再び大島のおついこ

今日は和裁教室へ。
先日の学園祭で展示した着物の引き取りと、次の縫い物をしに行きました。

DSC_0179_convert_20150326201756.jpg
姉から男物の大島でおついこを縫って欲しいと頼まれたので、
反物の見積もりをしました。
姉は背が高いので、反物の長さを充分に考えて裁断しなければなりません。
なんとか着物分と羽織分が取れました。

羽織の肩裏は持っているものの中で、姉に一番合いそうなものを使いました。
男物の反物ですから、キリットしたものは打ち消し合うし、
可愛いやさしいものでは負けてしまう・・・

そんなこんなを考えて、
薄ピンクにオシドリの絵柄の羽裏に決定。(写真より実物の方が素敵です。)

着物の八掛の色は・・・
紬用で持っているのは明るめの紺色、えんじ色、濁った山吹色なんです。
紺色が無難かな?

近頃絹製品全般が値上がりしているので、
ヤフオクや着物リサイクル店で着物の反物を安く手に入れても、
その反物にバッチリ合う八掛や羽裏を呉服屋さんで買うとなると
非常に高くつきます。

ネットでお安く八掛を買おうとしても、
カメラやモニターによって発色が違うので失敗することが多いです。

なかなか上手く事は運びません・・・




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム