水に浸して地直し


普段着用に以前から欲しかった久留米絣ですが、最近は絹物より木綿の方が
人気があってヤフオクでもお高いのですが、上手くゲット出来ました。

木綿の着物ですから、家で洗うことが出来ますが、
着物に仕立ててから洗って縮んだ!とならないように、仕立てる前に
水に充分浸して布目を詰めておかなければなりません。

      
      DSCF0503_convert_20150121203234.jpg
反物を水に浸して、押ししぼりして、陰干し(今日は曇りでした)しました。

少し湿り気のある内にアイロンをかけたらOK。上手く行きました。
若干縮んだ(反物巾で1分=3ミリ)ように思いますが、縮ますのが目的ですからね。

単衣(ひとえ)に仕立てるか、木綿は裾さばきが悪いので腰部分から下だけ
胴裏と八掛をつけるか・・・迷っています。 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

着物は良いなあ

久留米絣の着物は素敵なのでしょうね。
私の方洗い張りだったり反物で仕入れ、洋服に仕立てて貰ってますが
季節を問わず楽しむことができていてお得気分です。

知人に「着物を楽しむ会」に参加している方がいて、先日写真を見せてもらったのですが、
年齢問わずとても素敵に楽しまれていて羨ましいく思いました。
お話を聞くとみなさんのお召しの物の殆どがリサイクル、時には物々交換もあるのだそうです。
箪笥の肥やしよりはましかな〜
何はともあれ着付けが出来る人でないとね、、、

和服地は凄い

レモネさん 今晩は~♪

やはり和服地は凄いですよね。

着物v-335にしても、洋服v-324にしても映えます。

絹(シルク)が多いですが、天然素材の奥深さが滲み出るのかな?

着物はデザインが決まっていますから、昔から生地と柄で勝負されてきて、和服地の凄さになったんだと思います。

昨今は”嫁入り道具の箪笥の肥やし”は作らないようです。
着物を好きな人が、リサイクルを利用したりして手ごろな値段で気に入った着物を手に入れて楽しむ雰囲気になってきました。

その方が日本の伝統文化である着物が廃れず、続いて行くのじゃないかなぁ~。

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム