檜扇

ここずっと雨の日が続いていて洗濯干しに困っています。

昨日は着付けクラブに行きました。
また今年も公民館の文化祭発表があるので、当日の着付けが上手くいくように
帯結びの練習の特訓が始まっています。
      DSC_2606_convert_20171020222223.jpg
       Sさんと組んで振袖のお嬢さんの着付けをするのですが、
       帯結びは「檜扇(ひおうぎ)」です。

習った帯結びを忘れないように、昨夜はよしこさん相手に練習しました。
「檜扇(ひおうぎ)」は帯結びの立矢の種類で、花嫁さんの帯結びとして
良く結ばれるそうです。 
結び方はそれ程複雑ではありませんが、形のバランスが難しいのです。
やはりセンスと練習がものを言うんでしょうね・・・



単衣の長襦袢

この夏は和裁の停滞期だったみたいで・・・ほとんど縫っていませんでした。
無理をせず、まぁそんな時もあるもんだ!と気にしてませんでしたが、

あんまりさぼっていると、折角教えてくださっている先生に申し訳ないし
体調も戻ってきたようで、最近はちょっとやる気が出てきました。

今縫っているのは、
     DSC_2585_convert_20171010230435.jpg
      薄ピンクの単衣の長襦袢です。

写真には実際の薄ピンク色が出ていませんが、灰色の小さな家紋模様が
飛んでいてちょっと上品な感じ。

単衣の長襦袢を着るのは5月~6月、9月~10月の期間、袷の長襦袢に
使用する生地を単衣仕立てにし着用します。

袷の長襦袢は袖が無双(袷仕立ての二重)なんですが、
単衣の長襦袢袖は(一重で)袖口の端をそのままに使うので少し涼しそう。
仕立てもその分だけちょっぴり楽です。



雨ゴートを名古屋帯に

先日の和裁教室で、先生から雨ゴートをいただきました。
先生:『名古屋帯にしたらいいんじゃない?』

   DSC_2425_convert_20170727223620.jpg
(写真では紺&ピンクに写っていますが、)模様は黒色&赤色で少々奇抜
なんですが、帯にすると映えるかもしれません。

暑い日が続いているので、だるくて・・・・・和裁がなかなか進みません。
着物4枚分の衿付け、袖付けがどっさり残っています。

帯を縫って、気分転換をしてみようかな・・・と思ったり・・・



緑グレーの麻の小紋

今縫っているのは、

       DSC_2325_convert_20170613234011.jpg
        緑グレー色の麻の小紋です。

以前、温泉同窓会の友達と行ったイベントで買った麻の着物です。
小さなシミがあったので、解いて洗い張りに出しました。
その汚れも取れスッキリきれいになって戻って来たので、仕立て直しています。
丁度私サイズに裁断されているので

暑い夏には麻の着物は涼しくて良いのですが、めったにお目にかかりません。
たまにあっても無地で、これはちょっと珍しい色柄です。 ランラン(^^♪



ウールの着物

今日は一日中雨で、予想通りの梅雨入りとなりました。
やはり雨の日は和裁をして過ごします。

昨日和裁のHo先生宅に行ったら、Hi先生からの着物が沢山あって
欲しい人は貰ってくださいとの事でした。
で、羽織2枚(帯にする予定)とウールの着物を1枚いただきました。

      DSC_2301_convert_20170607233351.jpg
          未使用のウールの着物です。
地味ですが、私のサイズにかなり近く 少しの手直しでいけるかも・・・?

      ウール
袷仕立てで、八掛は深緑色で素敵なんですが、胴裏にシミが出ています。
それで胴裏と八掛を外して、単衣仕立てにすることにしました。

でもね、単に胴裏と八掛を外しただけで済みません。

単衣は背筋の縫代を背伏(せぶせ)で包みますので、背縫いを解きました。
裾の長さが揃ってなく歪んでいたので、左右脇縫いも解きました。
着丈を少しでも伸ばしたいので”切りくりこし”にするので、両袖を外しました。
全部縫い直すと、衽縫いの縫目の粗さが気になってそこも解きました。

結局、袖の形だけそのまま使えそう・・・ 



プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム