浄願寺

一昨日は、葛城山のふもとにある浄願寺に行きました。

      DSC_0762_convert_20150921205250.jpg
【浄願寺】: 行儀菩薩(奈良時代の僧)によって開山された。
        1千2百有余年の長い歴史とともに、通称「子授け寺」として
        その名を全国に知られています。( 知りませんでした・・・)

DSC_0759_convert_20150921205148.jpg この日の午後、フラダンスの先生が
 お寺でヨガの講習をされたのですが、
 『空いた時間にフラの練習をしましょう。』と
 ミニ発表会前の特訓をしました。
 
 広い芝生の上でのフラフラ~はイイ感じでした。
  


      DSC_0734_convert_20150921205023.jpg
本堂の裏手に、”癒しの庭園”が作られています。 庭園の入口の参學門です。
(昨今、どこのお寺も檀家さんが少なくなり、いろいろと頑張っておられるようで・・・ )


DSC_0735_convert_20150921205344.jpg 拝観料500円を払うと
 絵馬札を3枚いただけます。
 家庭・健康・経済の3種、
 それぞれ白(現状維持)と黒(今以上を願う)があり、
 私が選んだお札は・・・秘密 


DSC_0736_convert_20150921205441.jpg 

 庭園を歩いて行くと
 絵馬札を入れる賽銭箱が
 それぞれあります。
 
 ここは知足観世音菩薩。
 
 ミニミニテーマパークのように
 癒しの庭が作られています。
 
 (いろいろと頑張っておられます・・・
 

  






DSC_0758_convert_20150921205807.jpg 庭園内は、花も多種植えられ
 バラ園があったりしますが
 一番力を入れられているのは
 ハスの花だと思います。
 ハスが植えられた大きな鉢が並んでいました。


DSC_0749_convert_20150921205552.jpg なんと孔雀舎もあり






DSC_0757_convert_20150921205644.jpg 二羽の孔雀が飼われていました。
 残念ながら、
 羽を広げた姿は見れませんでした。




            頑張っておられる浄願寺でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム