オニオンリングフライ

畑では玉ねぎの収穫が始まりました。

      DSCN2397_convert_20140531222653.jpg
今年は収穫量も、えんどう豆に続いてまたまたドッチャリです。
写真はほんの一部。 吊っておくのに適した場所がないので、カゴに入れて
倉庫に保管しておきますが、畑にはまだ30個ほどあるらしい・・・。
ネエネエ: 『玉ねぎはもうイイよ。』
近所、フラ友達にももらってもらい、次の和裁教室にはカートに玉ねぎを詰めて
ガラガラ引っ張っていくつもりです。 

オニオンスライス+カツオ節+味ポン酢は、もう夕食の定番・・・

DSCN2409_convert_20140531222840.jpg

今日は【オニオンリングフライ】を作りました。
玉ねぎの天ぷらと違うのは、
  ①天ぷら粉を溶く水の量は極少ない。( 衣の粘度大)
  ②①にコンソメ顆粒を少し入れて味をつける
  ③①にサラダ油も少し入れる
  
お味は如何?
ニイニイ: 『衣はサクサクして、モスのオニオンリングフライぽい。
       玉ねぎも美味しい!』
   夫: 『美味しい!』

   私: 玉ねぎをドンドン食べなくっちゃ! 



       
スポンサーサイト

ショック!ロックミシンが壊れた!

プレゼントを縫った後、ミシンを片付ける前にパウブラウスを縫っておこうと、
布を裁断し、順調にミシン掛け・ロックミシンで縫い代の始末を繰り返し・・・
ちょっと休憩。
さぁ続きを。
あれーェ? ロックミシンのペダルを踏んでも”ウゥーン”というだけで
送りも、針も動きません。 【ショック!ロックミシンが壊れた!】


DSCN2406_convert_20140530202116.jpg
ブラザーの”ベビーロックミシン”です。 もう25年以上使っています。
経験から、これは軽傷ではない・・・かなりの重傷だと思います。

ネットで近郊のミシン屋さんを探したら3軒ありました。
1軒目にTEL・・・留守でした。
2軒目 〃 ・・・遠くの営業所から返答 (近くの営業所は撤退との事)
          他のメーカーなので、ブラザーの商品だけど修理をしてもらえるか
          訊ねたら、OK。 でも部品の取り寄せが云々・・・。
          で、『ちょっと検討してみます・・・』とTELを切りました。
3軒目 〃 ・・・どこのメーカでも修理OKとの事。
          近々修理の方が家に来てくれることになりました。

余談: ずぅーと以前、洋服は洋装店で仕立ててもらうか、あるいは洋裁学校に
     行って自分で作るしかなかったので、ほとんどの家にミシンがありました。 
     最近は既製服が充実、それもお安く簡単に手に入れることができます。
     その為、ミシンは特に必要ではなくなり・・・
     リッカ―はつぶれ、ブラザーは今やPC関連機器が主みたいです。
     残るは蛇の目ミシンだけ?
     世の中、ドンドン変わって行いく~。   


主張費+修理費 ・・・・・ うぅう~ん ・・・・・
でも、このミシンは使い易くて、愛着もあります。
この際、大修理になっても、可愛がって行こう! 




らっきょ漬け

スーパーでらっきょが売り出されていました。
去年はパスしましたが、今年は【らっきょ漬け】を作りました。

      DSCN2393_convert_20140529194544.jpg
これまでいろいろチャレンジしてきました。
砂らっきょを塩漬け後甘酢に漬けたり、川津幸子さんお薦めの玄米酢漬け、
らっきょのワイン漬けも作りましたが、結局は原点回帰。それも簡単に。

・塩漬け後のらっきょ(1キロ)
・お多福のらっきょ酢(500ml・これでは足らないので味をみながら酢・砂糖・塩で
 甘酢を作りちょっと加熱して冷やして増量)
・唐辛子5本(写真時買い忘れ)

DSCN2400_convert_20140529194822.jpg
らっきょ漬けができました。 2,3日は時々、瓶を上下ひっくり返します。

1か月ぐらいしたら食べてみます。どうかな?

いろんなことを試しても、やっぱりオーソドックスな味が一番。
お口(味覚)も  もう~若くないのと 君に言い訳したね~  かも。

言い訳?   うぅ~ん・・・えぇ~と・・・らっきょ漬けの伝統の味を守ります  
                                  ハハハ  





フラ友へのプレゼント

髪飾りやレイのお礼のプレゼントを作りました。

        DSCN2389_convert_20140528210814.jpg

彼女は縫い物はしないので、プレゼントはパウスカートの袋に決めました。
持っている3枚のパウスカートは、ピンクと赤系と青系だったような気がする・・・

高田オークタウンの手芸店で、ワゴンの中、丁度3色のハギレが売っていました。
しかし、40㎝の長さしかありません(45㎝は必要)。 で、黒い布を足して、
ついでに”ピアノの鍵盤には黒でしょう”と 底の部分にも黒い布を縫付けました。

昨日、このプレゼント(+収穫した玉ねぎ)を渡したら、
フラダンス大好きさんの彼女: 『幸せ~。 こんな幸せでイイのかなぁ~。』   

とても気に入ってくれて・・・ヨカッタ。 ヨカッタ。 




フラ友からのプレゼント

少し前、フラダンスの友達から素敵な物をいただきました。

       DSCN2083_convert_20140528203508.jpg
彼女手作りのフラの髪飾りです。 
白い花がとても綺麗で・・・似合うんです。

       DSCN2084_convert_20140528203635.jpg
そして、これも手作りのレイと髪飾りとリストバンドのセット。

彼女は私と同い年、性格がとても可愛い人なんです。
着付けクラブにも、気の合うお友達が出来ています。
こちらに引越して丸2年、すこしづつ楽しさが広がってきています。



読みました㉖

最近は縫い物が忙しく、ほとんど本を読んでいません。
寝る前にコビットだけ【読みました㉖】

DSCN2395_convert_20140527202306.jpg

江國香織 『やわらかなレタス』  ★★★★

主に食べ物にまつわるエッセイです。筆者のこだわりが可笑しい。
特に面白かったのが、”鱈のこと”。
筆者は、魚では鱈が大好き。 鱈のことを次のように書いています。
『鱈は、でしゃばらない、控え目で、心根がよく、思慮深い魚だという気がする。』
『知性も品位もありそう』


他の魚のイメージも書いています。
鮭 ⇒ やさしそう
鱒 ⇒ すこしだらしがなさそう
鰯 ⇒ のびやかで陽気
かます ⇒ 几帳面
鰊 ⇒ 悲観的
ひらめ ⇒ 楽観的
おこぜ ⇒ 慎重そう 
鯛 ⇒ すこし意地悪そう
まぐろ ⇒ 率直に違いないけど、冷淡なところもある
鯵 ⇒ 真面目だけれど、やや自分本位
かわはぎ ⇒ ナルシスティック  


これまで 魚はそこまで考える対象ではなかったので、ビックリ!
でもイメージはなんとなく的を得ている気もします。

今夜食べた ほっけ は ⇒ ”お人好し” って感じがする  ハハハ

  


苺の氷菓 <イチゴ祭り最終版>

峠を越したイチゴの収穫も、いよいよ最終局面になってきました。
採れるイチゴもやや硬くなり、表面の粒々も黒っぽく存在感を出してきました。
イチゴもお肌の曲がり角を過ぎてしまった!

中にはきれいなイチゴもあるので、ジャム以外に
【苺の氷菓】として保存することにしました。

DSCN2355_convert_20140526223025.jpg
きれいに洗ったイチゴを、フードプロセッサーでつぶします。


DSCN2357_convert_20140526223155.jpg
 バットに薄く平らに入れ、
 冷凍庫で冷やし固めます。

 ちょっと、撹拌時間が長かったかな?
 果肉がほとんどないですね。



DSCN2359_convert_20140526223329.jpg
 今度は、フードプロセッサーを
 軽く押すだけにして、
 果肉を残しました






固まったらバットから取り出し、包丁で切ります。(最初は硬く感じますが、
案外簡単に切れます)  冷凍用のジップに入れて保存します。

DSCN2365_convert_20140526223454.jpgDSCN2375_convert_20140526223615.jpg
冷たいイチゴの氷菓の出来上がり。   牛乳と砂糖をかけて・・・
                         とけたらいちごみるく

【苺の氷菓】とカッコよく言ってますが、つぶして冷やし固めただけ~ェ
でも、今年の夏は いちごみるく で乗りきります 



     

ニンニクの醤油漬け

昨夜は、<イチゴまつり>をアップしようと思っていたのですが、
何だか体が・・・クラクラ  フンフン  

原因はニンニク?

      DSCN2380_convert_20140525095349.jpg
畑で収穫したニンニクです。(もっとあったのですが、既におすそ分けしました)
夫: 『作って欲しい野菜は?』
私: 『”買うと高いなぁ”と思う野菜。 イチゴとトマトとニンニク 』


      DSCN2386_convert_20140525095537.jpg
      作った【ニンニクの醤油漬け】です。

ニンニクを一粒一粒バラし、皮を丁寧に剥き、煮沸消毒した乾いた瓶に入れ
醤油を注ぐだけ。 
簡単ですが、皮を剥いている途中から ⇒   。
ゴロちゃんは、離れた場所に移動して、顔(鼻)を体にうずめていました。


一か月ぐらい待てば、出来上がり。
漬け汁の醤油は、中華料理などさまざまな料理に活用できるから楽しみです。
先ずは、焼飯からですね。




拒絶する ゴロちゃん


『お母さん、黒縁のメガネにかえてみたけど、似合う?』

       
      DSCN2353_convert_20140523200528.jpg

     『いつものお母さんと違うから、いやだ!』


            
 『ゴロちゃぁ~ん』 ・・・・・  ・  ・ 





メガネ ときどきイヤリング<オシャレの第一歩>

オシャレをしなくては・・・

DSCN2363_convert_20140522231318.jpg
 5年ほど前に買った黒縁メガネ
 このメガネをかけると
 視野が狭くなる?というか
 なんとなくウットウシイのです
 世間が見えなぁ~い、でお蔵入り

でも、夏に近づきギラギラ明るいのですから<オシャレの第一歩>の為
このメガネもかけてみることにしました。



img011_convert_20140522231411.jpg
              こんな感じ


今日、和裁教室に行ったら皆が : 『 若くなったねぇ!』


そして、ショートヘヤーだから、イヤリングをつけると明らかに
顔周りが華やかに・・・・・ときどき つけるようにします

オシャレの第一歩は進んでいます。   へへへ 





焼豚 <第2弾>

昨日は焼豚を作りました。
この前作った焼豚は、ちょっと納得がいかなかったので再チャレンジです。

      DSCN2347_convert_20140521201843.jpg
美味しそうでしょう。 焼いている途中からイイ匂いが充満 
・・・・・それは、甘めの漬けダレにしたからです。

今回の工夫点
①豚塊肉(肩ロース)は国産⇒アメリカ産に変更
  : 国産豚肉の方が断然美味しいのですが、脂身が多いので。(健康の為)
②豚肉に塩を振り、ラップで包んで、2,3日冷蔵庫で寝かせました。
  : 豚肉臭さを取る為 
③豚肉をキッチンペパーで拭いてから、タレに1日漬けこみました
  : 砂糖70g  醤油70cc  オイスターソース小さじ2 生姜のすりおろし少々
    もう少し砂糖多めの方がイイと思いますが (これも健康の為)    

焼き上がりが、上の写真です。
 

      DSCN2351_convert_20140521202106.jpg
メニュー
       ≪ 焼豚  自家製サニーレタスを添えて≫      (  ハハハ )


お味は如何?
  夫: 『 美味しい! これならお店で売れる! 行列はできないけど。』
  私: 『これ、コレ



もったいない話 <藍鼠の色無地>

着付けクラブの殆どのお友達が、『赤い着物ばっかりやね。もう着られへん!』
そう、若い頃に作ってもらった着物は赤やピンクの可愛い色柄。
子育てもほぼ終えて、やっと着物を着てみようと思った頃には『もう着られへん!』
【もったいない話】です。

余談: 親は娘には赤くて可愛い着物を着せたいものです。
     私も娘にピンク系を3枚縫いましたら、
     ネエネエ: 『もうピンクはいらないから。』 ・・・ハハハ

和裁を習っているから、
私の若いときのコート   ⇒ 娘のコートに仕立て直しました
  〃   黒絵羽の羽織 ⇒ 娘のコートに (予定)
        母の大島 ⇒ 私サイズに仕立て直して着ています
       義母の羽織 ⇒ 私のコートに    〃
何とか”もったいない”をなくすようにしていますが・・・


DSCN2331_convert_20140520213052.jpg
今、縫っている着物はお友達に頼まれた【藍鼠の色無地】です。
写真では青に見えますが、やや藍色が加わった鼠色です。


今の年頃になって着物を新調する場合、これからの事を考えて地味な色柄を
選んでしまいます。 ( ・・・・若い頃の着物の【もったいない話】を考えて)

ところが、着付けの先生(70代半ば)が私の地味目の着物を見て、
『私がこの着物を着ると、完全におばあさんになってしまうから着られへんわ!』

え?・・・これからの事を考えて選んだ地味目の着物は70代になると着れない?
え?・・・新【もったいない話】ですか?




連日のジャム作り <イチゴまつり>

一昨日もイチゴジャム作り

DSCN2327_convert_20140519224948.jpg
イチゴ1キロを使って、大瓶2個と小瓶1個
先日のプリザーブスタイルのジャムと合わせて、今日ネエネエに4個送りました。
保存が上手くいっているか心配なので、冷蔵庫からクール宅急便です。
ダイダイはイチゴジャムが好きらしいので、喜んでくれるかな?


夫: 『イチゴの収穫も峠を越した!』 と昨日言いましたが・・・
そして、今夜もジャム作り・・・・・
DSCN2338_convert_20140519225133.jpg
今日はイチゴ2キロ。  3回目となると要領もわかりドーンとこいです。
そして、保存方法もより確実になるよういろいろ工夫しています。

DSCN2345_convert_20140519225252.jpg
大瓶4個と小瓶1個とおまけが出来上がりました。

DSCN2339_convert_20140519230056.jpg
ちょっと疲れたので、バニラアイスにおまけのジャムをかけて試食。
『うふふ・・・美味しいワ  』 『あじゃ・・・夜は甘いもの駄目なのに 

DSCN2346_convert_20140519225547.jpg
夫: 『エンドウ豆も峠を越した!』 と言ってますが・・・
ついでに今日収穫のエンドウ豆も、サッと湯がいて冷凍にしておきました。
冷凍庫の中もエンドウ豆がいっぱい。 

土日来ていたニイニイ
  : 『あぁ~、1年分のイチゴ食べた!』  と言って帰りました。

我家の春は、イチゴ! エンドウ豆! そら豆!です。



パウノートの作成

フラダンスより、パウスカート・髪飾り・レイ等の衣装ばかりに気が
入り過ぎていては、本末転倒! 軌道を元に戻さなければと思っています。

ダンスを頑張らなくっちゃ・・・

DSCN2323_convert_20140517194128.jpg
 (左写真では見え難いですが)

 これまで 
 フラダンスの振り付けの順番を
 家に有ったスケッチブックに 
 適当に走り書きしていました

 

     DSCN2315_convert_20140517194259.jpg
習った振り付けをもっと丁寧に描きとめようと、【パウノートの作成】を
始めました。
ここで疑問・・・『 皆さんパウノートをどんな風に書いているのかな?』 

ネットで調べたら、
パウノートの形式を無料ダウンロードできるフラショップがあるではないですか!
ラッキー   B5のコピー用紙にたくさん印刷しました。
マスの中にある小さな丸は、頭部(顔)を表しています。 へぇー 

     DSCN2322_convert_20140517194421.jpg
今、練習している曲 ”亜麻色の髪の乙女” の振り付けを思い出しながら
パウノートに書いていきました。
工夫したのは、ブルーピンクに塗り分けた点です。
ブルー(後姿)⇒ 後姿だと左右反対にならないので、絵の通りに踊れば良い
ピンク(前姿)⇒ 顔の表情(ニッコリとか…)、胸前の小さな手の動きを表す

   これなかなかわかり易いんです 
   家での復習がすんなりできそう ・・・ うれしい 




苺ジャム <イチゴまつり>

連日のイチゴの豊作。 
ネエネエには2度送り、お隣、お友達にも食べてもらい・・・
う~ん、やっぱり保存は【苺ジャム】ってことで、作りました。


DSCN2298_convert_20140516190519.jpg
 ザルいっぱいのイチゴを使いました
 






DSCN2300_convert_20140516190648.jpg
 砂糖はイチゴの重さの半分
 ホーローの鍋がないので、
 ステンレスの鍋にイチゴを入れ
 砂糖を振りかけて丸1日、イチゴから
 水分が出るのを待ちました



DSCN2309_convert_20140516190807.jpgDSCN2310_convert_20140516190926.jpg
鍋を火にかけて煮ながら、アクを       ジャム作りと並行して
取り、弱火でイチゴの形が残っている     瓶を煮沸消毒しました
程度に煮て、イチゴの実だけ取り出し
ました。
煮汁を元の半分になるまで弱火で
煮込み、実をもどし、レモン汁(半個)
を加え少し煮て出来上がり!

熱湯消毒して乾かした瓶に、熱いジャムを、口いっぱいまで詰めて、直ぐに蓋をし
これを水の中につけて、急速に冷やしました。
こうすると気密性が保たれ長期保存が可能になるようですが・・・
上手くいってないような気がするので、冷蔵庫に保存しました。


DSCN2312_convert_20140516191255.jpg


果肉の形を残すプリザーブスタイルです。 2瓶しか作れませんでした。
イチゴが色白になってしまってますねェ ・・・ どうして? 
いつも通りの果肉のつぶれた方がいいかなぁ? 




苺ババロア <イチゴまつり>

今日もイチゴをたくさん収穫。
ニイニイが来たので、イチゴババロアを作りました。


DSCN2302_convert_20140515210620.jpg
 材料は
 イチゴ・生クリーム・プレーンヨーグルト
 グラニュー糖・ゼラチン





DSCN2303_convert_20140515210752.jpg
 作り方は簡単です。
 ①粉ゼラチン5gを、水大さじ3に溶かす
 ②それをレンジで30秒チンする
 ③ミキサーに、
  ②とその他の材料も入れて混ぜる



DSCN2304_convert_20140515210924.jpg
 容器に入れて冷蔵庫で
 1時間以上冷やし固める
 







      DSCN2306_convert_20140515211515.jpg
      周りにイチゴを飾って出来上がり!


お味は如何?
ニイニイ: 『幸せ・・・』 (出たぁ!・・・この言葉)
       『ババロアと言うより、イチゴムースみたい。これはこれで美味しい。
        飾りのイチゴと一緒に食べることによって、イチゴムースがより美味しい。』
       (あれぇ? このセリフ、去年ババロアを作った時も聞いたような・・・)

去年作った苺ババロアは、生クリームを泡たて、ババロア生地に苺を埋め込み
苺シロップを別に作って、出来たババロアにかけた手の込んだもの。
今年は、極簡単。 ムースぽいですが、美味しいです。 これもイケます 



パウスカート収納袋の収納

パウスカートはフワフワで楽しいのですが、置いておくのが大変。 嵩張ります。
連休中、ついでにパウスカートの収納袋もあと4つ作りました。

DSCN2293_convert_20140514195847.jpg
紫・赤・オレンジ2つ。  余った布が少なく、オレンジが2袋になりました。
袋を見ただけでどのスカートかわかるように、収納しているスカートの柄布を
少しだけ足してみました。

魚市場でマグロ が並んでいるような雰囲気 ・・・・・ハハハ


DSCN2295_convert_20140514200051.jpg
そして、着物箪笥の上が 丁度良い長さで空いていましたので、
そこを 【パウスカート収納袋の収納】場所にしました。

あぁ~、スッキリ!   




口紅&日焼け止め <オシャレの第一歩>

<オシャレの第一歩>次の取り組みは・・・

 普段ノーメイクの私ですが、これではいけないと反省。
①毎朝洗顔後、紅を差す(あぁ~昔風でイイ感じ)ことに決めました。
 三日坊主にならない為に、洗面所に口紅と紅筆を置きました。

②もう一つはこれからの日差しに向け、日焼け止めを塗ること。
 おでこのシミ取りをした時、皮膚科の先生にも『日焼け止めは塗りなさい!』
 と言われています。
 日焼け止めは顔に膜を貼ったような感じがして、苦手なんですが、
 最近、さらりとしている日焼け止めが発売されているので購入。 
 
 [資生堂サンメディックUV・薬用BBプロテクト・自然~健康的な肌色]
  SPF50+PA+++++ でかなり強力みたい。これも洗面所に常置。
 
img009_convert_20140513211805.jpgimg010_convert_20140513211907.jpg
        ノーメイク              口紅 & 日焼け止め


          やはり右の方が可愛いですよね・・・ハハハ

         



えんどう豆がドッチャリ

『これ、今日の収穫分!』って、台所に・・・

    DSCN2289_convert_20140512192830.jpg
今日一日だけで、剥いたえんどう豆がこんなにたくさん。
豆ごはんも、卵とじも、天ぷらも作ったし・・・どうしよう・・・
COOKPADを検索してもそれほど美味しそうなレシピは載っていません。

で、又々、”えんどう豆の天ぷら”をドッチャリ作りました。
残りは、サッと湯がいて冷凍しておきます。


≪思い出話≫
子供達がいる頃は皆よく食べたので、えんどう豆ご飯を作る場合
スーパーで売っている1パックでは足りません。2パックは必要です。
結構な金額に・・・いゃぁ、それならお肉か魚を増量!っとなります。
えんどう豆ご飯は年に1回だけ! ハハハ




読みました㉕

習い事がお休みだったので、私の連休は長かったような気がします。
最近やっと通常のリズムで過ごせるようになりました。
殆ど読んでなかった本も開くようになり、【読みました㉕】です。

DSCN2291_convert_20140512183337.jpg

左: 井上 荒野  『 切羽へ 』 ★★★

   ある女性誌のお薦め本に載っていました。(単行本ですが、中古本で安くGET)
   読みかけたのですが、ちょっと進みませんでした。
   『つやのよる』を読んでから、この本を読み上げました。
   第139回直木賞作品。 作者は、井上光晴の長女。

   全編感情や心の揺れ動きに、かなりこだわって書かれています。
   ”書いた言葉によって、書かない部分をより豊饒な言葉で埋め尽くす才能にたけた人”
   って、文庫の解説か?に山田詠美が書いているそうです。
   イイんだけど・・・

右: 井上 荒野  『 つやのよる 』★★★★

   こちらの方が面白かった。
   一筋縄ではいかない男女の関係を描いています。
   映画化もされたみたい。 知らなかった。




花と 財布と ?と

【花と】
DSCN2282_convert_20140511202847.jpg


















DSCN2286_convert_20140511203039.jpg
朝9時過ぎ、『ピンポーン』 『花キューピットです。』
ダイダイとネエネエから、花束のプレゼントが届けられました。

『 キャァ、うれしい~! 』
早速、花瓶に活けて特等席に飾りました。 
花束って幸せ感じるーーーー ・・・・・・・・・・・ありがとう!


【財布と】
DSCN2194_convert_20140511203201.jpg








DSCN2192_convert_20140511203340.jpg
ニイニイ: 『母の日にはちょっと早いけど・・・』

浅田真央展を見に行った時、ニイニイが財布をプレゼントしてくれました。
私の欲しかった財布を売っているお店が、なんばパークスにあるのを調べていて
連れて行ってくれました。

『 キャァ、うれしい~! 』
15年使っていた財布が傷んでしまって・・・しかし、良くモチマシタ。
プレゼントの財布はこれまた丈夫で、使うほど色が焦げ茶色になり光ってきます。
さぁ、何年モツカナ? 楽しみです。  ・・・・・・・ありがとう!


【?と】
私: 『今日は母の日だわ。』
夫: 『今日の夕飯は、簡単でエエよ。』(  プレゼントのつもり・・・か)
私: 『 キャァ、うれしい~! 』

今日の夕飯はレトルトカレー ・・・・・・・  ハハハ




初めての大衆演劇鑑賞

昨日の新聞に、奈良リビング(タウン誌)が入っていました。
そこには以前から一度見たかった大衆演劇の割引券が掲載されていました。

DSCN2199_convert_20140510194312.jpg
通常入場料1,600円が 5月9,10,11日の3日間のみ1,000円となっています。
行かなくっちゃ!・・・で、今日行ってきました。

DSCN2278_convert_20140510194435.jpgDSCN2200_convert_20140510194558.jpg

場所は、近鉄「大和高田駅」から2分の『弁天座』です。 やはり単車でブンブン。
12:00開演 5分前に入り座席は一番前中央(昨日座席予約しておきました)
席は約120席、ほぼ埋まっていました。(中高年女性ばかり、男性は3名ほど)

さぁー、始まりました。お芝居以外は写真撮影OKです。
たくさん素敵な写真を撮りましたので、ご紹介しようと思ったのですが・・・
うぅーん? コレってもしかして肖像権で駄目じゃないの?… 残念。



[大衆演劇鑑賞の感想]だけになりました。

・ 良かった。入場料3,000円位の値打ちがありました。
・ 男性が女装して踊ると、”女っぽい”と言われますが、否々”男”(仕事)を感じます。
・ 着物地は化繊でした。舞台ではその方が鮮やかに見えるのでしょう。
・ 口紅ですが、下唇をプックリ塗ると色っぽくなりますねェ。
・ 激しい照明と大音響で3時間は少々疲れます。
・ 通の人でしょうか、おひねりで10,000円札を役者さんの胸につけていました。
  このご時世に凄いですね。サクラ♪?
・ リピートは?
  隣の席のおばあちゃんは、一か月に18回は見に来ていると言っておられましたが、
  私は、その料金で月に1回、歌舞伎座に行くかも。 まぁ人それぞれですが。
  例えて言うなら、
  大衆演劇⇒コンビニで売っているケーキ(クリームはホイップクリーム)
  歌舞伎⇒パティシエが作ったケーキ(クリームは生クリーム)
  コンビニのケーキ18個より、パティシエが作ったケーキ 1個を食べたい。

他にもいろいろ感じた事、勉強になった事がありました。

しかし、初めての大衆演劇鑑賞・・・行って良かった! 面白かった!  



今年もイチゴ祭り

第1農園ではイチゴが・・・・・【今年もイチゴ祭り】が始まりました。

       DSCN2279_convert_20140510185644.jpg
写真は今日の収穫分です。
昨日の収穫分は、エンドウ豆・空豆・山蕗の佃煮と同梱して、
クール宅急便でネエネエに送りました。

ネエネエの電話: 『 甘くて凄く美味しいわ! 』 ……⇒ 夫: 満足顔        

そしてそして、今年もちっちゃな 々  をもらえるゴロちゃんも満足顔 





クローゼットの整理 <オシャレの第一歩>

<オシャレの第一歩>の第二関門は、【クローゼットの整理】です。

こちらに引越してくる時点で、将来 親の持物の整理に子供達が困らないよう、
(もったいないですが)思い切って、私の箪笥は私が処分しました。
だから、このクローゼットを有効活用しないといけないのですが・・・


DSCN2180_convert_20140509185919.jpg
 [整理前のクローゼット]
 
 なんかゴチャゴチャ汚いですね
 
 まだ、コートも・・・
 
 痩せたら着れるかも?と残している服も
 しかし、もう何年も着ていない・・・

 下段右のカラーボックスは化粧道具置き
 (三面鏡も老前整理で処分しました。
  普段、ノーメイクだから・・・
  あっ! おしゃれ!おしゃれ!)



DSCN2196_convert_20140509190048.jpg
 [整理後のクローゼット]
 ・冬物は洗濯後コンテナに収納
 
 ・これからも着ないだろうと思う服は
  思い切って処分しました。
 
 ・新たに、引出し式の浅型の衣装ケースを
  4段購入。下着、Tシャツを畳んで、
  立てて、並べて収納。
  これが、ヨカッタ!
 
 ・下段右のカラーボックスには
  百均でプラスチックのカゴを5個購入して
   カゴ毎に、テーマを決めて収納しました。


 う~ん、スッキリしました。 そして何より使い易くなりました。

      第二関門突破しました! 




オシャレの第一歩

最近、この歳になってオシャレに関心が・・・

原因: 
① フラダンスでふわふわスカートを着るようになった…ワクワク! 
② 舞台に出る時の化粧を先生にしてもらったら…ワォ!  変身だ!
③ フラ・着付け・和裁の先生がそれぞれオシャレでカッコイイ 
④ ちょっと痩せたので、ピチピチズボンが楽に穿けるようになった 
  ・・・などなど。

私も、少しずつオシャレをしていこう…
が、 ここで問題 『クローゼットが使い難い!』
で、 【オシャレの第一歩】は、クローゼットを使い易くする事 となりました。

      IMG_2253_convert_20121204110454.jpg
[これまで] ベッドの足方向にクローゼットがあります。
       開きますが、扉前の空間に余裕がありません。ベッドの置き方が問題! 

      DSCN2177_convert_20140509185400.jpg
[現在] ベッドを出窓と平行になるように移動。
     テーブル・椅子をこれまでのベッドの位置に置きました。

      DSCN2178_convert_20140509185624.jpg
[現在] 椅子をずらすだけで 
     クローゼットの前の空間が大きく使えるようになりました。

       第一関門突破しました! 




浅田真央展

昨夜の電話
ニイニイ: 『明日、休み。 この前行きたいって言ってた【浅田真央展】に行く?』
   私: 『行く、行く。』

難波高島屋で[感動をありがとう!! Smile 浅田真央23年の軌跡展]が
5月1日 ⇒5月12日開催されています。
真央ちゃん大好きなんです。2005年グランプリファイナルの『くるみ割り人形』を
見てから・・・(真央ちゃんの卵型の顔とネエネエの卵型の顔が似てるように思って・・・)

DSCN2185_convert_20140508185137.jpg
10時過ぎに高島屋7F特設会場に着いたのですが、すごい人。
ゴールデンウイーク中なら、とても見られる状態ではなかったのではと思いました。

展覧会では、浅田真央の23年間の活動の軌跡を、写真パネル約100点、衣装約30点、
メダルなどで紹介されていました。
中でも、衣装(コスチューム)全点、素晴らしい!!!
デザイン、色、縫製、装飾・・・妥協なしですね。

会場の終盤、大型テレビでソチオリンピックフリーの演技をずっと放映していました。
4分間の演技が終わったら、見ていた人々が拍手。 今見ても感動です。

真央ちゃんの希望で入場は無料。 当然、写真撮影禁止。
でも、真央ちゃんの等身大パネルとの撮影コーナがあって、高島屋の女性店員さんが
お客さんのカメラで撮ってくれます。
これも、列が出来ています。・・・並びました。(上の写真です。)

ニイニイ: 『あんまり興味ないけど、これなら入場料300円位払ってもいいなぁ。』


DSCN2190_convert_20140508185306.jpgDSCN2189_convert_20140508185426.jpg
その後、なんばパークスでお昼ご飯を食べ、ある店に行きました。
ある店のことは、”母の日”迄 ・・・・・ 。





パウスカート <夏バージョン>

連休後半はミシンにはまって、パウスカートを2枚作りました。

この前の<同窓女子会>の参加者5名の内、フラダンスを習っているのが3名。
6割?  中高年に人気なんですね。 (そう言えば、ダイダイのママもだ!)
1人は7年、私は半年、もう1人は始めたばかり。

初心者の彼女にパウスカートをスマホで見せたら、縫って欲しいと頼まれました。
彼女制作の[一閑張り]の籠をお土産にもらったので、お礼を込めて
彼女のイメージで、【パウスカート<夏バージョン>】を作りプレゼントしました。

DSCN2167_convert_20140507231544.jpg

最近はオーガンジーを重ねるのが流行って来ているようです。
とても素敵な薄水色のオーガンジーが[アルルのパンドラ]で売っていました。
透き通った所に薄く色がかけられています。 ピンク・黄色・薄紫・・・
その特徴を生かすために、下の生地は白を選びました。
ウエスト部分は、オーガンジーの水色によく似た色の無地です。

彼女は気に入って、とても喜んでくれました。

そして、生地が半分ずつ残ったので・・・私のも・・・作りました・・・

彼女は、かの地でフラフラ~。  私は、奈良でフラフラ~。



コウモリとの戦い

今朝、2階のベランダに出て見ると・・・

DSCN2174_convert_20140506192726.jpgDSCN2175_convert_20140506192851.jpg
また、糞が落ちている      見上げてみると唐辛子の入ったお茶パックの
                 横に黒くて丸いモノが・・・居る・・・

去年撃退したのに又々コウモリがいます。 戻ってこなくていいのに・・・
軒下三寸(小さくなっているから一寸だ)を貸すことは構わないのですが、
糞が困ります。 フンと笑っておられません。

去年いろいろ策を練り、蚊取り線香作戦失敗、虫よけスプレー作戦失敗・・・
最終的に、
お茶パックに唐辛子を詰めて、[ゴミばさみ]で挟み コウモリがいるトユの端に
無理やり突っ込もうとしたら・・・・・ 

ギヤッーーーーーーー!
   
img009_convert_20140506193009.jpg
コウモリが私を目掛けて飛んで来ました。(まぁ、偶然ですが)
黒くてベルベットのような感触が・・・・忘れられません。

で、どうしよう・・・今年も【コウモリとの戦い】はつづきます・・・




飛鳥大仏に会いに

少し前、【飛鳥大仏に会いに】行って来ました。

中学1or2年時の遠足で一度見た飛鳥大仏ですが、その時
私の横にいた美術の女の先生が『だいぶ顔をさわってはるわ。』とボソっと呟いたのを
思い出し、もう一度ゆっくり見たくなりました。


DSCN1780_convert_20140505211039.jpg
 ブゥン、ブゥン単車を飛ばし
 30分ぐらいで明日香村に着きました。
 のどかな田園風景
 明日香はレンタサイクルでまわるのが人気
 でも、単車が一番! ブン ブン



DSCN1784_convert_20140505211219.jpg
 飛鳥寺の山門です。
 「飛鳥大仏」と刻まれた標石は
 江戸中期に道しるべとするために建立
 
 台座は創建当時の建物に使われていた礎石
 を転用したと考えられてるらしい・・・


DSCN1801_convert_20140505211358.jpg
 
 飛鳥寺の本堂
 (小さいですよ)






DSCN1785_convert_20140505211534.jpg
飛鳥大仏様にご対面。 とても嬉しいことに、ここは写真撮影OKなんです。
お寺の方が気持ち良くいろんな話をしてくれました。
大仏様を右側から見ると、強く、凛々しく

DSCN1787_convert_20140505211700.jpg
大仏様を左側から見ると、優しく、慈悲深く 見えると。


DSCN1792_convert_20140505212126.jpgDSCN1797_convert_20140505212251.jpg
台座も痛々しい・・・       大きな赤い提灯があって良かったかも

DSCN1807_convert_20140505212416.jpg

DSCN1809_convert_20140505212542.jpg
 境内には鐘楼があって、
 『上は有頂天より 下は奈落の底まで
 響けよかしと 念じて 静かに一度』
 と書かれてました。

  ・・・・・・・・念じて静かに一度、鐘を撞きました。


飛鳥大仏は現存最古の仏像で名高いですが、
平安・鎌倉時代の大火災で全身罹災、補修跡も痛々しいです。
当然、まわりの脇侍や光背もなく寂しい大仏様ですが、
造立当初の位置に明日香村にそのまま鎮座。
ずっと世の中の栄枯盛衰を見つめて来ておられる。

  ・・・・・・・右側から見た凛としたお顔が印象的な 飛鳥大仏でした。




お揃いだよ。 ゴロちゃん

最近、ミシンにハマっている私です。
昨日は夫がゴロちゃんをシャンプーしている間に、ガッーと
ゴロちゃんの布団カバーを縫いました。

DSCN2162_convert_20140504110050.jpg
紫のチェック・・・⇒ そう、パウスカートの残り布が丁度良い大きさでした。

DSCN2165_convert_20140504110240.jpg
  【お揃いだよ。ゴロちゃん】
   
  嬉しい?


布団カバーを洗濯したり、新調すると最初必ず ”クンクン”匂います・・・
昨日も ”クンクン”していました。 やっぱりね。




プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム