3年4組同窓会

今日は、高校3年4組の同窓会がありました。

DSC_0458_convert_20150531211724.jpg 集合は京都駅
 男子12名+女子4名=16名
 (女子は8名だったので、
  5割の参加となりました。)
 Fちゃんは着物だった・・・
 最近暑いから私は洋服で・・・

DSC_0477_convert_20150531212432.jpg 幹事のK君とO君から
 市バスの一日乗車券カードが配られました。
 (500円ですが、市バス1回乗ると230円だから
  3回乗るとモトが取れるのです。)

  京都駅から市バスに乗って
  東山安井で下車
  高台寺へ

 

DSC_0460_convert_20150531211856.jpg 高台寺に向かって歩いていると
 あらァーーー、舞妓さんに出会いました。
 とても可愛い・・・・京都だわ~。
 写真撮ってもイイですかと聞いたら、
 OKとのこと。
 うぅ?  なんか違う・・・
 今流行の観光客が舞妓さんに変身!でした。

 I 君: 『もう舞妓さんは無理やなぁ~ 』 
 私: 『じゃぁ、芸子さんにするわ~』ハハハ

DSC_0462_convert_20150531212016.jpg 暑い日差しの中、
 ねねの道を通り高台寺に行きました。

 食事の予約時間もあるから
 中には入らず
 市バスの乗って四条河原町へ





DSC_0464_convert_20150531212719.jpg
食事場所の【膳處漢ぽっちり(ぜぜかんぽっちり)】です。

室町で敷地面積200坪を誇る呉服問屋を改装、通りに面した表家はモダンな洋館づくりです。

DSC_0468_convert_20150531213404.jpgDSC_0469_convert_20150531213555.jpg
奥に入っていくと和風の木造建築が広がり、和洋折衷の異空間となっています。

DSC_0466_convert_20150531212925.jpgDSC_0467_convert_20150531213233.jpg
『料理は北京を主とした中国宮廷料理の中に京都の和を意識した味わい深いものに仕上げ、
中でもおすすめのフカヒレ料理、すっぽん料理は人気商品の一つ。』・・・だそうです。

おしゃべりと食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れていましたが、
右の「ふかひれ麺」はたっぷりの餡にふかひれ、椎茸、筍など入っていて、
麺に絡んで美味しかったです。  
それから、それから最後のデザートの「杏仁豆腐」が美味でした。
これまで食べた杏仁豆腐の中では一番かも!

DSC00167_convert_20150611100856.jpg 

 一次会の最後に集合写真を撮りました。
 
 顔はですが、
 ロマンスグレーがいっぱいってことで・・・



DSC_0470_convert_20150531213735.jpg その後、市バスで四条河原町へ。
 カラオケ店に入ってカラオケをせずに、
 皆で近況報告など。
 男子は定年退職後、再雇用で働いている方が
 ほとんどです。
 でも、以前よりゆったりしているように感じましたネェ。

二次会後に今回の同窓会は解散。
男子5,6名は京都駅で飲み直しの三次会をするようでした。


     DSC_0476_convert_20150531213838.jpg
Fちゃん: 『 このクラスの男子は皆イイ人ばかりやわ。』
と言っていたことを思い出したりしながら、帰路に着きました。




スポンサーサイト

ペッパーライス

今日のお夕飯にペッパーライスを作りました。

DSC_0457_convert_20150530214958.jpg
ネエネエとイオンモールアルルに行った時、フードコートにペッパーライスのお店が
あって食べたのですが、美味しかったのです。

で、真似をして作ってみました。
お味はいかが?

ファーマー: 『 いつもの石焼ビビンバの方が数段美味しいわ。』
       『 ・・・・・・・・食べてたら、これもなかなか美味しいわ。』

私: お店の味までは行きませんでしたが、美味しいです。
   胡椒も黒胡椒もよく利かせていますので、ペッパーライスですわ。
   ( ビビンバよりもこちらの方が好き。




暑さでチョコもぐったり


昨日スーパーで買い物をした折、ちょっとチョコレートも食べたいなぁと
マカダミアナッツチョコレートも買って帰りました。

DSC_0454_convert_20150530210932.jpg

午後、昨日買ったチョコレートを食べよう~ ラン♪ラン♪

えっ、どういう事?
DSC_0455_convert_20150530211113.jpg
シールを剥がしたら、何んと!
チョコレートは融けて、端っこに固まっているではありませんか。

買ったお店にチョコレートとレシートを持って行きましたら、
仕入れ先での商品管理とかいろんなことが考えられます・・・と弁明されていました。
他のチョコも同様の事になっているかも知れないので、返金させてほしいとの事でした。

連日のこの暑さにチョコレートもグッタリ の出来事でした。 ハハハ



らっきょうの甘酢漬け <2015>

去年漬けたらっきょも残り少なくなったので、らっきょの甘酢漬けを作りました。

      DSC_0448_convert_20150529195220.jpg
塩漬けしてパックに入ったらっきょも売っていますが、
やはり土付きらっきょのほうが美味しく仕上がるようです。
スーパー万代で広告の品で安い上に、もう半額のシールが貼られています。
1キロ×2袋購入。

      DSC_0449_convert_20150529195330.jpg
(左は去年のらっきょです。)
①らっきょの両端を切落とし、薄皮を剥く。
②やさしく洗い土を落とすし、ざるに入れて水きり。
③らっきょを乾いたボールにいれ、塩をひとつかみふりかけラップをして 一晩置く。
④鍋に湯を沸騰させ、らっきょを入れひと混ぜ。 すぐざるに取り扇いで冷ます。
⑤きれいな入れ物にらっきょうを入れ、鷹の爪と氷砂糖を入れ、
  らっきょがヒタヒタに浸かるまで酢を注ぎ入れる。
氷砂糖はらっきょの重さの3~4割ぐらいです。

このレシピはMikageマダムの絶品おかずレシピを参考にしました。

もし好みの味でなかったら、お多福のらっきょ酢をちょっと加えて修正します。

マダムの味はどんな味?・・・1か月後がとても楽しみです。




袖の丸み

春になってウロウロ出歩いていたので、あまり和裁をしていませんでした。
ここ最近は暑くなったので外に出ず、家でゆっくりチクチクしています。

と言うもの、現在、着物3枚と羽織2枚の仕立てを頼まれています。 おぉぅ
でも、全て袷(あわせ)だから秋までに仕上げればいい訳です。 ホッ

DSC_0441_convert_20150528223609.jpg
DSC_0440_convert_20150528223456.jpg

写真左は袖の丸みの部分ですが、その丸みを作るには写真右のようにしなくては
なりません。 着物を縫うのも案外手間がかかります。
昔は着物で生活していたから、縫い方は丈夫に!が重要だったわけで、
いろいろ約束事があります。

袖の丸み(カーブ)は若い人は大きく、年配の方は小さ目にするのですが、
着付けの先生(今年喜寿?):
『 袖の丸みの小さいのは年寄りぽくって嫌い。大き目の方が若々しいやん。』

オシャレで元気はつらつの先生らしいお言葉です。  ハハハハハハ 



[今夜の阪神タイガース] 今日も延長戦で、先程試合が終わりました。
                福留のサヨナラ押し出しで、勝ちましたぁ~。


             

ウィズネイルと僕 <映画>


借りたDVDの3本目は、

        yjimage[1]
    『 ウィズネイルと僕 』   イギリス映画  ブルース・ロビンソン監督

二人の売れない俳優志望の青年が、
だらだらといい加減に日常を生きているというだけのストーリー。

でも、忘れられない作品になりそう ・・・”せつなさ”・・・かな?

DVDは返却完了。 今回は借りませんでした。
阪神タイガースが福留のサヨナラホームランで、今夜も勝ちました。
暫くは交流戦に注目です。




野菜の肉巻き

今日のお夕飯は、野菜のお肉巻きでした。

DSC_0447_convert_20150525195745.jpg
湯がいた人参アスパラを牛肉で巻いたいつも通りの肉巻きですが、
今日はちょっと違ったものも・・・・・
収穫した玉ネギを豚肉で巻いてみました。

玉ネギは縦に六等分に切り、薄切り豚肉で巻いて塩コショウ。
片栗粉をまぶしてフライパンで焼き、酒・みりん・砂糖・醤油・水を加えて
煮からめる。

お味はいかが?
ファーマー: 『 玉ネギも美味しい。』
私: 美味しいです。 三つの中では玉ネギ巻きが一番好みですわ。
   豚肉は牛肉ほど味が強くないからアッサリしていて、
   玉ネギの美味しさが味わえます。 
   簡単でお安く作れるし、GOODですね
   それから、
   玉ネギは八等分にした方が、上品で食べやすいと思います。


   

山蕗の佃煮はもう4回目


この春、山蕗の佃煮も3回作ったのでもう終わり!と思っていたのですが、
近くのスーパーで地元奈良県産の山蕗がとてもお安く売っていました。
それも、細めで新鮮そう・・・・ 買ってしまいました。

      DSC_0446_convert_20150525102157.jpg
一晩水に浸けてアク抜き。 湯がいた後も更に水にさらしてアク抜き。
酒・みりん・砂糖(少し) で暫く煮て、その後醤油を入れます。

いつもと変わらないのですが、
奈良の山蕗っということで、ちょっとだけ愛おしい山蕗の佃煮4回目です。


織(はた)結び

丹波芋(山芋)の芽がなかなか出て来ないので心配していたファーマーですが、
最近やっと出て来たようでご機嫌です。 

蔓を這わすネットの準備作業。
DSC_0439_convert_20150523233757.jpg
100均で買ったネットをもう少し大きくする為、繋ぎ合わせていますが、
ナイロン糸だから普通の結び方だと徐々に解けてしまいます。

で、私が織(はた)結びをして
ファーマーが結び目にアロンアルファーをつけてより丈夫にしました。

織結びは、機織りの経糸をつなぐときに使われた結び方でしっかりと結べます。
和裁の本に載っていました。  チッとは役に立ちました 



恋人たちの食卓 <映画>


今日は阪神タイガースの試合はデーゲームだったので、夜はDVDが見れました。

      31EKXGN230L[1]
 『 恋人たちの食卓 』   台湾映画  アン・リー(李安)監督

内容はともかく、中華料理(台湾料理)を作っている場面が良く出てきますので、
その手際良さが面白いです。  台湾の生活習慣もわかりますね。
台湾の方は中国本土の人よりユーモアがあって楽しそうな感じ・・・



玉ネギ・ニンニクの収穫

イチゴ、えんどう豆、そら豆の収穫も終わって・・・

DSC_0442_convert_20150522195515.jpg
食べきれなかった分は冷凍保存をしました。
でも、家庭での冷凍は長く保存できないので、それなりに早く食べないと・・・

DSC_0444_convert_20150522195824.jpg
今、収穫しているのは玉ネギです。
吊るして置く場所がないので、籠に入れての保存です。
これで収穫量の1/5です・・・ 
ネットに入っているのは、ニンニクですが、
ファーマー: 『 今年はちょっと出来が悪い。』

でも、ニンニク醤油は作らないから、これだけあれば充分


野いちご <映画>


先日見たDVD2本を、TSUTAYAに返却しに行きました・・・
和裁の頼まれものが多いので、時間が無い・・・  
でも、3本も借りてしまいました・・・ ありゃりゃーーー

      a499af9bd527ab0b249ef8280ef576ee[1]
『 野いちご 』  スウェーデン映画 ベルイマン監督

よかったです。 久しぶりに映画らしい映画を見たような気がしました。
お薦めです。



いただきました・・・

昨日、フラダンスに行ったら・・・
DSC_0435_convert_20150520212321.jpg
菜の花祭の時の写真とCDをいただきました。
実行委員会関係の人?が写してくださったと思うのですが、
30cm×42cmの大きさにビックリ。
先生: 『遺影に出来そうなぐらいの大きい写真をもらいました~』
ハハハ


一昨日、和裁教室に行ったら・・・
DSC_0437_convert_20150520212418.jpg
東京みやげをいただきました。
先生: 『スカイツリーに上って来てん。』
ガラスのプレートで、足もついているから鍋敷きにもカットプレートにも使えます。
デザインがメルヘンチックでとても素敵です。



感度良好の ゴロちゃん


ゴロちゃんの寝顔のアップを撮ろうと、静かに近づくと・・・

DSC_0434_convert_20150518200144.jpg
顔は外を向いているけれど・・・ 目はこちら。 

感づかれてしまったぁ~。  


商品を選べないお店

金曜日は、着付けのお友達が安い帯が欲しいとの事で、
仲良し3人組で大阪船場センタービルに出かけました。

10:20最寄駅に集合。
先ずは、近鉄あべのハルカスでイタリアンのお店でランチ。(写真撮り忘れ)
その後、船場センタービルへ。

1軒目の着物リサイクル店で帯を探して・・・3分ほどで・・・
お店の女主人: 『 もお~、買う気が無いなら帰って! 
(同年配ぐらい)  こっちも困るのよ! 触らんといて! 』
             
三人組: (えっ?えっ?何?何?どういう事?) ポカ~ン
       (まだ、商品を選んでいないけど・・・) ポカ~ン

次に行った呉服屋さんで、YさんがNさんに冗談で 『 触らんといてね!』 ハハハ 
お店の人: 『 なんぼ触ってもらっても結構ですよ~ 』
Nさんが先程のお店での出来事をコレコレシカジカと説明。
お店の人: 『 あーー、あの人、怒るので有名ですよ~。
         他のお客さんらもビックリしてはったわ~。』

三人組: 納得。 『 世の中いろんな人がおるなぁ~ 』

     DSC_0450_convert_20150517205115.jpg
私は変わり結びの時に必要な後板、ちょっと大人っぽい正絹の帯揚げを買いました。

      楽しくてちょっと可笑しな金曜日の出来事でした。




ベージュの紬8寸名古屋帯

リサイクルのお店で、ベージュ色の可愛い8寸名古屋帯を買いました。
未使用でお安くワンコイン。 しかし全体がくすんでいるようです。
 
      DSC_0175_convert_20150517204717.jpg
紬ですから、例によって洗濯しました。
洗濯後はスッキリしてベージュ色が明るくなりました。

      DSC_0443_convert_20150517204805.jpg
手の部分を1尺程とお太鼓の部分をかがりました。 
リビングで手仕事をする時は、椅子の手すりと凧紐がくけ台の代わりになります。

      DSC_0451_convert_20150517204948.jpg
出来上がりました。 可愛いヮ。



久しぶりにビデオ2本

ここ久しく映画を見ていなかったのですが、
TSUTAYAでビデオを2本借りてきました。

      DSC_0449_convert_20150517081229.jpg
      【超高速!参勤交代】 と 【ダブリンの街角で】です。

見終わった時の感想は、2本とも ”普通~”
日々の生活にドップリ過ぎて、 映画の世界に入り込めなかったの・・・か
それとも感受性の欠乏・・・か  つまらない映画だったの・・・か
わかりません! ハハハ



そら豆と新玉ネギのチーズ焼き


連日、そら豆とえんどう豆の収穫が凄くて、もう冷凍保存もたっぷり。

で今日はCOOKPADを見て、そら豆の料理を・・・
      DSC_0445_convert_20150516232255.jpg
【そら豆と新玉ネギのチーズ焼き】にチャレンジ。
薄切りにした新玉ネギを、マヨネーズで炒め塩コショウ。
それをグラタン皿に入れて、そら豆の塩茹でをのせ、チーズ、パセリをかけて
オーブンで焼きます。

      DSC_0447_convert_20150516232352.jpg
美味しそうにできあがりました。
お味はいかが?
ファーマー: 『 玉ネギの強さにそら豆の美味しさが消えてしまっている・・・
          グラタンの方がずっーーと美味しい・・・。 』
私: ホワイトクリームでグラタン風にした方が美味しかったかも・・・
    中途半端な料理でしたぁ。 残念 
      

      DSC_0444_convert_20150516232442.jpg
イチゴを細かく切って冷凍した塊(前回の写真)を、ちょっとだけ室温に放置したら
包丁で簡単に切ることができました。
使い易い大きさに切り分け、ジップに入れて冷凍保存。

残った欠片を牛乳で割って飲んでみました。
やはり美味しいです~ 





苺ジャム作り <2015/3回目>

苺ジャム作り3回目は砂糖の割合を35%にしました。

DSC_0436_convert_20150515210835.jpg
500ml瓶3本、 350ml瓶1本、 余り小瓶の7分目 の出来上がりです。
お味は砂糖を最低限に押さえたので美味しくなりました。 フゥー。

苺の収穫量も峠を越したようで、ジャム作りもこれでストップです。
でも、少しづつではありますがまだイチゴが採れますので・・・

DSC_0441_convert_20150515210934.jpg
イチゴを細かくして冷凍し、イチゴミルク用に使うことにしました。
冷凍室に入れ少し固まりかけた時に包丁で切り分けるつもりでしたが、
ちょっと疲れていて・・・・ カチンカチンに凍ってしまいました

金属バットではなく、プラスチックバットだからねじると取り出せるのですが、
切り分けが・・・   やっかいなことになっています。


オフホワイトの大島紬

黒っぽい着物ばかり作ってしまったので、今縫っているのは明るめ~ 

DSC_0439_convert_20150513191146.jpg
ヤフオクで見つけたオフホワイトの奄美大島紬です。 お安くゲット。
模様は笹の葉ですが、ちょっと珍しい柄だと思います。

一般に、紬(織)の反物は長さに余裕がありません。
この反物も私の着丈(4尺3寸)・袖丈(1尺3寸5分)で限界、
余裕がないので柄合わせが難しかったです。
背の高い方は、織より染の反物を買った方が安心ですね。

DSC_0438_convert_20150513191110.jpg
八掛は模様の一色、濃いベージュをつけることにしました。
ちょっと気に入っています。




苺ジャムの悩み <2015/2回目>

苺ジャム2回目を作りました。

      DSC_0428_convert_20150511205521.jpg
煮始めの吹きこぼれを防ぐ為、鍋2つに分けて炊きました。

      DSC_0431_convert_20150511205756.jpg
780ml瓶2本・500ml瓶1本・余りは小瓶の半分 の出来上がりです。

お味はいかが?
ファーマー: 『 甘すぎる~ 』
私: 砂糖甘い・・・


【苺ジャムの悩み】
苺ジャムは、苺の量に対して砂糖の量は75%~35%が目安です。

砂糖の量    75%     60%     50%     35%
保存                            
固まり具合                         
美味しさ                          

砂糖の量を1回目は60%、2回目は50%・・・甘過ぎます。
しかし、これ以上%を下げると保存は長く出来ませんし、
     緩いためパンに塗ったら垂てしまいます。

う~ん、悩み所です・・・・・・結論は ”美味しい苺ジャム”を求め
手作りしているのですから、 保存や固まり具合より美味しさを取ることにします。
3回目は砂糖の量は35%で!

ここでもっと重要な事が判明!
ファーマー: 『 丁度甘くなる頃に雨が多かったから、今年のイチゴは甘くなくて
          水っぽいって畑友が皆言ってるで。 』
私: 『 そうやろーーー。 ジャムも去年ほど美味しくないもん・・・。 』 

しかし、大量のイチゴを何とかしなくては(贅沢な悩み)・・・ジャム作りは続きます。

    

簡単小松菜料理

小松菜もたくさん採れました。 

       DSC_0398_convert_20150512093457.jpg
             (写真:昼間暑い時に収穫したのでクタァ~としてますね)
小松菜はほうれん草ほどアクがなく、栄養もあるし便利な野菜です。

よく作る小松菜の料理は
①小松菜と揚げの煮物 (昔からの定番)

②小松菜の炒め (にんにく風味)
  ・フライパンにニンニクのスライスとオリーブオイルを入れ弱火にかける。
   オリーブオイルにニンニクの臭いがついたら火を強め、小松菜の茎部分(長さ3cm)
   を入れて炒める。 次に葉の部分を入れて炒める、味付けは塩コショウだけ。
   超簡単で美味しいです。

③小松菜とベーコンの炒め (胡麻風味)
  ・フライパンを火にかけ、胡麻油を入れる。 ベーコン(幅2cm)と小松菜(長さ3cm)
   の茎部分を入れて炒める。次に葉の部分も入れて炒める、味付けは塩コショウ。
   最後にすり胡麻をかける。 これも超簡単。

④小松菜とバナナのジュース
  ミキサーに バナナ(一本) + 小松菜(一株をざく切り) + 牛乳 を入れスイッチON。
  ちょっとクセがあるかな~  で、レモン汁を少々。
  まぁまぁ飲めます。

②と③はお薦めです。




 

畑の空豆

イチゴ狩りに行った時、空豆も生っていました。

DSC_0423_convert_20150511203845.jpg


DSC_0424_convert_20150511203939.jpg
さやが上の方(空の方)に向いて育っているのが何とも愉快です。

ファーマー: 『 今年の空豆は生りが悪い。小さいねん。』

スーパーで買うと値段が高いので、小さくても食べることが出来たら上等!



お花のプレゼント


先程、インターホンが ”ピン ポォン” と鳴りました。

DSC_0427_convert_20150510095010.jpg
今年も ダイダイとネエネエからの【お花のプレゼント】が届きました。
ピンクのカーネーションがとても可愛いゎ・・・ ありがとう  



畑へイチゴ狩り


今日は雨が降ったり止んだりでした。
雨に濡れ過ぎると畑のイチゴも傷みやすいから、私も収穫のお手伝い。
というよりも、 【イチゴ狩り】を楽しみに畑に行きました。 

      DSC_0420_convert_20150509202756.jpg
マルチ掛けの手伝い後、一度も行ってない畑でしたが、
あらぁーーー あの時の苗が立派に育っているじゃありませんか!
おぉーーー 赤いイチゴがたくさん生っています。

      DSC_0421_convert_20150509202849.jpg
      鳥避けのネットも張られて・・・

      DSC_0426_convert_20150509202927.jpg
      今日のイチゴ狩りの成果です。 たくさん採れました。

帰り道、ダイキ(ホームセンター)に寄って再びジャムの瓶を買いました。



リンクをご紹介


リンクをご紹介します 

タイトル: 「 今日もまったり
         幼稚園(さつき組)からの友人「にこりんぼ」さんのブログです。
         落語が大好きで、中でも”桂まん我さん”の落語ワールドに
         どっぷり浸かってはります。 
         落語との付き合いが愉快なブログです。

タイトル: 「 田舎暮らしIN古平
         高校(1年1組)からの友人「一郎庵」さんのブログです。
         北の大地の「古平」にログハウスを建て、
         広い土地を開墾しつつ、植樹、農作物作りを始められました。
         荒野である上に、気候的に厳しい事が多々あるようですが、
         頑張っておられるのがわかるアドベンチャーなブログです。

タイトル: 「テーマのないレモネード日記
         ブログを通じてお知り合いになった「レモネード」さんのブログです。
         広島と宮﨑を行ったり来たりして、高齢のご両親の生活をサポート
         しておられます。
         自然とのふれあいを大切にされている楽しいブログです。


 また、ご覧くださぁ~い 



         

苺ジャム作り <2015/1回目>

連日、イチゴをたくさん収穫しています。
そのまま食べたり、ミキサーでイチゴミルクジュースにして飲んだり・・・
ご近所に差し上げたり・・・

で、やはり苺ジャム作りとなりました。
今回は、
[ 苺: 1.2 ㎏  グラニュー糖:720g(苺の60%)  レモン汁:適量 ]

昨晩、お鍋の苺にグラニュー糖をかけておきました。
DSC_0409_convert_20150508223722.jpgDSC_0410_convert_20150508223750.jpg
苺を煮ながら、同時進行で瓶を煮沸消毒。
苺から出る白いアクを丁寧にすくいます。

DSC_0411_convert_20150508223817.jpg 20分ほど煮たら苺を玉杓子ですくい
 取り出します。
 お鍋の苺の汁が半量になるぐらいまで
 煮詰めていきます。
 火を止めて苺を戻し、レモン汁を入れ
 乾かした瓶に詰めます。

DSC_0412_convert_20150508223843.jpg 煮詰める間は目を放せない
 けれど暇なので、
 アクが入ったボールの下側の苺の汁を
 上手に取って、 
 炭酸水で割って飲んでいました。
 美味しい~
 

      DSC_0414_convert_20150508223939.jpg
    丁度、瓶(500ml)2本の苺ジャムを作ることが出来ました。
    小さな瓶も用意していたのですが不用でした。 

      
      DSC_0417_convert_20150508224008.jpg
    ”イチゴを全部使った~” と思っていたら、
    ファーマーが畑から帰って来て、今日の収穫分を ドサッと置きました。
    おぉ~    イチゴ祭りは続いています


今回の苺ジャムの出来栄えは・・・   
去年の苺ジャムはゆるかったので、もう少し硬い目に作ろうと煮詰めましたが・・・・・  
まだゆるかった・・・
冷めると硬くなるので、ちょっとだけゆるい目で火を止めるのですが・・・・・   
再度チャレンジしてみます 

 


  

檜扇 <よしこさんと>

連休明けの昨日は着付けクラブに行きました。

変わり結びの【檜扇】を二人ペアーになって練習です。
最初、私がモデル役です。
ちょっとややこしい結び方なので先生の説明も多く、結んでいる皆さんは悪戦苦闘。
モデル役交代となりましたが、終わりの時間が来てしまいました。
残って練習される方もいますが・・・ ゴロちゃんが待ってるので帰らなくっちゃ!

DSC_0418_convert_20150508215104.jpg
夜 忘れない内にと、よしこさんを相手に復習しました。

えぇーー? 紐は何処から回すんだったかなぁ?と不明な点ばかりです。
でも何とか形にはしましたが、
ビロロォ~ン として締まりの無い状態です。

今は結ぶ手順を覚えるのに精いっぱいで、形の美しさまでは・・・
コツの習得は練習を積まないと無理ですよね。 それだけはわかっています




読みました㊶


連休前に読んだのですが、ブログに書くのを忘れていました。
【読みました㊶】です。

DSC_0408_convert_20150506194622.jpg

左: 桜木 紫乃  『 ターミナル 起終点駅 』 ★★★+α

   6篇の短編集。 やはり舞台は北海道です。
   登場する人々は身寄りが無かったりと ”無縁状態”にあるのだけれど、
   孤独を受け入れているんです。
   (腹が据わっていると言うか)凛として頼もしい・・・。
   6篇の中の「起終点駅」が印象深いです。

右: 三浦 しをん  『 私が 語りはじめた 彼は 』 ★★★★

   最近この作家さんの作品がお気に入りで、なるべく読むようにしています。
   良かったのですが、ちょっ難しい・・・。
   柔らかめの作品から難しい作品と自由自在で、深い・・・。
   まだお若いから、今後どのような作品を書かれて行くのか楽しみ。



    

たこ焼きシュー

昨日はJR福島駅近くのケーキカフェでランチをしました。

ビーフドリアと飲み物・・・そして、たこ焼き!
ではなくて、
DSC_0400_convert_20150505200634.jpg
【たこ焼きシュー】です。 たこ焼きみたいに作ったシュークリームです。
ソースはチョコレート、 かつお節のふりかけはナッツの刻んだもの
青のりは抹茶煎餅? マヨネーズはホワイトチョコ。

DSC_0399_convert_20150505200747.jpg 珈琲にたこ焼きとは
 ちょっと変わった組み合わせ。
 
 ほんま大阪やんか!



お味はいかが?
にこりんぼ: 『うぅ~ん・・・・・。 』             
      『たこ焼き食べたことのある人がこれを食べたら・・・・。 』
私: 『うぅ~ん・・・・・。』
   『シュークリームはシュークリームとして食べた方がエエなぁ~ 』

姿かたちはバッチリでしたが、お味はちょっと期待外れのたこ焼きシューでした。



プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム