明日香の岡寺へ

今日の朝刊に 「岡寺の石楠花が見頃」と載っていたので見に行きました。
一人でゆっくり ブンブン

  DSC_0300_convert_20150423203958.jpg
岡寺は西国三十三ヶ所観音霊場の第七番札所です。 訪れたのは4回目。
(既に西国三十三箇所霊場巡りをして、おいずるに御朱印をもらってます。
 いつでもOKなんですぅ・・・ハハハ


DSC_0316_convert_20150423204432.jpg (三重宝塔へ行く道から見た)
 本堂です。
 文化2年(1805)の上棟。
 4mを超えるご本尊が安置されているので
 境内の中でもひときわ目立つお堂です。


       DSC_0328_convert_20150423205732.jpg
本尊は如意輪観音像で、日本最大、最古の塑像(土でできた仏像)。
日本三大仏にもあげられており、重要文化財に指定されています。

日本三大仏とは、
      ”銅像”の東大寺 毘盧遮那仏(奈良の大仏)
      ”木像”の長谷寺御本尊 十一面観世音菩薩
      ”塑像”の岡寺御本尊 如意輪観音菩薩
      らしいけれど・・・奈良ばっかりで良いのかなぁ~



DSC_0310_convert_20150423204311.jpg 本堂の前にちょっと変わった木が

 近づいてよく見ると・・・

 【 岡寺のこのもちの木は
   願いをもちかなえる木です。
   龍玉をおかけください。 】

 ご本尊にお参り後、グッズコーナー?を
 見ると、龍玉は1個 600円でした。

 観音さんにお参りだけで充分・・・。
 








DSC_0319_convert_20150423204537.jpg 三重宝塔は文明4年(1472)7月21日の
 大風により倒壊。
 
 昭和59年の弘法大師千百五十年御遠忌を
 契機に復興に着手、
 昭和61年に実に514年ぶりに再建
 とあります。

 塔は若いですが
 緑のもみじと相まってイイ感じです。











DSC_0324_convert_20150423204800.jpg 鐘楼堂

 正確な建立年代は不明です
 梵鐘には文化5年(1808)と刻まれており、
 建築様式などから本堂と同時期に
 再建されたもの

 鐘の中央付近に7つ穴があいてます。
 これは先の戦時中に供出のため鐘の材質を
 調べる為にあけられた穴の跡です。
 
 しかし幸運にも供出の難から逃れられ、
 現在もその音色を明日香に響かしています。

 難を逃れた鐘という所以からか、
 【 厄除けの鐘として 
   ご自由にお撞き下さい 】

 で、願いを込めて撞きました。


DSC_0321_convert_20150423204653.jpg 三重宝塔の所から
 明日香の村が見えました。

 のんびり、ゆったりしている
 あすか岡寺です。



               石楠花は・・・  つづく



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム