ウールの着物

今日は一日中雨で、予想通りの梅雨入りとなりました。
やはり雨の日は和裁をして過ごします。

昨日和裁のHo先生宅に行ったら、Hi先生からの着物が沢山あって
欲しい人は貰ってくださいとの事でした。
で、羽織2枚(帯にする予定)とウールの着物を1枚いただきました。

      DSC_2301_convert_20170607233351.jpg
          未使用のウールの着物です。
地味ですが、私のサイズにかなり近く 少しの手直しでいけるかも・・・?

      ウール
袷仕立てで、八掛は深緑色で素敵なんですが、胴裏にシミが出ています。
それで胴裏と八掛を外して、単衣仕立てにすることにしました。

でもね、単に胴裏と八掛を外しただけで済みません。

単衣は背筋の縫代を背伏(せぶせ)で包みますので、背縫いを解きました。
裾の長さが揃ってなく歪んでいたので、左右脇縫いも解きました。
着丈を少しでも伸ばしたいので”切りくりこし”にするので、両袖を外しました。
全部縫い直すと、衽縫いの縫目の粗さが気になってそこも解きました。

結局、袖の形だけそのまま使えそう・・・ 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム