縞の名古屋帯

お友達の色無地がやっと仕上りました・・・
次は、この前の【縞の名古屋帯】の仕立てに取り掛かりました。

      DSCN2416_convert_20140603215404.jpg
3枚の名古屋帯が作れるように裁断した反物です。

普通、帯巾は8寸(30.2㎝)。 前帯はそれを半分に折りますから4寸(15.1㎝)。
現代の人は背が高くなったので、前帯巾が4寸だと帯が細く見えて貧相です。
前帯巾は[身長の1/10 + α]にするとバランスが良いようです。
私の身長は160㎝ ⇒前帯巾は16㎝+α ⇒4寸3分ぐらい必要です。

じゃぁ前帯巾4寸3分で作れば良いとならないのです。 お太鼓部分は倍の
8寸6分になってしまい、1年生が大きなランドセルを背負っている状態になります。
で、私は名古屋帯を”松葉仕立て”や”開き仕立て”にするようにしています。

今回は、丁度ベージュ色の帯裏用の反物があったので”開き仕立て”にしました。

DSCN2536_convert_20140621214534.jpg
 表生地と裏生地を縫い合わせ
 帯芯を縫いつけた状態です。

 染帯用の芯は起毛されていて
 普通の名古屋帯用より堅め。
 
 3回、針を指に刺した


DSCN2539_convert_20140621214655.jpg
 帯の中ほど
 20㎝ほど縫い合わさずに
 開けている所から手を突っ込んで
 帯をひっくり返します。



 

DSCN2540_convert_20140621214818.jpg 
 ひっくり返したら、
 角をキレイにし 生地と芯がなじむように
 整えます。
 縫い残していた部分を まつりくけて、
 アイロンと寝押しで仕上げをします。



      
      DSCN2555_convert_20140621214248.jpg
出来上がりました!
生地と帯芯を合わしても、又々Tシャツ価格 ・・・やったぁ!
次の着付け教室は”銀座結び”の練習だから、この縞の帯が・・・イイかもネ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

名古屋帯の仕上がりおめでとうございます。
大変分かりやすい解説はどえらい参考になってまった 普段知らんもんだで。

No title

名古屋弁を操る局長さん、おはようございます。

私は宇陀弁が得意!
『このほっか弁もみないなあ。どうしょうどぉ。
あましたらみっともないし・・・』
                    ハハハv-411





プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム