緑の綿紬


仕立てを頼まれた着物を縫っています。

     DSC_0961_convert_20151202220647.jpg
緑色の紬ですが、素材は絹ではなく綿でした。
表は模様が織り込まれていますが、裏は緑の無地ですから、
単だと歩いた時に無地の裏が見えるから、袷に仕立てています。
八掛はやはり緑系にして、スッキリさせました。

これまで綿の反物を何枚か仕立てましたが、反物の丈(長さ)が短いですね。
この着物もカツカツで、袖の縫代を5分にしないと無理でした。

着物の表と裏がそれぞれ縫えたので、次は裾合わせになります・・・

今年中にあと3枚縫えるでしょうか・・・ どう考えても無理か・・・





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しるたんの 和裁技術が各方面で確実に認められているという事実が複数の仕立ての依頼につながっているのだと思い 遥か遠くではありますが応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

10年後は・・・

局長ありがとうございますぅ~♪

物を作る楽しさは何とも言えませんね。
あと10年もすれば、和裁をする人は極端に少なくなると思います。
その頃には、『着物を縫える人~』と重宝されるかも・・・へへへv-398

似合うと思います

○△ちゃん、今晩は~♪

最近は、着物通の人は絹より綿の着物(浴衣は除く)を好む傾向にあります。(ヤフオクでも綿の方が高値がつきます。)

とても良い綿織物だから、シワも余りつかないと思います。
先生も良い柄だと褒めていました。

着物は形が一緒だから、色柄で勝負!v-91
○△ちゃんが着たらきっと似合うわ~ v-411

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム