袖の丸み

春になってウロウロ出歩いていたので、あまり和裁をしていませんでした。
ここ最近は暑くなったので外に出ず、家でゆっくりチクチクしています。

と言うもの、現在、着物3枚と羽織2枚の仕立てを頼まれています。 おぉぅ
でも、全て袷(あわせ)だから秋までに仕上げればいい訳です。 ホッ

DSC_0441_convert_20150528223609.jpg
DSC_0440_convert_20150528223456.jpg

写真左は袖の丸みの部分ですが、その丸みを作るには写真右のようにしなくては
なりません。 着物を縫うのも案外手間がかかります。
昔は着物で生活していたから、縫い方は丈夫に!が重要だったわけで、
いろいろ約束事があります。

袖の丸み(カーブ)は若い人は大きく、年配の方は小さ目にするのですが、
着付けの先生(今年喜寿?):
『 袖の丸みの小さいのは年寄りぽくって嫌い。大き目の方が若々しいやん。』

オシャレで元気はつらつの先生らしいお言葉です。  ハハハハハハ 



[今夜の阪神タイガース] 今日も延長戦で、先程試合が終わりました。
                福留のサヨナラ押し出しで、勝ちましたぁ~。


             
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

元気ハツラツ♪

しるちゃん、こんばんは★彡
私の住む団地にいつもパステルカラーの綺麗なお洋服をお召しのお婆さんが住んだはって、たま~にエレベーターなんぞでお会いします。
案外お年寄りには綺麗な色が似合ってはったりするもので、お会いする度に、自分の年齢に合うものを着ようとするんやなくて、幾つになっても自分の着たいものを着てたらええんやなぁ…って思いますねん。
無理矢理若作りしようとするのはどうかと思うけど、好きな色や好きなデザインを着ていたら、自分らしくいられるもんね。
お袖の丸みの大きい方が好きって言わはる先生、素敵やわ

素敵な方です

にこりんぼはん、今晩は~v-484

先生は着付けに携わってもう50年以上だそうです。
昔は花嫁さんの着付けも多くて忙しかったとか。
着付け教室でいろんな女の人と接して来たからか、適格にその人の性格をつかんでおられるようで、対処の仕方が上手いのに感心します。継続は力なりですね。

着物姿を如何に美しく見せるかをずっとやってこられているので、着物以外の美にも積極的です。
可愛い小物を持ってはったりするんです。
おしゃれは生きる力を生むんだと思いますねェ。 
ホント、素敵な方です。v-352 v-411


プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム