先生の着物ファッション②

今日は着付けクラブに行きました。
今日の先生のファッションのご紹介です。

DSCN2856_convert_20140731192204.jpg
着物は夏大島です。 木のような or シダのような織模様です。
帯留めは青いトンボ玉。 帯揚げはベージュ。

DSCN2858_convert_20140731192322.jpg
帯は麻の袋名古屋です。 織がザックリしていて夏らしい帯です。

先生の着物対処法は、
  ・着物を脱いだら直ぐに風を通す。
  ・揮発油で衿などの汚れを取る。
  ・丸洗いはあまりせず、丁寧に着て、最後は洗い張に出す。
  ・そして八掛を新しい色にかえて、仕立ててもらう。

だから、どの着物も八掛の色が今風でオシャレなんですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰いたしております。
今朝はまとめてしるたんさんのページ拝見しています。

着付け教室の先生のお着物姿素敵ですね
でも、けっこう手がいるんですね v-292
しるたんさんの解説入りですので、知識の無い私でも
楽しく拝見できます。また勉強にもなります~~~
でも、実物を見るのが何倍もいいんですよね。

No title

レモネさん、おはようございます~♪。
着物は日本人に一番合う衣だと思いますが、手が掛かるのが難点ですね。 
そしてこの暑さですから、より汗対策、後処理が大変。
着付け教室で2時間着ただけで汗ぐっしょりですし、衿には汚れが付きます。その対策としてはスッピンです。ハハハv-411

でも、着物は素敵ですよね。



プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム