レバーペースト

料理本を見ていると、時々【レバーペースト】の作り方が載っています。
作ってみたいけれど、これまで食べてみたことがないのでどのような味かわかりません。
ニイニイが買ってきてくれました。

DSCN1661_convert_20131127085929.jpg
山形県の平牧工房の”三元豚レバーペースト”無添加の製品。
クラッカーにのせて食べてみました。

どんな味?かな

ニイニイ:これはこれで変わっていて美味しいけど・・・      
私:う~ん。ちょっと苦手。レバー特有の舌に残るあの味・・・作ることはないでしょうねェ。


スポンサーサイト

重ね太鼓結び

この前の16日(土)・17日(日)は、市の文化協会文化祭でした。
習っている着付け教室からも≪発表の部≫で参加。
17日の12時40分前後にマルベリーホールの舞台の上を静々と歩きました。

DSCN1659_convert_20131124135407.jpg
先生からは『好きな着物を着てね。』ってことで、去年ネエネエの結婚式用に作った留袖を
着ました。(あんまり着ることがないので・・・モッタイナイ・・・)
午前9時に公民館のいつも習っている部屋に集合。クラブの先輩が着付けてくれました。
帯の結び方は【重ね太鼓結び】です。
ヘヤーセットは、美容の勉強をしている若い人がしてくれましたが、
島倉千代子の真似をしている”友近”のヘヤーにそっくりでした!!!




今井町散策

”ならまち”を散策したのなら、次は【今井町散策】かな・・・ってことで、
先週の月曜日行ってみました。単車で20分ぐらいです。

DSCN1649_convert_20131118102521.jpg
『かつて「大和の金は今井に七分」と言われるほど繁栄した町で、現在も、
500軒もの町家が連なり、町全体が江戸時代の姿を残しています』とパンフレットに
書かれています。単車を南都銀行の駐輪場において・・・さぁ出発!

DSCN1643_convert_20131118102753.jpg
電車で行く場合、近鉄八木西口駅 or JR畝傍駅からが近いです。
飛鳥川に掛かる蘇武橋(赤い橋)を渡ると今井町になります。

DSCN1608_convert_20131118102935.jpg
歴史の重さを感じさせる町並みです。

DSCN1617_convert_20131118103135.jpg
道路はほとんどが一度屈折しています。これは敵の侵入に備えての事。
『NHKの連ドラ『ごちそうさん』の撮影が何度もされたんよ。杏ちゃんが鯛を持って行く場面
もそう』と、高木家(後述)の案内の人が言っていました。
『杏ちゃんも東出君も背が高くて・・・意地悪のお姉さんも来てたわ・・・』とも。

DSCN1618_convert_20131118111749.jpg
何軒かある重要文化財指定の家の一つ”上田家住宅”です。
内部の見学はできます(有料・事前連絡要)が、この辺り月曜日はお休み。

DSCN1636_convert_20131119094619.jpg
この日、見学可能だった ”高木家住宅”(見学料¥300)です。
約200年前に建てられ、酒造業を営んでいたので中庭には立派な井戸も残っています。

DSCN1631_convert_20131119094933.jpg
鉄砲も展示されていて、触ってもOKとの事。
”八重の桜”の真似をして構えてみましたが、かなり重いです。

DSCN1632_convert_20131119095051.jpg
これは、昔の”すごろく”。

DSCN1633_convert_20131119095217.jpg
土間奥には ”へっついさん”(かまど)。
以前使っていた時はタイル貼りだったけれど、昔の形に再現したそうです。
右はご飯用、中はお汁用、左はお湯(茶)用。

DSCN1634_convert_20131119100222.jpg
かまどの上の天井と壁。 煙取りと明り取りに工夫が見られます。
壁の窓は現在のシャッターみたい。よく考えられています。

DSCN1635_convert_20131119095403.jpg
道路を玄関内側から見たらこんな感じ。 格子戸ってあんがい外がしっかり見えますね。

DSCN1620_convert_20131121100805.jpg
町を歩いていると豆腐屋さんはこんなにオシャレ。

DSCN1639_convert_20131121102256.jpg
酒屋さんには杉玉が。

DSCN1605_convert_20131121100626.jpg
奈良県では一番の南都銀行も今井町風。

DSCN1602_convert_20131121101000.jpg
歯医者さんもこの通り。

DSCN1627_convert_20131121101145.jpg
今井小学校もこの塀に囲まれています。

DSCN1622_convert_20131121101348.jpg
ここはデイサービスセンターの裏側。給食を作っているのが見えました。
美味しそうな匂いがしました。横の階段に”いまい がくどうくらぶ”の看板がかかっていました。
2階が学童保育所のようです。老人と子供達の関係が近い・・・。

DSCN1628_convert_20131121101516.jpg
消防車も今井風の建物に入っているようです。

DSCN1640_convert_20131121102537.jpg
最後に、今井町のマンホール。
牛馬をつなぐための「駒つなぎ」という道具を中央に、周りには本瓦葺がデザインされています。

今井町・・・勿論、町並みは素敵ですが、保存するための頑張りが凄い!

今年もデコレーション

この前アルルに行ったら、もうクリスマスモード。

DSCN1644_convert_20131118094903.jpg
サウスエリアでは去年と同様、クリスマスツリーが設置されていました。

DSCN1646_convert_20131118095058.jpg
寒い日々、このクリスマスの赤色と緑色の取り合わせは何か暖かく感じます。


杏ちゃんごっこ

今日は朝から雨模様・・・退屈・・・【杏ちゃんごっこ】をすることにしました。

DSCN1600_convert_20131110114657.jpg
朝の連ドラ『ごちそうさん』は着物が楽しみで、毎回見ています。
特に、杏ちゃんの前掛けと襷姿がカッコイ!!!
この前、丈直しをしたウールの着物を着てみました。
襷がないので、腰紐を襷がけ。写真ではわかりませんが、半襟は薄ピンク。
帯は義母から貰ったものです。

DSCN1599_convert_20131110114534.jpg
普段に着物を着る場合、半襦袢⇒長襦袢⇒着物⇒帯っとなると大変。
で、以前に作っておいたうそつき長襦袢を試してみました。
ランニングシャツ⇒うそつき⇒着物⇒帯っとなると楽、楽。
うそつきの身頃は晒、袖部分は若い頃の長襦袢(化繊)を利用していますので洗濯も楽。
毎日着物を着ることも可能になってきました。


パウスカート②

阿倍野キューズモールのB1にあるハワイアンのお店が閉店になります。
商品が半額になっているので、パウスカートの生地を沢山買ってしまいました。

DSCN1597_convert_20131110114408.jpg
その中の1枚です。
前の赤いスカートのウエストは3本ゴムでしたが、今度は4本ゴムにしました。
残り切れでスカート入れも作り、ちょっと気に入ってます・・・踊らなくっちゃ



着付けの後は

着付け教室からかえってきたら、成るべく早く着物に風を通します。
衣桁を持っていないのでこれまで着物ハンガーにかけていましたが、
着物ハンガーに長時間架けておくと、着物の重さで表地と裏地のつり合いが合わなくなることも

DSCN1595_convert_20131110114240.jpg
で、2階の吹抜けの手すりに着物を架けています。
不細工ですが、丁度イイ感じ。
しかし、階下にずり落ちないように気をつけなければなりません。



読みました⑰

最近は読書へのエネルギーが減少ぎみですが、【読みました⑰】。

DSCN1594_convert_20131103093829.jpg
左: 帚木蓬生 『千日紅の恋人』★★★
   ちょっと昔っぽい恋愛小説かな? でも暖かくってほっこりします。
   この筆者の小説は三冊目だけれど、なんか根が優しいのです。

右:河合隼雄・村上春樹 『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』★★★
   二人の対談集。
   対談の中では、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』に関することが度々出て来ます。
   この対談集を読む前に、
   『ねじまき鳥クロニクル』を読まなければどうしょうもありません。 


 

ゴム通し <パウスカート>

他の人の既製のパウスカートに比べ、私のスカートのウエストは美しくないのです。
ゴム通しに問題があるのではと思い、ゴムを抜いてみました。

DSCN1579_convert_20131103092748.jpg
上から順番に適当にゴムを通した為、ゴムの長さがマチマチ。

DSCN1580_convert_20131103092934.jpg
ネットに載っていました。菜箸(100円ショップで購入)にタコ糸を通し、
それにゴムをくくり付け3本同時にゴムを通して行きます。アラ、簡単。

DSCN1583_convert_20131103093329.jpg
スッキリと美しいウエストになりました。


大柄の羽織

今縫っているのは、【大柄の羽織】です。

DSCN1585_convert_20131103093520.jpg
この前、おついこの羽織を縫い上げたので、もうちょっとしっかりと羽織の勉強を
しておかなくては・・っと思い、続けてもう一枚羽織を縫っています。
小紋の着尺ですが大柄なので、柄合わせが難しいのです。
羽織は後ろ模様が勝負のような気がします。裾で模様が切れないように柄合わせをしました。
袖の柄も切れないようにしたら、両袖の柄が同じになってしまいました。
まぁ・・・袖はヒラヒラしてわからない・・・っか!


プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム