白いとうもろこし

お隣さんから、白いとうもろこし”ピュアホワイト”をいただきました。

      DSCN3013_convert_20140830225938.jpg
北海道からお取り寄せしたそうです。

      DSCN3016_convert_20140830230127.jpg
皮を剥いでいくと、でてきた粒は黄色ではなくてオフホワイト。キレイです。

     DSCN3017_convert_20140830230243.jpg
生で食べれるそうで、冷蔵庫で1時間ほど冷やすとより一層美味しいと
チラシに書かれていました。
ラップに包んでレンジで3分ほどチンして、塩をパラパラして食べてみました。

ニイニイ: 『 美味しい! フルーツ見たい。 』

私: 美味しいです。 甘さが半端じゃないです。
    こんなとうもろこしがあるなんて・・・。

夫: 『 こりゃ、美味しいとうもろこしや。来年作るわ。』


白いとうもろこしを作る場合:
白いとうもろこしの種を植えても、他の種類のとうもろこしの花粉を受粉してしまうと
白いとうもろこしにはならないようです。
とうもろこしの花粉は300m位は飛ぶようですから、注意が必要ですね。
夫は、受粉頃には紙カバーをつけるから大丈夫と言ってます。

さぁ、来年白いとうもろこしを食べることが出来るでしょうか?・・・楽しみ~。




スポンサーサイト

夜の訪問者 No.2

去年の夜の訪問者は可愛いカエルでしたが・・・

      DSCN3011_convert_20140830004256.jpg
昨夜、リビングの窓に何かいる気配 ・・・ ヤモリがぺったり。
今年の夜の訪問者はヤモリでした。
急に気温が下がったので行き場に困ったのでしょうか?




よしこさん 着物を着る

先日から我家に来た”よしこさん”。
ずっと裸のままでしたが、やっと今日着物を着せました。

DSCN3005_convert_20140828210012.jpg

DSCN3006_convert_20140828210132.jpg

DSCN3007_convert_20140828210211.jpg
  よしこさん
           肌襦袢・裾よけ・胴回りの補正
                             長襦袢
                          

      DSCN3010_convert_20140828210244.jpg
着付けクラブで使っている着物で、着付けの練習・・・。
う~ん。
困ったことによしこさんは私よリ細いので、着物の身巾が大き過ぎるのです。
着付けの初心者としては、まずはピッタシサイズで練習したいのです。

ネエネエの着物なら丁度良いと思いますので、
今日は帯結びの練習はしないで、ここで終了~ 

あらら、上前の褄をもっと上げないと・・・。




期間限定のアイス

スーパーでハーゲンダッツの期間限定アイスを見つけました。

      DSCN3004_convert_20140827212038.jpg
”和栗” と ”珈琲バニラ” です。(3個よりどり500円でした。)
お薦めは ”和栗” です。 
ハーゲンダッツには珍しい和のテーストたっぷりのアイスクリームです。
秋を先取り・・・余計に美味しく感じます。  




乾燥よ ゴロちゃん

その後、ゴロちゃんの耳の調子は良くなりましたが、
タレ耳の為蒸れるので、耳の中は常に注意しなければなりません。

      DSCN2996_convert_20140826205106.jpg

偶に耳のフタ?を開けて、『 乾燥よ ゴロちゃん 』 をしています。
が、耳を触るとどこかに行ってしまいます。


基本からやり直し

和裁を習い始めてもう13年。 着物をたくさん縫いました。
次は、もっときれいに縫えるようになって行きたいと思います。

が、今のままでは無理! ・・・・・ というもの私の運針は自己流です。
基本の運針を身につけなければ、針が布に対して直角に入らないし
針目の大きさが完璧に揃わないし、縫うスピードも早くなりません。


それで運針を一からやり直すことにしました。
和裁師(男性)がYouTubeに運針の方法をのせておられるので見本にしています。

      DSCN2992_convert_20140825223312.jpg
用意したのは、半分に折ったまめ手ぬぐい ・ 針 ・ 糸 ・ 指ぬき。

まめてぬぐいは、以前住んでいた所の夏祭りでもらったものですが、
黒まるを線代わりに使えるから便利。

      DSCN2993_convert_20140825223343.jpg

今までの布の持ち方・針の持ち方と違いますので、全く駄目です。
右手の親指と人指しがつりそうだし、手首が腱鞘炎になりそう・・・

でも時間を見つけては、まめ手ぬぐいをチクチクします。
   
      トリプルアクセル 飛べるかな? 




一閑張のバッグと籠

飛騨高山に住む友人が、一閑張のバッグと籠を作って送ってくれました。

      DSCN2984_convert_20140824102123.jpg
左: 柿渋で仕上げた大きな籠です。
右: 漆を3回も塗ってくれたバッグです。


      DSCN2987_convert_20140824102158.jpg
着物を来た時に持つバッグで、
『紐と中に入れ込む巾着は自分好みに作ってね。』と手紙に書いてありました。

一閑張は一貫(3.75㎏)の重さにも耐えるほど丈夫なのが由来なので、一貫張と
漢字を書く地方もあるそうで、
その上に、漆をしっかり塗ってくれているのでとても丈夫そうです。

浴衣に持つだけでは勿体無いので、紐と巾着をいろいろ作って年中使えるようにします。

      
      DSCN2990_convert_20140824102234.jpg
『大きめの籠はゴミ箱にでも使って』 とありましたが、
いえいえとても素敵な籠ですから、ゴミ箱にはできません~。

一閑張のバッグと籠を頂いた嬉しさ・・・
”物を作る楽しさ”を分かち合える友人がいる嬉しさ・・・
      嬉しさをいっぱい感じた昨日でした。 



”よしこさん”来たる

着付けクラブで習って帰っても、次回行くとほとんど忘れている状態です。
復習をしないと身に付かないし、自分で着物を着る「自装」からいよいよ他の人に
着せる「他装」になってきたので、なんとかしなくては・・・
で、着付けボディーをネットでいろいろ調べて、『エェイ!』と注文してしまいました。

      DSCN2980_convert_20140822220426.jpg
今日の午後届きました~。
      
      DSCN2983_convert_20140822220457.jpg
思っていた以上に良い商品です。 
夫が組み立ててくれましたが、出来上がった時に挨拶代わりにおっぱいをナデナデ。 
やっぱりね。絶対そうするだろうと予想してました。ハハハ

私: 『名前を絹子さんにするわ。』
夫: 『イマイチやな。』
私: 『じゃぁ、どんな名前がイイ?』
夫: 『よしこさんやな。』
私: 『♪よしこさん、キッスさせて~♪になるやんか。三平やん。』

とかなんとかで・・・結局、”よしこさん” に決定! 

『うれしいなぁ~、最初は何を着せようかなぁ~』 
      着せ替え人形と勘違いしていますねェ ・・・・・




スイカの浅漬け

ブログ友達のレモネードさんが、スイカの浅漬けを紹介されていましたので、
私も作ってみました。

      DSCN2970_convert_20140821232041.jpg

スイカ(ガブリガブリしないで、包丁を使いました)の残った所を利用。
皮を剥いて、白い所を適当な大きさに切ります。(ちょっと赤い所も残すとキレイ)
ポリ袋に入れて、塩をパラパラ。 一晩置きました。

お味はいかが?・・・ポリポリ、歯ごたえがあって美味しいです。
            塩加減が丁度良かったみたい。 
            赤い所がちょっと甘くて・・・ イイですね。 



  
 
           

ストックがたくさん

家庭菜園の野菜ですが、一度にたくさん採れるので食べきれません。
無駄にしないよう何かしら保存進行中・・・

DSCN2973_convert_20140820205314.jpgDSCN2929_convert_20140820205221.jpg
赤唐辛子は乾燥させて。        ゴーヤはお茶に。
まだこれの2倍はあります。       お茶作りちょっと手間ですが・・・。
       
DSCN2974_convert_20140820205349.jpg

赤唐辛子: 冬の”白菜漬け”などに使いますが、これだけあれば十分です。
        まだ干している分と、畑で生っている分はどうしましょう・・・。

ゴーヤ茶: 毎日ペットボトル500ml×3本沸かして、冷蔵庫に入れてます。
       飲みなれてくると苦味も美味しく感じられ、スッキリ感が良いです。
       しかし、ホットゴーヤ茶は苦味がきついので・・・私は苦手。 
       どんどん作っていますが、全部飲みきれるでしょうか・・・。




『ゴロちゃん、シィー 』

盆前、ゴロちゃんの耳の調子が悪かったので、動物病院に連れて行きました。
炎症止めの注射・点耳薬・飲み薬で耳は良くなったのですが、
飲み薬の副作用で、困ったことになりました。

喉が渇くのかいつもの3倍は水を飲むようになり、それに伴ってオシッコの量が・・・
いつもはお利口さんなのに、

    『キャァー、ゴロちゃんダメ~』

あわててゴミ箱で受ける始末。

      DSCN2966_convert_20140819203853.jpg
オシッコは散歩の時に外でするように躾けていますが、室内でも出来るように
トレーを用意しました。大型犬用で大きさは94㎝×64㎝。

     『ゴロちゃん、シィー 』
     『ゴロちゃん、シィー 』
     『ゴロちゃん、シィー 』

  いまだシートは真っ新のまま、散歩の回数を増やしてます・・・ 




メートル・尺のメジャー

ちょっと便利な物を見つけました。

      DSCN2961_convert_20140818195937.jpg
メートルと尺が裏表になっているメージャーです。

ヤフオクで好みの反物を見つけても、反物の巾が狭くて裄丈がサイズ不足で
駄目な場合があります。 
ヤフオクでは、着物に関しては多くはcm表示で書かれていますので、
尺に計算しなおして確認したりしています。
でも、面倒なのでネットに載っていた換算表を利用していました。(写真左)

見つけたメートル・尺メジャーはその手間が省けてとっても便利。
多くの人には必要ない物ですが・・・ 



読みました㉛

読んだエッセイがよかったので、小説も【読みました㉛】。

      DSCN2965_convert_20140817201314.jpg

左: 唯川 恵  『 肩ごしの恋人 』 ★★★
  
    第126回直木賞受賞作品。 う~ん、まぁ良かったかなぁ~。
    エッセイからもうちょっと期待していたのですが・・・    


右: 唯川 恵  『 愛に似たもの 』 ★★

    う~ん。 読んだ内容は・・・・・もう忘れてしましました。




鹿にかまれた・・・

ランチとスイーツの後は、奈良公園をぶらぶらしました。

DSCN2947_convert_20140816195456.jpg
ニイニイが鹿せんべい(150円)を買って、小鹿にやっていました。

DSCN2952_convert_20140816195534.jpg
大きな角を持つ鹿も来て、煎餅をおねだり。

その大きな鹿にせんべいをやっていたら、 『痛い!』
DSCN2955_convert_20140816195656.jpg
ニイニイは最初の小鹿にお腹を2回も噛まれました。 
Tシャツの上に鹿の歯形が残っています。

『アー痛かった』 『お腹出ているからよ。』 『そうとも言える』と笑いながら、
JR奈良駅に向かいました。

    お盆休みの、ちょっとヨカッタ遠足でした。



奈良でランチとスイーツ

興福寺国宝館を出て、東大寺門前”夢風ひろば”でランチとスイーツを食べました。
夢風ひろばの入口は小さいですが、奥に13店舗あります。

DSCN2938_convert_20140816120830.jpg 選んだお店は[幡ーINOUE]
 
 お昼ご飯は軽めが良いというので
 なんとなくここに決めました。


 


      DSCN2937_convert_20140816123706.jpg
注文したのは鶏天丼。 天麩羅下のご飯は古代米です。
好みの量のタレ(天つゆ)をかけれるようなっています。
丼のご飯が古代米ってどうかな?と思いましたが、美味しかったです。 

DSCN2944_convert_20140816121453.jpg 
 次はスイーツのお店
 同じ夢風ひろばにある[黒川本家]に
 行きました。
 黒川本家は大宇陀松山地区で
 1615年より吉野葛を作っている老舗。
 東大寺店として夢ひろばに
 葛を使った創作料理や甘味のお店を
 出したのですね。
 
 葛湯や葛きりが大好きなので
 ここにしました。




DSCN2939_convert_20140816121205.jpg
ニイニイが注文した”葛きりセット”です。(黒蜜・葛の干菓子・ほうじ茶付き)

お味は如何?  
ニイニイ: 『今まで食べていた葛きりと全然違う。歯応えと弾力があって
        蜜との相性も抜群。 美味しい!』
ちょっと味見した私: 『美味しい。究極の葛きりやわ。
              こんなん食べたら他の葛きりを食べられへんわ。』
          
      DSCN2940_convert_20140816123535.jpg
私が注文した”葛グランマンジュセット”、飲み物はコーヒー。
上にかけるソースを選べるのですが、ラズベリーにしました。
この葛グランマンジュもとても美味。 でも、コーヒーはイマイチでした・・・。

     DSCN2942_convert_20140816154723.jpg
折角だから、葛湯も注文。
葛湯もここまでやさしく上品に作られたら、『参りました!』 としか言えません。

昔から 『奈良にうまいもんなし』 って言われていましたが、
いえいえ最近は違って来ているようです。



阿修羅像に会いに

ニイニイ: 『阿修羅像は見たことがない・・・』
てことで、今日はニイニイと奈良へ阿修羅像に会いにいきました。
      
      DSCN2934_convert_20140815215616.jpg
先ずは、JR奈良駅前の観光案内所のせんと君にご挨拶。
この方向から写真を撮ると、せんと君が照れているように見えます・・・ハハハ

      DSCN2956_convert_20140815215740.jpg
阿修羅像は興福寺国宝館に展示されています。

DSCN2936_convert_20140815224648.jpg




DSCN2957_convert_20140815215914.jpg
 国宝館の入口 と 入場券(大人:600円)です。


ニイニイ: 『いやぁ、阿修羅像はやはり美しいけど、
        旧山田寺仏頭を見れてよかった。』

私: 今回で3回目の興福寺国宝館です。
    何回見ても阿修羅像は美しいし、「十大弟子立像(国宝)」
    「木造天燈鬼・龍燈鬼立像(国宝)」 「銅造仏頭(国宝)」
    中央に鎮座する5.2mの巨像「千手観音立像(国宝)」・・・
    数々の見事な仏像。 
    何度来てもやはり”凄い”としか言えません。




リサイクル着物のその後

DSCN2906_convert_20140813210506.jpg 
 
 着物リサイクルショップで買った着物を、
 和裁教室の先生に見てもらいました。
 先生: 『3枚ともイイやんか―。上手に買ってるわ。』 

     
     DSCN2921_convert_20140813210639.jpg
一見寝巻みたいな柄の紬ですが、先生はこの柄がお好きみたいでした。
『若い子がこれに赤い帯を締めたら素敵よ。』 ・・・(若くないけど着ます・・・)
紬ですから、解いて家でエマールで手洗い。アイロンをあてて写真の様な状態に。

      DSCN2916_convert_20140813210810.jpg
着丈が足らないので、元の[衿肩あき]から繰越し(7分)の位置で、
もう一本[衿肩あき]を切りました。 元の衿肩あきは衿の中に隠れます。
着丈を7分長くすることが出来ました。これは”切りくりこし”という方法です。

      DSCN2923_convert_20140813210939.jpg
一番お気に入りの夏大島は着丈が4尺です。
揚げが1寸6分×2 ありましたので、私の着丈4尺3寸にすることが
できます。 袖丈、前巾、後巾も大きくする必要があるので、
着物自体は全く汚れてはいませんが、結局、解いて洗い張りに出して
仕立て直した方がスッキリ綺麗に仕上がると結論がでました。

解くのがもったいないぐらいの見事な仕立て方なので、
少しずつ丁寧にほどいて、この着物  に勉強させてもらいます。


紗の小紋: バチ衿⇒広衿にします。 ついでに、前巾を5分広げます。

       さぁ、忙しくなってきました~ぁ。




ツーリングのお土産

夫とニイニイが125cc2台で吉野黒滝村と洞川温泉にツーリングに行きました。
二人: 『お土産は何がイイ?』
私: 『帯留めに出来そうな木工細工のブローチ!』

    DSCN2915_convert_20140811213914.jpg
その【ツーリングのお土産】です・・・

前列中央: 猪肉のコロッケです。牛肉コロッケよりあっさりしていて美味しい。
        でも、1個190円!
前列缶詰: 鹿肉の缶詰(醤油味)と猪肉の缶詰(味噌味)です。
        夕食時、鹿肉の缶詰を食べました。
        お味は如何?
        ニイニイ: 『うまい!』
           夫: 『pass』・・・食べる前から苦手
           私: なかなかイケます。脂っぽさがなくヘルシーな感じ。
                上手に味付けされています。

黒滝村の道の駅まで約1時間、そこから洞川温泉まで約20分。楽しかったようです。

   『お母さんも125ccの免許取ったら良いのに。』  ⇒  『うぅーん。』




急に老けた ゴロちゃん

ここ最近、急に老けた感じがするゴロちゃん・・・      

      DSCN2831_convert_20140810225701.jpg

ゴロちゃんの生年月日は2004年3月18日ですから、満10歳。
あちこちに老いが見られます。
私の事を ”お母さん” と思っているようですが、私より年上になってしまって・・・。
ガンバレ!ゴロちゃん。


読みました㉚

今日発売で 【読みました㉚】。

      DSCN2912_convert_20140809235602.jpg

高田郁  『天の梯 みをつくし料理帖』  ★★★★

みをつくし料理帖シリーズの完結編です。
このシリーズ5年前から読み続けましたが、可愛い小説です。
可愛い小説だから、最後は収まるところに収まりますね。


半月程前、ラジオで8月9日に発売と聞いていましたので
午前中に買って、台風を待ちながら、先程読み終えました。
台風は時速15キロ ・・・まだ太平洋上です・・・ 






船場センタービルへ

今週は習い事がないので、昨日はブラブラ大阪へ。行った所は船場センタービル。
ここは40年程前に何度か母と着物を買いに行った所です。
今も着物店が多いですが、洋服店の服はちょっとおばさん向きですね。

ネットで調べると着物リサイクル店が5店舗ほどあるようです。
ブラブラのぞいてみました。

あるお店でハンガーに掛かっていた着物を見ていたら、店のおじさんが
『今商品が5箱来たから、箱の中から好きなもん選んだらイイよ。』
暫くしたら、着物を洋服に作り変える趣味の女性二人も加わって、3人で
箱をひっくり返しワイワイがやがや。 あれがイイとかこれはアカンとか・・・


DSCN2906_convert_20140808195635.jpg
勝利品の3点です。

DSCN2907_convert_20140808200215.jpg  これは別のお店で購入。
 私:『これ夏大島ですね。』
 店員さん:『じゃないです。大島はもっとゴワゴワ
        してます。』
 いえいえ、これは上等の夏大島です。
 未使用みたいで、仕立てもピカイチです。 ヤッタネ!


DSCN2908_convert_20140808200346.jpg 下前衽にシミがあったので
 おじさんが500円にしてくれました。
 
 紬ですから解いて家で洗濯。
 その後、myサイズに仕立てかえます。
 衽を上下ひっくり返したらシミは隠れると思います。
 

DSCN2909_convert_20140808200540.jpg 紗の小紋です。
 アンティークぽいですが、
 はおってみるとなかなか素敵です。
 これもTシャツ価格にまけてくれました。
 柄の置き方が良いんです。
 参考になります。

      あーー 楽しかったぁ~
        (でも・・・親が用意したであろう着物がちょっと可哀そうだった。)



 
 

ペディキュア <オシャレの第一歩>

この前電車に乗った時、女性の足元を観察・・・ 

やはり夏はサンダルの人が多いですね。
若い女性の多くはペディキュアをしているから、サンダル履きでもスッキリ。
中には、ストーンを乗せたりとゴージャスな足爪の人も。
サンダルに素爪(ハハハ)だと、足元が哀れな感じ~。

私はマニュキュアは何年かに一回塗る程度(結婚式に出席する時とか)で、
持っているのは既に固まっている状態。
夏ぐらいは、ペディキュアをしようと近くのドラッグストアーへ
いつもの綺麗な店員さんに、安くてペディキュア向きのマニュキュアを教えてもらいました。

DSCN2903_convert_20140806200600.jpg 『足だから無難なピンクや赤より
 青や紫 or ラメ入りにした方が
 素敵ですよ!』 と店員さん。       
 で、
 資生堂のインテグレートの
 グレーのラメ入りにしました。
 
       DSCN2905_convert_20140806200245.jpg

塗って、ツッカケ(家履き用のサンダル)を履いて写真を撮りました。
ちょっと無難だった・・・か・・・なぁ・・・ 



見事失敗!化繊なのに縮んだ!

盆開けまで着付けクラブがないので、長襦袢を洗濯しました。
去年の夏、着付け教室で練習していると汗タラタラ。
急遽、手軽に洗濯できるようにと縫った化繊の絽の長襦袢です。

去年の秋口に、洗濯をしたら上手くいきました。
洗濯方法: 畳んでネットに入れる。洗剤はエマール。手洗い。

『化繊の着物は洗濯機にポイよ。』 て聞いたこともあるので、
今回、ネットに入れて洗濯機にポイしてみました。

結果・・・ ガーン!・・・見事失敗! 
縮んだ!縮んだ! 着丈は20㎝ 、袖丈は8cm位縮みました。
テンテンになっちゃいました。 

原因の一つは、絽だから目が詰まったのです。
アイロンをかけて伸ばしてみたのですが、半分伸びただけ。


で、今日再び水につけました。
      DSCN2889_convert_20140805211410.jpg
ネットに入れて、水を充分に含ませ、脱水1分。
伸ばしながら着物ハンガーに干しました。
半乾きの時にアイロンをかけて、再度干したのが上の写真です。

ある程度丈は戻りましたが、ヨレヨレになってしまいました。
秋になったら、洗い張りに出して縫い直さなくては・・・
丁寧に扱わなかった反省を込めて、それまではヨレヨレで練習します  





帯留め作り

着付けの先生が帯留めを多用しておられますが、とても素敵です。
私も帯留めを使ってみたいのですが、気に入ったものを買うとなると・・・
帯留めというものがわかるまで我慢、我慢。

で暫くは、お手製の帯留めで楽しもうと作ってみました。
      DSCN2873_convert_20140804214600.jpg
リサイクルショップで帯留めに使えそうな格安ブローチを3個買ってきました。
左: ニイニイが ”目”みたい・・・と酷評。
中: 裏に”トシカネ”名有り 、材質とか不明。
右: ヤツデかな? 素材はべっ甲。 もし緑玉が翡翠ならもうけもの ハハハ
下: ネットで帯留め用の金具を買いました。

DSCN2874_convert_20140804214720.jpg ブローチの裏側です。
 先ずは、ブローチの金具を
 外さなければなりません。



 
 

DSCN2875_convert_20140804214840.jpg 夫が、ペンチやヤスリを
 使ってきれいに取ってくれました。
 特に帯締めの糸が引っ掛からないよう
 切り跡の出っ張りをなくしてくれました。





DSCN2876_convert_20140804215002.jpg 接着剤は 
 セメダインスーパーを使いました。
 この前のグルーガンでは接着力が
 足らないと思います。


 




DSCN2883_convert_20140804215132.jpg 接着力は強いのですが、
 固まるまで少々時間が掛かります。
 丸一日、置いておくとOKです。







      DSCN2885_convert_20140804215325.jpg
帯留め3個出来上がりました!

帯留めを使う時の3分紐がないので、義母にもらった細い帯締を使ってます。
この帯留め金具の”輪っか”が大きいのがイイですね。
(市販の帯留めには”輪っか”の小さい金具がついている場合があります。)

帯留め作り・・・出来上がるとうれしくて、もっと作りたくなりました。
先ずは、”素敵なブローチを探す楽しみ”を楽しみます。 




ミレービスケット

またまた美味しいものを見つけました。

      DSCN2879_convert_20140803224204.jpg
【ミレービスケット】です。

先日ニイニイが来た時、
私: 『美味しいビスケット見つけてん。』
ニイニイ: 『ええーっ、ビスケット~?』
私: 『まあ、食べてみて。』
ニイニイ: 『あっ、美味しいやん。なかなかイケる。』 

そうなんです。なかなかイケるんです。
生協の”動物ビスケット”風の素朴な味なんですが、もう少し大人っぽい塩味。
サクッとした昔ながらの味わいですが、ちょっと深い感じがします。
小腹がすいた時、2,3枚で満足出来ます。 値段もお安い。
これはお薦め~です。 





落款はしるたんの”し”

ヤクオクで黒の塩瀬の帯が出ていました。 またまた、Tシャツ価格でゲット。

      DSCN2855_convert_20140802212348.jpg
お太鼓の模様は、扇にわらびの絵でとても素敵な帯です。
作家さんの手書きのようです。

DSCN2854_convert_20140802212511.jpg しかし、しかし、
 落款を押す所の白抜きの四角は
 何にも無しの白いまま。
 失敗の絵なの?
 
 落款はお太鼓の中に隠れますから、
 このままでも良いのですが、
 折角だから、遊んでみました。

DSCN2871_convert_20140802212638.jpg  
 落款の印ぽく 刺繍してみました。
 絹の縫い糸の撚りを解いて、
 刺繍糸代わり。
 
 入れたのはやはり
 しるたんの”し”
 


      DSCN2869_convert_20140802212802.jpg  

ちょっと赤色が入るだけで、なかなかイイ感じになりました。
これからゆっくり仕立てます。 ・・・わらびは春ですから。 





犬小屋がわり?ゴロちゃん

最近、ゴロちゃんのお気に入りの場所は・・・

      DSCN2864_convert_20140801204312.jpg

リビングのテーブルの下、椅子に囲まれて落ち着くのでしょうか、
ぐっすり寝ています。 夏の犬小屋代わりかな?
ここはクーラの風も良くあたるから・・・知ってますぅ~ 



プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム