読みました(51)

和裁が昇り調子、やっと身に付きそうな気配で最近はのめり込んでいます。
ちょっと忙しいのですが、読みました(51)。
              (50は㊿が有ったのですが、51から有りません

      DSC_1305_convert_20160313202552.jpg

左: 藤沢 周平  『 驟り雨 』(はしりあめ)  ★★★★

   10編の短編集。 ほとんどが江戸下町の裏長屋が舞台。
   中でも、表題作の「驟り雨 」が一番好きです。
   藤沢周平の作品は、市井の人々の物語より 武士の世界を描いた物語の
   方が素敵だと思います。 品があるので・・・。


右: 本谷 有希子  『 ぬるい毒 』  ★★
    
    なんかねェ・・・・・
    宙ぶらりんと言うか、不安定な感じが・・・?です。


  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書

短編集”はしり雨”読んで見たくなりました。
昨年秋から病院で気分の良い時読んだ本がたまってますので
UPしたいと思いながらそのままに!
三浦しおんの”船を編む”が良かったです。

三浦しをん読書中

わぁ!v-411
私が今読んでいるのは、三浦しをんの「神去なあなあ日常」です。
とても面白くて残りあと少しなんですが楽しみ~。

三浦しをんさんはある方面の仕事を深く調べ上げての物語も作っておられるようですね。 辞書の編集とか文楽の語り手とか・・・
「神去なあなあ日常」は三重県の林業の世界に飛び込んだ青年の物語なんです。 
そこに長く滞在しないと書けないと思うんですが・・・調査能力は凄いv-405 
プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム