伊勢神宮&おかげ横丁 <まぐろ女子会>

翌朝は5時起きで、再び温泉に入りました。(ナント、睡眠時間は2時間 
いろいろ楽しまなくっちゃ~ ってことで、朝食は1番早い7:00に。

朝食:レストラン「英虞のうみ」でバイキング
     DSC_2376_convert_20170715204954.jpg
まだまだ沢山あったのですが、お皿に乗らなかったので・・・勿論、コーヒーもパンもネ

DSC_2374_convert_20170715205012.jpg レストラン入口近くにあった
 ディスプレイ? 
 コップの中には真珠玉がいっぱい
 入っています。
 やっぱり英虞湾は真珠!


     写真
   出発する前、ホテルの方が私のスマホで写真を撮ってくれました。
   慣れておられるのか看板ボードも用意していただきました。


伊勢神宮 内宮 ⇔ 伊勢志摩近鉄リゾート各ホテルを結ぶ「パールシャトル」に
乗って伊勢神宮へ。
DSC_2389_convert_20170715205101.jpg 若い頃に内宮へは何回か訪れていますが、
 その頃に比して参拝客が多いのに驚きました。
 背広を着た中高年男性の団体客も多かった・・・
 遠くの地方から来られてるみたい・・・
 

 
    DSC_2383_convert_20170715213636.jpg
皇大神宮(内宮)は皇室の御祖神・天照大御神を祀るわが国で最も尊いお宮。
奈良県にも橿原神宮・春日大社・大神神社等々がありますが、
やはり伊勢神宮はスケールが違いますね。

DSC_2387_convert_20170715205327.jpgDSC_2388_convert_20170715205342.jpg
芦毛の馬「空勇(そらいさむ)号」は ずっとむこう向いていました。
恥ずかしいのか、面倒なのか・・・


DSC_2390_convert_20170715205400.jpg お伊勢さん参拝後は、
 すぐ横にある「おかげ横丁」へ。

 おかげ横丁は伊勢神宮へのおかげ参り
 ブームが起こった江戸から明治期の
 伊勢路の建築物を移築などで再現、
 三重県や伊勢地方の魅力を凝縮しています。
 老舗の味から名産品、歴史や風習、
 人情まで一度に体感でき、
 食べ歩きやショッピングも充実。

 
 若い頃にはおかげ横丁なんて
 無かったんだけど・・・

 昔ながらの趣を残していて
 歩いているだけでも楽しめます。
 遠くからお伊勢参りに来た方にも
 満足してもらえますね。
 
  
DSC_2395_convert_20170715205434.jpg ♪伊勢の名物赤福餅は
 ええじゃないか~♪
 の赤福本店です。
 ここは古いですよね。



DSC_2396_convert_20170715205452.jpg 赤福本店の店頭にある
 朱塗りの竈(かまど)。
 以前も見ました。
 懐かしい~・・・若かりし頃。



マチコさん&ユキコさん:
『伊勢神宮に参拝した時には絶対食べるべき夏季限定のスイーツがあるみたい!』
     DSC_2394_convert_20170715205510.jpg
           それは「赤福氷」です。
一言でいえば、かき氷の中に伊勢名物・赤福が入っています。赤福は一年中あるものの、
この赤福氷は毎年期間限定で、毎年6月~9月くらいまでの限定販売。 520円

美味しいです!  かかっている抹茶の蜜が抜群、食べすすむと中に
赤福餅が入っているのですが、お餅は冷えると固くなるから白玉団子かも?
まぁ宇治金時なんですが、この美味しさなら大阪では倍のお値段はしますネ。
赤福氷を食べに行く為に近鉄特急に乗ってもイイ!と思いました。

DSC_2393_convert_20170715205528.jpg お正月だけでなく普段も
 しめ縄が飾られているのも
 伊勢の特徴かな。
 そして、ツバメが巣を作って
 子育て中でした。


お昼ご飯はおかげ横丁の「ゑびや」で鯛茶漬けをたべました。
                         (写真撮り忘れ。寝不足?)

おかげ横丁を楽しんだ後は、バスで近鉄宇治山田駅へ。
DSC_2399_convert_20170715205554.jpg
構内の喫茶店で、帰りの電車の時間調整と 来年の行先決定会議
ヒロコさんはここから預けていた車で帰路へ。 ズッコさんは名古屋へ。
残り4人は近鉄特急のサロンカーで鶴橋駅へと・・・・ 
来年の旅行を楽しみにしながらお別れしました。

オマケ:
DSC_2402_convert_20170715205614.jpg
駅のショッピング内にあった時計ですが、着物などの生地を染めるのに用いられた
伊勢型紙の模様が使われていてちょっと素敵でした。
真珠赤福氷伊勢型紙が印象深い今回の旅でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム