コートの丈伸ばし

近頃は着物のコートも羽織も長めの丈が流行っています。
(私の若い頃は2尺2寸ぐらいの短めでした。)
お友達にコート丈をできるだけ伸ばして欲しいと頼まれました。

      DSC_1984_convert_20170205200537.jpg
解いてみると、肩裏の縫代が充分に縫い込んでありますのでこれを伸ばすと
コート丈を長くすることができます。
でも身八つ・袖付けにも挟み込んでありますので、
袖付けまでも解かなければならないので大仕事です。

      DSC_1982_convert_20170205200553.jpg
身頃の長さは充分に伸ばせるのですが、ここで問題!
立て衿(前の4寸巾の部分)の縫代が1寸8分しかありません。
縫代をかつかつ2分にして1寸6分の丈伸ばしとなります。

      DSC_2033_convert_20170205200610.jpg
立て衿の縫代を2分にすると、立て衿の裾が軽くなりペラペラとして落ち着きませんので、
白の木綿布を縫代代わりとなるように縫い付けました。

      DSC_2034_convert_20170205200628.jpg
立て衿の裏側はこのようになります(手前は待ち針で止めている状態)。 
伸ばせた長さは1寸6分です。
折じわもアイロンがけでかなり目立たなくなりました。

      DSC_2035_convert_20170205200644.jpg
コート丈の伸ばしができました~  
お友達は背低横広()なのでコート丈2尺4寸5分でもいけると思います。

このコートは私が習っている縫い方とかなり違っていましたので、
いろいろ考えなくてはなりませんでした。 ふぅーーー。
和裁経験の無い人は お直しは簡単にできると思っておられるようですが、
反物から縫う方が案外楽だったりして・・・ 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム