紫の縞の雨コート

最近落ち着いて和裁をしていなかったのですが、雨コートを縫い始めました。

DSCN3393_convert_20141003221859.jpg
持っている雨コートは赤色なので、もう流石に着れません。
(と言っても一回も着ていませんが・・・。)

ヤフオクで紫の縞の雨コートの反物が出ていたので落札しました。
いつも通りのユニクロTシャツ価格。

雨コートの反物は防水加工されています。
縫い方は普通のコートとほぼ一緒ですが、
違いは・・・・着丈を裾までの長さにする
       ・立て衿の裾端は丸みをつける
       ・単衣仕立て(滑りをよくするため肩当のみつける) ぐらいです。

コート類は、普通の運針の縫い方(ぐし縫いor並縫いという)ではなく、
半返し縫いをします。 そして、きせをつけないで、縫い目を割ります。

半返し縫いは、本返し縫いよりしっかりするのです。
縫い目が笑わないよう、私はちょっときつめに半返し縫いをします・・・




   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「縫い目が笑わないよう」の意味がわかりません。

No title

今晩は~。

「縫い目が笑う」は、縫い目がゆるんで開くことです。

洋服⇒ミシン縫い。ミシンは2本の糸だから2度縫っていることになり     ます。縫い目をアイロンで割ります。縫代は左右に分かれます。

着物⇒手縫い。1本の糸ですから、1度縫いです。
     ミシン縫いに比べ、縫い目がそれほど丈夫とは言えません。
     その為縫った所を割らないで”きせ”を作ります。縫代は片方だけになります。

着物のコートは洋服のように縫い目を割ります。
1本糸なので縫い目がゆるんで透かすと向う側が見えたりします。
そんなゆるんだ状態の縫い目の事を「縫い目が笑っているv-411」と言っています。

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム