かきもち

今日は、この前行ってヨカッタ東吉野村の”かたすみ温泉”に。
帰りには大宇陀の道の駅に寄って奈良漬けとかきもちを買って帰りました。

DSC_1315_convert_20160315213654.jpg
子供の頃 家では
一月にはかきもち(もち米に干しエビや胡麻を合わせて杵で搗いて、”こうじゅうた”と
呼んでいた木箱に入れて少し乾かしたものを薄くスライスして切り干したもの)、
三月にはよもぎ餅(うるち米を米屋で挽いてもらった粉を蒸して蓬と合わせて
杵で搗いてひし形に切ったもの)、
五月にはかしわもち(うるち米の粉を蒸して杵で搗いて円錐形に形造り、萱の葉で
包んだもの) 等を毎年作っていました。

そんな事もあり 道の駅で ”かきもち”を見たら懐かしくて買ってしまいました。
火鉢はないですから、オーブントースターで焼いて食べますわ

そうそう、
奈良県人はお正月のお雑煮に入れたお餅を取り出して、きな粉(+砂糖)をまぶして
あべかわ餅みたいにして食べる風習があります。
TVの”県民ショー”で、横浜ベイスターズの三浦大輔投手(奈良県出身)も言っていました。
私が食べていたのは普通のきな粉ではなく、青豆のきな粉だったから一段と風味があって
とても美味しかった思いがあります。
しかし、青豆のきな粉はなかなか売っていません。
が、何年か前の寒い時期 大宇陀の道の駅では”青豆のきなこ”を売っていました!
今年の暮には懐かしい青豆のきな粉を・・・ 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かきもち情報ありがとうございます。昔を思い出しました。

違ってたわ

次の記事に書きましたが、
買ったかきもちは思っていた味と違ってました。v-395
まぁ、各家庭によって好みの味がありますからねv-411
やはり子供の頃の食生活は大人になっても大きく影響するかも・・・
いや、ただの郷愁かも・・・ ハハハv-392
プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム