文藝春秋9月号

やっぱり買ってしまいました・・・

DSC_0752_convert_20150810225340.jpg
又吉 直樹の『火花』を読みたかったのですが、文庫本が出るまで待とうと
我慢していました。
この前 新聞に文藝春秋9月号の宣伝が載っていて、
第153回芥川賞受賞のもう一作品 羽田 圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』の
両作品が掲載されているようですから、今日買いました。
明日の和裁教室への電車の行き帰りに読みます。 楽しみです



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も買ってみます

"火花"はすごい事になっていますね
印税だけでも数億円になるそうですが、事務所の吉本興業の
取り分が・・・
なんて余計な心配までしているテレビもあるみたい~
出版業にも良い活性化になるのかも知れませんね。

私の周りは文庫本が出るのを待っている人が多くて、
読んでみたいけど金は惜しいし~!!て人ばかり
『文芸春秋』私も買います。

発行部数が凄い~

文藝春秋9月号は芥川賞受賞の2作の他にもいろいろ掲載されています。
ジャンボ機墜落で負傷救助された川上慶子さんのお兄さんが手記を書かれていますが、心打つ文章でした。
970円ですから、お得ですね。

”火花”は130万部、文藝春秋9月号は105万部ですから、凄いです!
又吉直樹さんは、自叙伝『ホームレス中学生』を書いた麒麟・田村裕さんとは違って、今後も小説を書いて行くでしょうから楽しみです。

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム