ツーリングのお土産

今日は夫とニイニイが125CCバイクでツーリングに出かけました。
行先は和歌山県九度山町にある真田庵です。
(真田庵:戦乱の世を生きた名将・真田幸村がかって隠棲し、再起を誓った場所)
来年はNHK大河ドラマは「真田丸」ですから、真田幸村ゆかりの地は話題になる
と思います。
私は、二人のスピードにまだついて行けないので・・・お留守番 ハハハ

ニイニイの買ったお土産です。
      DSCF0632_convert_20150228223206.jpg
道の駅 『 柿の郷 くどやま 』で売っていた真田グッズ。
六文銭のタオルと飴。そして幸村茶。

この幸村茶がなかなかイケます。麦茶なんですが、柿の葉がブレンドされていて
柿の葉の柔らかな苦味が麦茶の後味を消してくれるのでスッキリします。
今の所、和歌山でしか売っていないようです。

夫のお土産です。
      DSCF0636_convert_20150228223329.jpg
五條の『柿の葉すし本舗たなか』本店の柿の葉ずし21個入り。
大覚総本舗のごま豆腐。

お夕飯に食べました。
ニイニイ: 『今日の柿の葉ずしはご飯が柔らかくて美味しい。
        やっぱり本店で買ったから作り立て?』
   私: そうなんです。これまでで一番美味しい!
      鯖の柿の葉ずしが11個、鮭の柿の葉ずしが10個なんですが、
      鯖の方が好き。でも鯖だけだと後味がサバサバ(鯖々)するので
      ちょっとアッサリ目の鮭も必要。
三人: 『 [鯖2 対 鮭1]の割合で買うのが良いかも。』

ごま豆腐も重過ぎず上品な味で・・・今日のお土産はでした。




スポンサーサイト

えっ!どういう事? <お直し>


友達: 『この着物、着難いねん。腰回りが狭いみたい。何とかならないかな?』
ってことで、直しを頼まれました。

      DSCF0622_convert_20150225220308.jpg
後巾は8寸でOKなんですが、前巾が狭いようなので幅出しすることに・・・
あれぇ・・・えっ!どういう事?
 
      DSCF0625_convert_20150225220439.jpg
前巾の裾が6寸なのに、

      DSCF0627_convert_20150225220606.jpg
前巾の腰辺りで5寸5分と狭く仕立てられています。
後身頃、前身頃の巾は真っ直ぐ or 裾スボマリなのに変です。
ビックリ!そりゃ着難い筈です。

もう1つ変なのが、合づま幅が3寸5分とこれまた狭いのです。

原因がわかったので、直しはちょっと楽。
裾の部分を触らずに巾出しをすることが出来ます。

うぅ~ん、上手に縫われているのにどうしてなのかなぁ・・・不思議・・・




あんぽ柿

あんぽ柿を食べたかったのですが、ちょっとお高い。
もうシーズンも終わりだからですね、万代でお安く売っていました。

      DSCF0610_convert_20150224231538.jpg

お味はいかが?
 ニイニイ: 『干し柿の方が好きやな。柿の味があまりしないし、中途半端。』
    私: 柔らかいのがイイ感じだけど、やはり中途半端かな・・・
       (もしかしたら、売れ残り→美味しい時期を逃したのかな?)



    

あと少し <お直し>

着付けの先生に頼まれたコート丈を伸ばすお直しに集中して、
ちょっとブログを更新していませんでした。

      DSCF0619_convert_20150224221604.jpg
やっと、あと少しの所まで辿り着きました。
直しはコート丈を3寸長くすることでしたが、大修理でした。
3ヶ所布を褄ぎあわせましたが、目立たないように縞模様が続くように
しなければなりません。 まぁまぁ上手く行ったのではないでしょうか。
 

      DSCF0621_convert_20150224221735.jpg
後、小衿付けですが、
『出来ればたて衿下がりを5分下げて欲しい。』という希望です。
たて衿下がりは標準で6寸5分です。これは昔の人の体格ならOKなんですが、
最近の背の高い人なら7寸+αにした方が胸元が綺麗だと思います。
私の道行コートは7寸にしています。

着付けの先生は小柄なんですが、常に帯を低い目にされ胸元をふっくらと
着つけておられるので、やはりたて衿下がりは7寸が良いですね。

反物から仕立てるのは、ほぼ決められた順番に沿って縫い進めていけるので
楽なんですが、
お直しは逆方向から進むわけで、袖が既に付けられている為邪魔になったりと
とても苦労します。

でも逆方向から進むと、
仕立て方で難しいと思っていた所が『あぁ~ん、そうやったんや!』・・・っと。
案外勉強になります。



小さなお雛様

家の中を見渡すと、引越して来た後に一度も使わなかった物がたくさんあります。
やはり不要な品々かも・・・・・と、何だか急に片づけをしたくなってきました。
今日は先ず、階段下の倉庫の整理です。

・・・あら~ぁ? 小さな箱の中からこの時期にピッタシの物が出てきました。
     DSCF0613_convert_20150219195202.jpg
陶器の【小さなお雛様】。
ネエネエが誕生する前になんとなくCOOPの配送で買ったお雛様です。
敷台と後ろの屏風は捨ててしまいましたが、
どんな人形でも捨てるのは気が咎めるので、内裏雛だけは残していました。

ネエネエのお雛様は天袋の中でずっーーーと冬眠中。
なら、こちらのお雛様ならゴロちゃんのヨダレも毛も関係ないし、
小さくて場所を取らないし、出し入れも簡単。

敷台は銘々皿を使って見ました。 あ~、これでイイですね。 
何だか春が来たような気分になりました。



今年も苺の準備

畑のことはノータッチですが、今日は年に一回だけのお手伝いです。
イチゴのマルチ(マルチング)掛けです。

      DSC_0100_convert_20150216211153.jpg
畑に行ったら、良い苗が育っていました。 
ファーマ―: 『去年より多く作った。』
私: たっぷり苺が楽しめる。 ビタミンCだぁ! フフフ

      DSC_0106_convert_20150216211319.jpg
もう3回もマルチ掛けを手伝っているから、段取りはバッチリ。
サッサッサーと出来ました。 しかし、畑仕事は腰が痛いですわ。
後は、ファーマーが周りの土をもう少し整えるようです。

お手伝いは完了。 後はを食べるだけです。 楽しみ~



旧旅籠「あぶらや」

昨日は、ニイニイとツーリング。 東へ東へ走りました。

南阪奈の高架道路→藤原宮跡の横→安倍文殊院の傍→忍阪東→
松山街道→榛原→大宇陀→松山地区の町並みを見に行く計画です。

松山街道を走っている辺りからだんだん寒く感じて
途中積んでいる合羽のズボンを重ね履きしました。 

      DSCF0604_convert_20150215205926.jpg
先ず、榛原の 旧旅籠「あぶらや」を見学。

      DSCF0605_convert_20150215210109.jpg
実は、ここのおばちゃんと母が友達だったので、小さい頃からこの家で遊んで
いたから、5年程前に宇陀市指定文化財の第1号になって宇陀市歴史文化館と
して修理保存され、このように見学出来るようになって感無量です。

      DSCF0607_convert_20150215210349.jpg
家の中から目板格子を通し外はこのように見えています。
この雰囲気大好き。

      DSCF0606_convert_20150215210230.jpg
2階の客室にはお膳がぎっしり並べられていました。
(おばちゃんが納戸には昔の食器類がいっぱいあるね と言ってました。)

      DSCF0608_convert_20150215211114.jpg
土間から続く台所の中に井戸があります。
(おばちゃんは釣瓶で井戸の水を汲んで使っていました。
 おくどはんもありましたが、今はないようです。)

伊勢詣でが盛んだった頃の面影を伝える旅籠がこのように残っていて
今となってはたいへん貴重な文化財です。
おばちゃんが守らはった「あぶらや」だ と思いました。

      DSCF0603_convert_20150215233512.jpg
椋下神社にも お参り。

しかししかし寒過ぎる! 寒いを通り越して冷たい!!!
『松山地区の町並みを見に行くのは次回にしよう。』て事で、
冷たい風をきって帰りました。  

あぁ~寒かったぁ~ 約60キロ走りました。 うん。



焼きさんまチョコ


バレンタインです・・・

     DSCF0593_convert_20150214214548.jpg
ニイニイにチョコをプレゼント。 (夫は甘い物を食べないので 無し~)

      DSCF0599_convert_20150214230414.jpg
魚好きだから、【焼きさんまチョコ】にしました。 さんまの中はチョコボール。
秋さんまが出始めた頃の一匹の値段ぐらいです。 ハハハ





銀座結び


今日は着物クラブのお友達と3人で、
橿原ロイヤルホテルの「スカイレストラン橿原」にランチに行きました。
11:30頃から食べて喋って2時間半。 

食事はメインのお料理を注文して、その他はバイキング形式です。
     ボリュームも味もお値段以上で大変お得でした。
お喋りは人間模様?アレコレでした。 ハハハ
 

お喋りに夢中で写真を撮り忘れたので、前回習った【銀座結び】をご紹介。
        DSC_0096_convert_20150213223954.jpg
一重太鼓に比べ、銀座結びはちょっとくだけた感じです。
車の座席にもたれるとペッタンコになりそう・・・
私は一重太鼓のきりっとした方が好みです。



お直し<コートの丈を長く>

着付けクラブの先生にコートの丈を伸ばして欲しいと頼まれました。
お姉さんからもらったコートだそうです。

      DSCF0579_convert_20150211210932.jpg
コート丈2尺1寸⇒2尺4寸に。 3寸長くします。
残り布があるので、その布を利用すれば何とか出来そうですが、
うぅ~ん、よく考えなければ・・・・

      DSCF0581_convert_20150211211107.jpg
上前の前立てをはずし、残り布を新しく上前の前立てとして使います。

      DSCF0583_convert_20150211211239.jpg
そうすれば、上前の前立てに繋ぎ目が無く出来ます。

      DSCF0587_convert_20150211211415.jpg
はずした上前前立てを四等分して、裏の折り返しで繋ぎ
後ろ身頃と前身頃の長さをのばすようにします。

      DSCF0588_convert_20150211211554.jpg
羽裏の余りをたくさん入れ込んでありますが、3寸には伸ばすには足りません。
その羽裏の折込が身八つから袖付けまで折り込んでありますので、
わぁ~大がかりな仕事になりそうです。

      DSCF0590_convert_20150211211742.jpg
そして、前立てに使う残り布にはアイロンで焦がした穴(写真上側)があります。 
で、小さな共布をアップリケして隠しました。(写真下側)
ちょっとはわからなくなったと思いますが、まあ、アップリケの部分は
前立ての裏側になるので隠れますからね。

綺麗に仕上げなくては・・・   頑張ってみます!




はちみつレモン


今日、フラダンスのレッスンに行ったら、みぃぽんちゃんから良いものを
もらいました。

      DSCF0576_convert_20150210211835.jpg
【はちみつレモン】です。
みぃぽんちゃんの家の裏山にレモンが鈴なりに生っていて、そのレモンをはちみつに
漬けたものです。

未だに喉の調子が悪く、夜に咳き込んで眠りの浅い私にとっては嬉しい限り。
早速、お湯で割って飲みました。

・・・・・なんか・・・イイ感じ。 
喉の違和感がちょっとマシになってきたような・・・・気がします・・・。

GOODタイミングなプレゼント   『みぃぽんちゃん ありがとう





本家”柿の種”


作った干し柿のその後ですが、色も黒くなり表面に白い粉もふいてきたので
出来上がり。 今は冷蔵庫に保存しています。

      DSCF0568_convert_20150208212340.jpg
ニイニイが来たので、1個づつ食べました。
お味はいかが?
  ニイニイ: 『 美味しくなってる。 しかし甘味が凝縮しているから、
          1個で充分や。 果糖が多いので耳が痒くなりそうや。』
    私: 渋もなくなり、美味しいです。 
       私も1個で充分。 昔の懐かしい甘さ~です。

      DSCF0571_convert_20150208212453.jpg
食べていたら種が・・・干し柿の種は長細くなっています。

ニイニイ: 『 柿の種(柿ピー)にそっくりや。』
   私: 『こっちが本家の”柿の種”やん。』 ハハハ



幻の五新鉄道跡

新町通り(旧紀州街道)を西に歩いていたら、神田橋辺りに
コンクリートの橋脚があって、何やら説明書きが・・・

      DSCF0555_convert_20150206191111.jpg
[幻の五新鉄道] とあります。

見上げると おぉーーーー!
      DSCF0557_convert_20150206191518.jpg
明治時代に計画され昭和12年から着工された五條市から和歌山の新宮市までを
結ぶ「五新鉄道」。 太平洋戦争が始まるなどの理由で中断されました。

河瀬直美監督(奈良出身)の映画「萌の朱雀」は、五新鉄道と西吉野村の
雄大な自然等を物語の素材にしています。

      DSCF0556_convert_20150206191325.jpg
もし、奈良の五條と和歌山の新宮が鉄道で繋がっていたら、
紀伊半島の様子も少しは違っていたかも・・・

などと思いながら、ブゥ~~ンブンブン と来た道を帰りました。

赤バイ気にいりましたぁ 
次回は東に走って、大宇陀の松山地区の町並みを見に行くつもり・・・



五條新町

夜中は 咳が止まらないのですが、お昼は元気です。

昨日は新車125cc赤バイクに乗って一人ツーリングです。 
目指すは南!  24号線を下がって五條市に行ってみました。

あーーーーー、やっぱり原付と違うわ~~~ぁぁぁ。
ガタガタと振動しないし、バイクが地面に吸い付くように走るやんんんん
えーーーーー感じやわ~~~ぁぁぁ。
途中、パトカー2台と出合いました。 原付のスピード違反か?とジッと見てました、よ。
楽しいな~


五條新町の町並みを見たかったのです
      DSCF0558_convert_20150205194056.jpg
JR五條駅前にある観光案内所でMAPをもらって、新町通り(旧紀州街道)に。

      DSCF0554_convert_20150205194656.jpg
新町橋辺り。 正面の建物は”まちなみ伝承館”です。

      DSCF0552_convert_20150205194521.jpg
”まちなみ伝承館”は水曜日は休館日ですが、『どうぞご覧ください』って

      DSCF0547_convert_20150205194231.jpg
五條新町は今から400年前、関ヶ原の戦いの後、江戸幕府が成立して直ぐの頃に
松倉重政が城下町として・・・・・・・・うんうん・・・・・・・慶長20年頃には幕府の天領に。
紀州街道に沿う宿場町として、諸役免許で引き続き商売が営まれ、交通の要衝と
して栄えた新町は南和地域の政治経済の中心として発展してきました・・・・うんうん。

      DSCF0550_convert_20150205194409.jpg
五條市出身の児童文学作家 [川村たかし]さんの絵本の展示もされていました。

      DSCF0560_convert_20150205194828.jpg
格子の家々が連なります。

      DSCF0561_convert_20150205195011.jpg
ここは酒屋さんです。 五條らしく”柿ワイン”が売られています。

      DSCF0562_convert_20150205195205.jpg
鉄屋橋付近にある一ツ橋餅商。 大正時代から続くお餅屋さん。
昔ながらの手作りの味を守っておられるようです。

      DSCF0564_convert_20150205195542.jpg
日本最古の民家 栗山邸(重要用文化財)は非公開ですが、
玄関横に小さく「QRコード」が。五條市観光協会が運営を行う、
奈良県五條市の観光・イベント情報を共有するサイトのようです。

      DSCF0567_convert_20150205195715.jpg
中邸 1704年の建築。元禄の大火以降に建てられ、とくに防火策が厳重に
施された建築が特徴らしいです。 ここも非公開。

まだまだ楽しめそうな五條新町です。 


河内もなか

ここ2,30年風邪など引かなかったのに・・・なぜ?

答え : 『私が寝込んだら大変!』と思っていたから、風邪を引かないように
      カロリーで風邪をやっつけろ って感じで食べた!たべた!
      でも最近は基礎代謝も下がって来ているから、以前のように食べ続けると
      肥満一直線となるし、それに内臓もそれなりにお年だから、脂ぽいものも
      そんなに受け付けなくなってきたから・・・。正解!越後製菓!


そんなこんなで、ニイニイが美味しい最中を買って来てくれました。      
      DSCF0541_convert_20150204203424.jpg
     『 河内もなか 』 富田林市の(株)かつら屋

この最中 あんは小豆餡ではなく、白あんでそこに葡萄も入っているようです。
厳選された風味豊かなぶどうを使用し、最高の技術をもって造り上げた風土銘菓と
書かれています。 だから、最中が葡萄の葉の形をしているんですね。
かるく火にあぶったら一層風味が増すらしい。

お味はいかが?
   ニイニイ: 『 アッサリしていて美味しい。これイケる!
           火にあぶったら、皮が香ばしくしっかりして美味しい。』
      私: 白あんの最中で美味しかったのは、[”とらや”の御代の春 紅]だけ。
         でも、とてもお高いので家で食べるにはモッタイナイ。
         この河内もなかは白あんですが重くなく、スッキリしたお味です。
         うん。最中ベスト5には入るかな? 


とりあえず、カロリーを取る!  てことでぜんざいも。 
     DSCF0546_convert_20150204203759.jpg
風邪引きの時は手抜き~。
COOPのあんこの缶詰を買って来て、お鍋に入れて水を適当量入れ炊きました。
この缶詰は甘さ控えめだからミズクサかったので、ちょっとお砂糖を足しました。
お正月の小餅(冷蔵庫で寝ていた)を焼いて・・・・食べています。 『風邪は~外』



一度あることは二度ある


年明けにインフルエンザに罹り、やっといつものランラン状態に戻ったのに

又、風邪引いてしまいましたぁ・・・
(今回は熱ではなく、咳・のど痛い・痰です。)

ここ2,30年風邪など引かなかったのに・・・なぜ?

一度あることは二度ある 二度あることは三度ある おぉ~、増えるやん

気を付けなければ・・・    皆様もお体大切にご自愛ください





プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム