一閑張のバッグと籠

飛騨高山に住む友人が、一閑張のバッグと籠を作って送ってくれました。

      DSCN2984_convert_20140824102123.jpg
左: 柿渋で仕上げた大きな籠です。
右: 漆を3回も塗ってくれたバッグです。


      DSCN2987_convert_20140824102158.jpg
着物を来た時に持つバッグで、
『紐と中に入れ込む巾着は自分好みに作ってね。』と手紙に書いてありました。

一閑張は一貫(3.75㎏)の重さにも耐えるほど丈夫なのが由来なので、一貫張と
漢字を書く地方もあるそうで、
その上に、漆をしっかり塗ってくれているのでとても丈夫そうです。

浴衣に持つだけでは勿体無いので、紐と巾着をいろいろ作って年中使えるようにします。

      
      DSCN2990_convert_20140824102234.jpg
『大きめの籠はゴミ箱にでも使って』 とありましたが、
いえいえとても素敵な籠ですから、ゴミ箱にはできません~。

一閑張のバッグと籠を頂いた嬉しさ・・・
”物を作る楽しさ”を分かち合える友人がいる嬉しさ・・・
      嬉しさをいっぱい感じた昨日でした。 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一閑張りのバック、素晴らしいですね
初めて見ました。
手の込んだ素敵なバックを手に、和服を着こなして颯爽と歩くしるたんさんを想像してみました。
とても素敵です!! アハハ(*´∇`*)

ボデーのよしこさんへの書き込みするのですが、何度やっても拒否されてしまいます。
何故かな~~~?

No title

飛騨高山の友人素晴らしいと思います。バックと籠を一生懸命に作っておられる姿が目に浮かびます。

No title

レモネさん、今晩は~。

一閑張りのバッグ良いでしょう。 まだ漆の匂いがします。
ちょっと好きな”和”の匂いです。v-355
ところで、
[コメントの管理]を調べてみましたが、特に変わった所はなくいつも通りでした・・・(v-216 あんまりわかっていません。ごめんなさいねv-409

No title

局長、いつもありがとう~。


飛騨高山と一閑張り・・・イメージ通りですよね。
友人が私の為に一生懸命作ってくれたのですから、飾って置かないで愛用します。
それが一番のお礼かな・・・e-83v-335v-433
プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム