日帰り桜見物バス旅行 <その2>

DSC_1315_convert_20160407193106.jpg 12:00 彦根城を後にして
 彦根港に向かいました。
 その間にもあちらこちらに満開の桜を
 見ることが出来ました。



DSC_1317_convert_20160407193206.jpg 約10分で彦根港に到着。
 乗船切符 [彦根港⇒海津大崎]と
 簡単な[海津大崎お花見マップ]を
 添乗員さんから渡されました。



DSC_1318_convert_20160407193234.jpg 12:30 彦根港を出港。
 琵琶湖をちょっと無理して時計として
 見ると、
 3時(彦根港)の方向から11時(海津大崎)
 への移動になります。


DSC_1319_convert_20160407193258.jpg 途中、竹生島で一般乗船客は下り、
 ツアー客はそのまま海津大崎に向います。

 しかし、琵琶湖は広いですね~
 竹生島が見えてもなかなか辿り着きません。
 

DSC_1323_convert_20160407193347.jpg やっと竹生島に到着。
 この島にある宝厳寺は、 西国三十三ヶ所
 観音霊場の第三十番札所でして、
 5年程前に 一度訪れています。
 その時の事を思い出し、
 ちょっと懐かしかったです。

DSC_1324_convert_20160407193413.jpg 再び船は進みます。
 あっ!
 遥か前方に白っぽいラインが・・・
 近づくにつれて・・・桜だとわかりました。

 

   DSC_1325_convert_20160407193541.jpg
   船上から見た「さくらの名所100選」のひとつ海津大崎の桜 回廊
   DSC_1339_convert_20160407193606.jpg
   奥志賀ですから満開の手前、7分咲きでしょうか。

DSC_1342_convert_20160407193639.jpg 
 海津大崎港に到着。
 左写真は乗って来た船です。

 
 さぁ、 これからは
 海津大崎の桜のトンネルウォークです。
 約4キロ歩きます。
 
 海津大崎は
 琵琶湖八景 「暁霧・海津大崎の岩礁」
 としても知られる景勝地だそうです。




 




   DSC_1352_convert_20160407193809.jpg
   老桜から若木まで約800本のソメイヨシノが続きます。

   DSC_1359_convert_20160407193937.jpg
   前を歩るいているのは誰ぁれ? ハハハ

   DSC_1357_convert_20160407194045.jpg
 湖沿いの桜には若木も多くみられました。
 その若木の根元には、「〇○小学校卒業記念」「結婚記念」「孫の誕生記念」等々の
 植樹記念のメッセージが書かれたプレートが置かれていました。
 このような活動をすることによって、次世代へ桜を引き継いでいけますよね。
 さすが近江商人の県だと感心しました。 

 2:40 海津1区に集合 そこからガイドさんの誘導でバス駐車場へ
 次はびわ湖バレーの桜です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム