一つ紋の色無地


ポケモンgoに気が入っているから、和裁の方は全く進んでいません。
そろそろ始めないと・・・

      DSC_1629_convert_20160807215729.jpg
      着付け教室のお友達に頼まれたブルーグレイの色無地です。

この地域の古いお家では、お通夜には色無地の着物を着るのが通例のようです。
彼女が持っているは若い頃の派手な色無地で、お通夜に着るには憚られるので
一つ紋(五三の桐)が入った地味な色無地を探して欲しいと頼まれ、
ヤフオクでやっと見つけた反物です。

      DSC_1632_convert_20160807215747.jpg
紋は縫い紋(刺繍紋)です。 お通夜なら染め抜きの日向紋が良いのですが、
ヤフオクで地色・紋の種類・値段の全てをクリアーする反物はなかなか出ません。
着付けの先生にも見てもらったらこれでもOKとの事で、よかった!
仰々しい紋より、さりげない紋の方が現代に合っているかも。

背紋の位置は 肩切り込みから 
              背の低い人なら ・・・ 2寸3分
              160cm以上なら ・・・ 2寸5分  と変えています。                   


刺繍の具合で 背紋の左右がドンピシャに合わないこともあるので、
何度も妥協出来る位置を探します。 

ちっちゃい模様なんだけど大事ですからね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム