こぼれ梅を使って

      DSC_1958_convert_20170106223836.jpg
初詣で行った三輪の酒屋で売っていた「こぼれ梅」を使って、
『みをつくし料理帖』に書かれていた “麗し鼈甲珠”にチャレンジです。

DSC_1959_convert_20170106223900.jpg すり鉢にこぼれ梅、白みそ、
 合わせみそ(赤みそがないので)
 日本酒を入れ、すりこぎ棒で練り混ぜる。




DSC_1960_convert_20170106223919.jpg 容器に作ったみそ床の2/3を
 入れてガーゼを被せる。

 卵黄を入れる穴を丸いスプーンで
 作る。
 
 
DSC_1961_convert_20170106223947.jpg 卵を割って卵黄のみ取り出す。
 (丁寧に作業をしないと卵黄が
  破けてしまいます。私は2個失敗。)

 みそ床の穴に卵黄を入れます。


DSC_1962_convert_20170106224008.jpg ガーゼに残りのみそ床を
 塗りつけ、卵黄の上に被せます。

 3日間冷蔵庫の中に置きます。



さぁ3日後、どんなような“麗し鼈甲珠”が出来るでしょうか?
お酒の肴に美味しいらしいですが、 
みそ床の各材料は適当~に合わせて作りましたので、ホント?です。
でもちょっと楽しみ

そうそう・・・
鼈甲珠を作った後のみそ床はもったいないから、
もう一度練ってから、鯛か鰆の切り身を漬ける予定です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム