基本からやり直し

和裁を習い始めてもう13年。 着物をたくさん縫いました。
次は、もっときれいに縫えるようになって行きたいと思います。

が、今のままでは無理! ・・・・・ というもの私の運針は自己流です。
基本の運針を身につけなければ、針が布に対して直角に入らないし
針目の大きさが完璧に揃わないし、縫うスピードも早くなりません。


それで運針を一からやり直すことにしました。
和裁師(男性)がYouTubeに運針の方法をのせておられるので見本にしています。

      DSCN2992_convert_20140825223312.jpg
用意したのは、半分に折ったまめ手ぬぐい ・ 針 ・ 糸 ・ 指ぬき。

まめてぬぐいは、以前住んでいた所の夏祭りでもらったものですが、
黒まるを線代わりに使えるから便利。

      DSCN2993_convert_20140825223343.jpg

今までの布の持ち方・針の持ち方と違いますので、全く駄目です。
右手の親指と人指しがつりそうだし、手首が腱鞘炎になりそう・・・

でも時間を見つけては、まめ手ぬぐいをチクチクします。
   
      トリプルアクセル 飛べるかな? 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「基本からやり直し」素晴らしいと思います。上達の要諦は基本にありますが和裁キャリアのあるシルタンにして基本に戻る その姿勢に感服しました。
たぶんキャリアを積んだからこそ基本の重要性を再認識されたのかも。

No title

和裁を始められて13年とは、すごいキャリアですね
継続は力なり~~~!!

事務局長さんがおっしゃるように、基本が大切だといわれる言葉にも
しるたんさんだからこそ、説得力があるのだと思います。
見習わせていただきたいです。

No title

局長、今晩は~。

やはり基礎ができていないと、頭打ちになりますね。
実は・・・
小学校5年の時、運針の宿題があったのです。家庭科は好きだから縫いたかったのですが、他の宿題がいっぱい残っていて、母に頼んで塗縫ってもらいました。S先生は縫い目が揃い過ぎているから『これ自分で縫った?』と聞きました。 私は『はい』と答えましたが、先生はわかっていたのです。 それが今も心にチクリと残っています。
運針が上手くないのも、その宿題をしなかったのが原因かも・・・v-395
S先生は、その後もかわらず優しかった・・・v-406

No title

レモネさん、こんばんは~♪

指も手首も段々固くなってきているお年頃ですから、
今までやってきた動作を変えるのは大変です。
何事もちょっと急ぎ過ぎの私です。 
この際大いに反省して時間がかかると思いますが、ガンバリマス。v-398


プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム