博多献上帯

知り合いに、【博多献上帯】の仕立てを頼まれました。

DSCN2004_convert_20140403230230.jpg

”松葉仕立て”といって、お太鼓部分を折り返して耳を約3尺かがり、手の部分を半分に折って
耳を1尺ほどかがります。  仕上がりました。
博多帯の耳はぴょこんと丸くなっていて(大きさは極小さく1mm位)、合わせる2枚のぴょこんを
ずれないように2mm(つまり1ぴょこん置きに)づつ、かがっていきました。
だから、目に疲れが~。 
細かい事をした後は必ず  もう若くないねと~  と 歌のフレーズが浮かびます。

私も白っぽい博多献上帯を持っています。
締める時キュキュウと絹擦れのいい音がするし、また締め易いのですが、
しかし、なかなか着物に合わせにくい帯だと感じています。
・単だから袷の着物に合わせるのはどうなんだろう?
・縞だから粋に成り過ぎる?
でも、そこをクリアーしなければ・・・・・まだまだ着物道は続きますねェ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム