上方歌舞伎会

先週の土曜日は【上方歌舞伎会】を見に国立文楽劇場へ行きました。

DSCN1445_convert_20130830231521.jpg
【上方歌舞伎会】は、
関西(上方系)の若手俳優さんが,毎夏勉強の場として行っている舞台です。
日頃舞台を脇で支えている俳優さん達が大役に挑みます。
野球で言えば二軍の試合のようなものですから、通常の歌舞伎よりチケット代もお安いです。
一昨年も見に行ったのですが、良かったので今年も行きました。

今年の演目は、『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』と
       『伊勢音頭恋寝刀(いせおんどこいのねたば)』です。
菅原伝授手習鑑の”梅王丸”と 伊勢音頭恋寝刀では仲居の”万野”を演じた役者さんが
ヨカッタ!

DSCN1436_convert_20130830231700.jpg
和裁のH先生のお知り合いを通じて・・・ですので、席は前から6列目でした。
やはり緞帳は、歌舞伎のシンボルとなっている定式幕。

DSCN1437_convert_20130830231835.jpg
30分の休憩が2回ありましたので、お弁当を買ってたべました。

う~ん、来年も見に行きたいなぁ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム