付下げの柄合わせ

昔から着物には標準サイズというのがあって、
後巾8寸、前巾6寸、衽巾4寸、肩巾8寸5分、袖巾8寸五分、袖丈1尺3寸

まぁ大方の人はこのサイズに合わせて着物を仕立てられていたようですが、
近頃の若い人は背も高く 手も長くなっていますし、若い頃に比べて5~10kgは
体重が増えている年配の人も多いはず。(はーい! 

サイズの合わない着物は着付け難いし、着姿もスッキリしません。
やはり自分サイズの着物が一番です

これから縫うのは、ネエネエの付下げです。
    付下げ
『もうピンクの着物は要らないからね~』 との事で、
これまでとは傾向の違った色柄ですが、気に入ってくれるでしょうか。 
でもね、・・・ やっぱり花の色に合わせて八掛はピンク。 ハハハ
同系色(紺色)の八掛だと粋になってしまいますよね。

で、ここからが問題なんです。
振袖、留袖、訪問着、付下げ等の着物は、絵羽柄(柄が続いています)。
そして、その絵柄は標準サイズに合わせて描かれている為、
自分サイズに仕立てると絵柄が続かなくなってしまいます。 

そんな場合は・・・
      付下げ
普通は 後巾⇒前巾⇒衽(おくみ)巾 とヘラづけをしますが、
絵柄を重ね合わせながら衽巾⇒前巾⇒後巾 とヘラを入れます。

前身頃と後身頃の縫代巾に違いが生じますが、5分ぐらい迄の違いは
OKです。
ちょっとややこしいですが、これなら絵柄とサイズの両方を生かす事ができます。

着物の反物は巾約38cm×長さ約12m
この布を切り刻むことなく、無駄を出さずに、美しい民族衣装を考えた昔の人は凄い!と
いつも感心しています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム