たくておいしいお水でした。
DSCN0177_convert_20121020215249.jpg
山道は階段が多いので、結構足に応えます。
DSCN0178_convert_20121020215704.jpg
う~ん、まだまだ続きます。
DSCN0180_convert_20121020220821.jpg
やっと、馬の背につきました。登山口から約40分。二上山の説明書きの看板です。
DSCN0181_convert_20121020221144.jpg
ここから、雄岳まで後600m。また々階段が多かった。
DSCN0187_convert_20121020222434.jpg
雄岳山頂に着きましたが、山頂の目印が見当たりません。
山ガール二人に『雄岳の山頂はどこですか?』と聞かれたぐらい・・・
葛木二上神社が山頂のしるしの様な感じで、展望もなく、ちょっと残念。
で、葛木二上神社さんには引越しのご挨拶をしました。
DSCN0182_convert_20121020221520.jpg
そして、葛木二上神社の傍に、
天武天皇の皇子で、有能で人々の人気を集めていた人物だったけれど、
謀反の意有とされ捕えられて殺され、
後、二上山に移葬されたと言われている大津皇子の墓があります。
DSCN0188_convert_20121020222917.jpg
雄岳を下りて、次は雌岳に登りました。
雌岳山頂は展望も良く(大阪のビル群が見えます)、大きな日時計もありました。
ここで、やっとお弁当。その後、膝に負担の無いようゆっくり下山。
DSCN0193_convert_20121020223311.jpg
帰る途中、當麻寺近くの中将餅を買いました。

二上山雄岳(517m)、雌岳(474m)
  歩きで(ここはロープウェイもリフトも無いし・・・)征服しました!!!
    
 心地よかった・・・・疲れた・・・・美味しかった。

キルティングの袋

昨日、夫が分厚い袋を作って欲しいと言ったので、
ジャスコでキルティングの布を1メートル買ってきました。
DSCN0164_convert_20121020211108.jpg
ミシンでササーッと縫って二つの袋が出来上がりました。
DSCN0167_convert_20121020211750.jpg
リックサックにカメラを入れる為の内袋なんです。
大きい方は3重に、小さい方は4重に、でも、目分量で作ったから、
大きい方はちょっと大きかったし、小さい方はちょっと小さかった・・・・ハハハ




焦げ茶の道中着

ネエネエの浴衣が仕上がったので、次は・・・

IMG_2430_convert_20121019205235.jpg
道中着を縫い始めました。これは上の姉へのプレゼント。
地模様のある焦げ茶の着尺(ヤフオクで)と、
秋の野菜が手書きされた素敵な肩裏(これもヤフオクで)を合わせました。
羽織やコートを作るために羽尺があるのですが、色柄が似たようなのもばかりで、
最近は、着尺を使ってコートを作る方が多いです。
羽尺より着尺の方が反物が長いので、きれが余るのですが、おしゃれ優先です。


栗のワイン煮

今年も丹波篠山から栗が送られてきました。

毎年、渋皮煮を作っているのですが、今回は【栗のワイン煮】です。
DSCN0148_convert_20121017212145.jpg
鬼皮をむき易くする為、一晩水につけて置きます。
DSCN0155_convert_20121017213207.jpg
渋皮を傷つけないように、丁寧に鬼皮を剥きます。
※ここが難しい。ちょっとでも渋皮を傷つけると、煮た時に中身が出てきます。
 (今回、2個失敗そして1個虫食い)
DSCN0153_convert_20121017212806.jpg
鍋に湯を沸騰させて炭酸(10g:あく抜き)を入れ、栗をやさしく入れる。弱火で15分煮る。
赤黒くなった湯を捨て、栗をやさしく水洗いする。この作業をあと2回繰り返す。
栗を洗う時に、つま楊枝で黒いすじを取る(渋皮が破けるので慎重に)
DSCN0158_convert_20121017213604.jpg
いよいよワインで煮ます。
鍋に栗(1kg)と、砂糖(400g)、ワイン1/2本、水(栗が浸かる位まで)を入れ
キッチンペーパーの落し蓋をして、弱火で30分煮ます。そのまま冷まします。
DSCN0160_convert_20121017222507.jpg
【栗のワイン煮】が出来上がりました。
渋皮煮より、ちょっと大人ぽい感じ・・・・・



大根菜のふりかけ

家庭菜園の大根も無農薬ですから、
葉っぱも採ってきてもらい【大根菜のふりかけ】を作りました。
DSCN0144_convert_20121016113257.jpg
①大根菜をよく洗い、湯がき(色良くする為塩少々)固く絞ってみじん切り。
②フライパンにごま油少々いれて、大根菜をよく炒め取り出す。
③フライパンにサラダ油少々いれて、ちりめんじゃこをよく炒めます。
  (よく炒めると、おじゃこの臭さが取れます)
④大根菜をもどし、適量の塩を加えてさらに炒めて水分をとばします。
⑤最後に白ごまを加えて出来上がり。

醤油で味付けをした方が美味しいと思いますが、
今回はシンプルに塩のみ・・・・・

久しぶりのベーコン作り

夫がベーコンを食べたいとリクエスト。で、久しぶりにベーコンを作りました。


①豚ばら肉の余分な脂身をけずり、フォークで適当に穴をあける。
②塩(ばら肉1kgに粗塩30g)、コショウをすり込む。
 ※今回、スパイスの代わりに粗塩の1/3をクレイジーソルトに代えました。
DSCN0108_convert_20121013215115.jpg
1週間冷蔵庫でねかせます。(塩が行きわたる様、時々袋の上下を引っ繰り返します)
DSCN0111_convert_20121013220032.jpg
ボールに肉を入れ、流水で塩抜きをします。今回は3時間しました。
※ここの塩の抜き加減が一番難しい。肉の端を切ってフライパンで焼いて塩加減をみます。
DSCN0113_convert_20121013220354.jpg
ペーパタオルで拭いて、笊に乗せて扇風機で乾燥させます。今回は4時間。
DSCN0114_convert_20121013220714.jpg
いよいよ燻製です。(風よけの為ダンボールで囲んでいます。)
DSCN0115_convert_20121013221325.jpg
肉を吊るした状態です。今回のチップはさくら。ザラメを少し入れると香りが良いのですが、無かったので省略。
火加減は弱火~中火ぐらい。今回は3時間燻製しました。
DSCN0130_convert_20121013222125.jpg
美味しそうな焼き色に仕上がりました。
DSCN0139_convert_20121013222432.jpg
一晩冷蔵庫で味を落ち着かせてから食べました。

お味は如何でしょう?・・・・・やっぱり お・い・し・い

稲穂は黄金色

近くの田圃は・・・
DSCN0128_convert_20121013201531.jpg
黄金色に輝く稲穂に覆われています。
DSCN0124_convert_20121013201906.jpg
遠くでは、稲刈りが始まっています。と言っても、コンバインで稲刈り。
鎌で刈って、藁でくくって、干して、脱穀してを一度にするから早い早い。
一日で、黄金色は消えてしまいました。



みむろ最中

今日、夫は大和三山を見に単車で出かけました。

DSCN0131_convert_20121012215533.jpg
帰ってきた時、何か袋を持っています・・・・ OTTO:『お土産買ってきた。』
大好きな【みむろ最中】ではありませんか。
みむろ最中は、三輪山の大神神社の大きな鳥居の横 白玉屋榮壽(しらたまやえいじゅ)で売っています。
耳成山から足を延ばし大神神社まで行ってくれたようです。
早速いただきました。
う~ん美味しい。みむろ最中は最高!!!
もう一ついただきます。


鳩の巣

1階の和室で和裁をしていると、北側の窓の外がバサバサと騒がしいのです。

DSCN0116_convert_20121012211351.jpg
鳥の羽ばたきのようですが、一応窓の外を見てみますと・・・
あららららぁー、直ぐ傍の木に【鳩の巣】が、そしてその中に可愛い目をした鳩がちょこんといるではないですか。
目の前で写真を撮ってもじっとしています。

どうしよう・・・


大根 <なます>

家庭菜園では、ぼちぼち大根が収穫できるようになりました。

DSCN0135_convert_20121012202257.jpg
早速、なますを作り食べました。
採り立てだから、塩でしんなりさせて絞るとグチャとなってしまうと思っていたのですが、
いえいえシャキとしているのです。
だから、歯応えもありそしてみずみずしい美味しいなますができました。
半分は粕汁に短冊に切って入れましたが、これも美味しかった(写真撮り忘れ)。
やはり、スーパーで売っている野菜とはだいぶ違います。


還暦の花

小学校の同窓会でもらったバラの花が綺麗に開きました。

DSCN0105_convert_20121010212739.jpg
同窓会の幹事は、髭似合う君・カイバ君・チカちゃん・しるたんの4人です。
(今回の同窓会で、この4人は永久欠番、不動の幹事に決められちゃいました。オイオイ)
チカちゃんから、『還暦の年だから皆に赤いバラを3本なんてどうかな?』って連絡があり・・・・・

・・・で、今、我家のリビングに名付けて【還暦の花(別名:カンゲキの花)】が。



エステ好き ゴロちゃん

時々、ゴロちゃんとエステごっこ・・・・・もちろんお客様はゴロちゃん。

DSCN0102_convert_20121010211452.jpg
頭を支えている長い首の根もとが凝っているだろうと、優しくモミモミ・・・
次は、背骨の回りも優しく優しくモミモミ・・・・・
お客様は既に気持ち良く眠っておられますので、マッサージを止めました。


するとお客様は、
DSCN0104_convert_20121010211821.jpg
『何で手を止めたん?』と、エステシャンを見つめました。


高鴨神社

この前”かもきみの湯”からの帰り、夫がいつもと違う道に車を走らせました・・・?うゥ
DSCN0036_convert_20121009211045.jpg
着いた所は、【高鴨神社】です。
DSCN0042_convert_20121009212517.jpg
この辺りは大和の名門の豪族である鴨の一族の発祥の地で、高鴨神社はその鴨族が守護神として祀った社の一つです。本殿までの参道は、距離も幅も今風に言うとコンパクトで丁度良い感じ。右手に立派な杉の木があります。
DSCN0039_convert_20121009212110.jpg

本殿も、大神神社や橿原神宮よりずっとコンパクト。でも、歴史が感じられます。
というのも、
ここは全国鴨(加茂)社の総本宮で 弥生中期前より祭祀を行う日本最古の神社の一つです。
 
DSCN0043_convert_20121009213141.jpg
参道左手には池があり、池には舞台も。水面に葛城の山々が映りなかなか綺麗です。
DSCN0044_convert_20121009213510.jpg
最初の鳥居の傍に、釣鐘が・・・・・えっ! 釣鐘はお寺でしょう。
ちょっとわかりません・・・・。



小学校の同窓会

昨日は、小学校の同窓会に行ってきました。

節目(赤いチャンチャンコ)の年の、20年ぶりの同窓会。
36人で6年間ずっと一緒。
みいーんな気心わかっているから、おすましゼロの全開。
和気藹々の面白くって楽しい一日でした。
参加は男子10人、女子6人(打率4割4分4厘)
撮った写真は・・・・・直接送ります・・・・・

同窓会の写真は載せれないから、着て行った着物の写真を
DSCN0053_convert_20121008233439.jpg
これは前日に合わせた物ですが、着付けの練習をしていたら暑かったので、
着物だけは結城もどきから、紺の大島に変更。
5時半に起きて、ゆっくり丁寧に着付けをしていたら、案外早く着れました。

根付はニイニイのお土産で、輪島塗のダルマさん。始めて付けてみました。

ココロの学校

今日は夕方から単車で5分の所にある文化会館へ・・・
DSCN0050_convert_20121006211227.jpg
【ココロの学校】とは、谷村新司が行っている小さなトーク&ライブです。
15年程前、大阪城ホールでの谷村新司のコンサートを見に行ったことがあるのですが、
豆粒でした。今回は会館が小さいのでよく見えました。
伴奏はピアノ(石坂慶彦)だけ。でも、そのピアノ伴奏が凄い!

『22歳』とか『帰らざる日々』を歌ってくれました。
アリス当時の歌は、好きなんです。

曼珠沙華

葛城山の麓  田んぼの畔は、【曼珠沙華】が満開です。
DSCN0022_convert_20121004211853.jpg
綺麗ですねェ。
DSCN0030_convert_20121004212249.jpg
子供の頃、【曼珠沙華】っておしゃれな呼び方はしませんでした。
『彼岸花』 か 『火事花』って言ってました。だから、家に持って帰っては駄目。
根に毒があるから、注意する為にそのように言われていたのかな。

ブロッコリー

今、家庭菜園で採れる野菜は・・・
IMG_2468_convert_20121001195513.jpg
ブロッコリーなんです。
やはり、スーパーで売っているブロッコリーとは違い軟らかくて大変美味しいです。
もう一つ違っているのは、時折小さな青虫にお会いする事。
夫は『最初の頃に農薬を一回かけただけ、それからは青虫を手で捕ってる』と言ってます。
・・・だからあんまり食べません。

私は、現場を見ていないので・・・・・美味しくいただいてます。


ごろごろ水 <洞川温泉>

ゴロちゃんの世話をしてくれたニイニイへのお土産は・・・
IMG_2469_convert_20121001130146.jpg
【ごろごろ水】です。(実は、他にこれっといったのが無かった)

『ゴロちゃんとごろごろしててごろごろ水』 ハハハ
   

【ごろごろ水】:
大峰山麓の鍾乳洞からこんこんと湧く超天然水が、ごろごろ水。
千三百年もの間、大峯山を目指す修験者たちが “ 神の水”として喉をうるおしてきた
ph8.2のアルカリ自然水。毎日飲用していると便秘や吹き出物(アトピー)などに
良いとされ、 また、ガンを抑制する成分も含まれている他に類を見ない超天然水・・・だそうです。
プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム