蟠龍庵

昨日は篠山市の蟠龍庵へ行きました。

三連休の初日 朝8時前に家を出発。やはり、高速道路の掲示板には渋滞のお知らせ。
吹田に入る頃には『アチャァ~』、宝塚東トンネルまでは18キロの渋滞。
ここはいつも渋滞するのですよね。
結局、3時間かかりました。(因みに、復路は1時間20分)

      DSC_1532_convert_20160717222653.jpg
      蟠龍庵(はんりょうあん)

蟠龍庵: 旧篠山藩主青山家の菩提寺。
      青山家宗俊公が近江国(静岡県)浜松城主のころ延宝4年(1676)、
      大徳寺より祥山和尚を開祖として迎え創建されました。
      その後、忠重公の転封によって亀山(現京都府亀岡市)に移され、
      更に寛延元年(1748)、忠朝公が篠山へお国替えになった後、
      この地に移建されたものです。
      青山家累代の廟所(みたまや)があるほか、
      元藩主松平家ゆかりの阿弥陀堂などが残存しています。


      DSC_1533_convert_20160717222717.jpg
      小さいお寺ですが、鐘楼も。
そして、傍にはお寺が経営している幼稚園(富山こども園)もあります。      
      DSC_1534_convert_20160717222743.jpg
       玄関口にある この衝立の絵が気になりました・・・

      DSC_1536_convert_20160717222806.jpg
”こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷” で食事をいただいたのですが、
ちょっと変わった盃がおかれていました。

いとこ: 『 丹波篠山にはふるさと乾杯条例があって、
        地元の酒を丹波焼の器で乾杯することに決まっているねん。』       

盃を見た時、一瞬ブタ と思ったのですが、イノシシでした。ハハハ



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム