ヘチマの帯枕と帯板

だんだん暑くなってきましたネ。
着物を少しでも涼しく着れるように、小物類の工夫をしています。
DSC_2288_convert_20170529201915.jpg
昨年ファーマーに植えてもらったヘチマをやっと利用する事に。

帯枕
帯枕: 細目のヘチマを長さ約22cmに切って、蒲鉾のように
    形作り、麻布を被せて縫いかがります。 
    出来た帯枕にガーゼを被せて枕紐とします。

ヘチマ+ガーゼ
帯板: 長さ約42cmのヘチマにカッターナイフで縦に切り目を入れます。
     少しづつ中の芯を削り取り(ここが大変)ながら広げ、ペッタンコに
     します。金槌で叩き表面を落ち着かせます。
     13.5cm×40cmの大きさに切り、角を丸くします。
     表面のざらつきを抑える為にガーゼを被せます。
     同じ大きさに縫った麻布(ゴムベルトを一緒に縫うとスッキリ)に
     入れ込みかがります。 

帯枕と帯板
ヘチマの帯枕と帯板が出来上がりました。

DSC_2293_convert_20170529201931.jpg
帯板のゴムベルトは、ちょっと太めのブラジャーの紐のような物が
あったのでそれを利用しました。

少しは暑さを防げるでしょうか?
次の着付けクラブでお試しをしてみます。

 
          
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム