布に力が無いから・・・

着付けクラブのお友達から亡きお姑さんの着物を着たいのだけど・・・
と相談されました。

DSC_1245_convert_20160224235839.jpg
大島紬でとても軽く、
飛び柄が今でも古くない模様で本当に素敵な着物なんですが、

何せ70年程前の着物ですから、袖丈が1尺1寸で極端に短いし、
それより何よりも破けが多いのです。
で、昨日和裁の先生に見てもらいました。

DSC_1247_convert_20160224235944.jpg
前身頃と衽の縫い合わせでは、もう布が切れています。 その部分以外にも。
解いて洗い張りをしても布が持つかどうか・・・もう布に力が無いのです。
着るなら、敗れている箇所をやさしく纏るしか仕方がないという結果になりました。

素敵な大島ですから、何度も仕立て直しをされて着続けられたのだと思います。
ここまで着てもらったら、着物も本望ですよね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大島紬が再び

時代を重ねて受け継がれた大島紬が再び息を吹き返すのが
楽しみですね。
そのお手伝いをなさるしるたんさん素敵で~すv-424

どうするか・・・

この着物をよみがえらすのはちょっと難しいみたいです。
お友達にその旨伝え、どうするか・・・。
うぅ・・・んv-390
プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム