動楽亭昼席<落語鑑賞5回目>

昨日は久しぶりに落語鑑賞。
にこりんぼと13:00に地下鉄動物園前駅で待ち合わせしました。

やはり駅構内に貼られているポスターが目を引きます。
DSC_2194_convert_20170410203344.jpgDSC_2195_convert_20170410203400.jpgDSC_2196_convert_20170410203415.jpg
右の雌ライオンの後ろ姿は、ゴロちゃんに似ていますヮ。
     DSC_2197_convert_20170410203442.jpg
      アフリカ・・・ いえいえ動物園前です・・・

DSC_2198_convert_20170410203812.jpg
動楽亭は①番出口を上がって直ぐです。
入場料は2500円ですが、にこりんぼが会員カードを持っていて2300円。

[演目]:
 桂 りょうば  『子ほめ』
            桂りょうばさんは故桂枝雀さんの長男。アマチュア落語家として
            活動していたが、桂ざこばに弟子入り。1年での年季明け。
            今年1月に同亭で初高座。

            なかなかシュッとしたお顔をしてはります。
            声もイイし、話も上手いです。 これからなんでしょうね。
 
 桂 鯛蔵   『看板の一(ピン)』
          この方もシュッとしてはりました。よかった・・・

 桂 出丸  『上燗屋』  
         酔っ払いがお酒を飲む仕草を熱演してはりました。
         お酒がお好きなんでしょうねぇ~ (検査の為禁酒中とか)

 桂 千朝  『ながたん息子』
         この方の落語を聴くのは3回目だと思います。
         人物の振り分けがちょっと分かり難くて困ります。
         人物Aの最後のフレーズと人物Bの最初の言葉の間がないのです。
         そしてAとBの顔向きがほとんど一緒なのもわかり辛い要因かな?
         だから話が超スピードで進んで行くのです。 ちょっと待って~

ーーー中入りーーー

 桂 まん我  『紙入れ』
          にこりんぼお気に入りの落語家さん。
          この方ちょっとシャイな感じ、枕話はグイグイ押すんじゃなくて
          ちょっと引き加減で話されるんです。その照れた恥ずかしそうな雰囲気が
          この人の魅力なんでしょうね。
          女将さんを演じられる時の色気も嫌味がなくて上品。
          古臭くまとまってないのがイイ感じ~

 桂 雀三郎  『動乱の幸助』
          この方の落語は初めてです。
          御髪が後退されていて() 一見普通~の落語家さんのように
          見受けられましたが、いや~よかった!
          落語に丸みと優しさと可愛らしさがあるように感じました。
          『ヨーデル食べ放題』(環状線鶴橋駅のテーマソング)を歌ってるのは
          この方だとか。 やるなぁ~
          そして、薄若草色の着物の袖から見える長襦袢or袖口布の色は
          何と赤色! 高座の赤い毛氈と相俟ってとても素敵。
          ホントやるなぁ~      
     
今回の落語会は本当よかったです  大満足 
  
         
          

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

そーかー!もう5回目やったんやね。
その内の3回も千朝さんの出たはる会やったとは…!?
気付いていませんでした。
次はもっと別の組み合わせの時を狙いましょう e-200
“照れた恥ずかしそうな雰囲気”がまん我さんの魅力というのも、これまで聞いたことのないご意見でございます。
雀三郎さんは素敵よねぇ。
枝雀さんの二番弟子でいらっしゃいます。
「胴乱の幸助」という噺そのものも面白いでしょe-348
プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム