八掛の交換

着付けのお友達が同級生から袖を通してない着物を貰ったそうですが、
袖丈が長いので短くして欲しいと頼まれました。
     DSC_1975_convert_20170117224213.jpg
袖丈1尺5寸 ⇒ 1尺3寸に。 短くするのは(これまでの縫い跡が残らないので)
仕上がりもきれいですし、作業も楽です。

     DSC_1978_convert_20170117224237.jpg
もう一枚も同様の袖丈直しなんですが・・・

     DSC_1979_convert_20170117224257.jpg
八掛が真っ赤なのでこれは何とかした方が良いということで・・・

     DSC_1985_convert_20170117224359.jpg
彼女が選んだの八掛に付け替えることにしました。

     DSC_1981_convert_20170117224330.jpg
今日和裁の先生宅に行ったら、
先生:『胴裏が茶色く変色しているから、新しいのに替えてあげたらスッキリするよ。』
  私:『えっ?元々茶色の胴裏じゃないんですか?』
先生:『ちゃうちゃう。これは変色してるんよ。』
  私:

     シミ
じっくり胴裏を見てみると、身頃の1か所に元の白色が残っていました。

昔の着物はこのように胴裏が変色していることが多々あります。
(古くても変色していない着物もありますが、)変色は使っている糊(のり)の影響らしいです。
最近の胴裏はいろいろ加工技術も発達し工夫されているので大丈夫ですね。

胴裏・八掛と裏の総替えになるのでエライコッチャですが、
この着物も一度でも袖を通してもらったらうれしいでしょうからがんばります。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ステキな物が出来るでしょうね

八掛けの色で随分イメージが変わってくるものなのですね。
ここらでセンスがキラリ、、、大事です。

私も久々にほどいていた物を仕立ててもらっている途中。
明後日は仮縫いに来るように言われてます。
「あなたこれはジミよー!」と言われてしまいました。
それで可愛いらしいデザインでお願いしたつもり、、、さてさてどうなりますやら
ワクワクしながらまっているんですよ。

方向転換

洋服も着物ももう少し若い頃は地味な色合いのものも選んでいたのですが、最近似合わなくなってきたように思います。
肌の色や体型が影響するのでしょうね。

着物は面積が大きいのでダークな色より明るい色目の方が爽やかに見えて、返って着物を着ています!感が薄れるような気もします。
着付けの先生(79才)は『私の年で地味な着物を着たら余計にお婆ちゃんに見えるから、いや~。』とオシャレ道を歩んでおられます。
ちょっぴり参考にさせていただこうかな~ ハハハv-411

洋服の仕立て上がりが楽しみですね。
是非見てみたいので、ヨロシク~ v-392
プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム