名古屋帯で花扇

昨日は着付けクラブへ行き、名古屋帯で”花扇”を練習しました。

      DSC_2167_convert_20170421212939.jpg
            Yoさんが結んでくれた ”花扇”

この帯結びは20代の若い娘さん向きで、浴衣の帯にも良いかも知れません。

名古屋帯ですから私の背中にはボリューム不足。
: 『ひやぁ~。川にいるサワガニみたい』
みんな: 大爆笑



付下げの柄合わせ

昔から着物には標準サイズというのがあって、
後巾8寸、前巾6寸、衽巾4寸、肩巾8寸5分、袖巾8寸五分、袖丈1尺3寸

まぁ大方の人はこのサイズに合わせて着物を仕立てられていたようですが、
近頃の若い人は背も高く 手も長くなっていますし、若い頃に比べて5~10kgは
体重が増えている年配の人も多いはず。(はーい! 

サイズの合わない着物は着付け難いし、着姿もスッキリしません。
やはり自分サイズの着物が一番です

これから縫うのは、ネエネエの付下げです。
    付下げ
『もうピンクの着物は要らないからね~』 との事で、
これまでとは傾向の違った色柄ですが、気に入ってくれるでしょうか。 
でもね、・・・ やっぱり花の色に合わせて八掛はピンク。 ハハハ
同系色(紺色)の八掛だと粋になってしまいますよね。

で、ここからが問題なんです。
振袖、留袖、訪問着、付下げ等の着物は、絵羽柄(柄が続いています)。
そして、その絵柄は標準サイズに合わせて描かれている為、
自分サイズに仕立てると絵柄が続かなくなってしまいます。 

そんな場合は・・・
      付下げ
普通は 後巾⇒前巾⇒衽(おくみ)巾 とヘラづけをしますが、
絵柄を重ね合わせながら衽巾⇒前巾⇒後巾 とヘラを入れます。

前身頃と後身頃の縫代巾に違いが生じますが、5分ぐらい迄の違いは
OKです。
ちょっとややこしいですが、これなら絵柄とサイズの両方を生かす事ができます。

着物の反物は巾約38cm×長さ約12m
この布を切り刻むことなく、無駄を出さずに、美しい民族衣装を考えた昔の人は凄い!と
いつも感心しています。


他装の練習

前回の着付けクラブは他装の練習でした。
教えてもらったコツを忘れてしまわない内に復習をしないと・・・

ネエネエの振袖を縫う前に練習用に縫った振袖を出してきました。
一度も袖を通してないから、一緒に縫った長襦袢の半襟もつけてなかったァ~
仕方ないので私の長襦袢で・・・ごまかそう・・・

DSC_2125_convert_20170320210651.jpgDSC_2126_convert_20170320213821.jpg
1回目                   2回目

1回目は、腰紐の位置や結び方が駄目ですし、衿の打ち合わせもだらしないですね。
2回目は、腰紐も衿も少しはマシになりましたが、まだまだスッキリしていません。
まぁ何度も練習するしかないですね。



亜流の大島紬

もらい物の大島紬の反物があるので縫って欲しいと友達に頼まれました。

      DSC_2123_convert_20170316230310.jpg
良い柄なんですが、この大島紬は・・・何と言ったらいいのか・・・亜流なんです。
(亜流:そのブームやモノを創りだした人・作品・商品などに対して、
                          それを良しとして模倣している現象


    DSC_2124_convert_20170316230347.jpg
本場大島紬は産地が大ききく分けて2つあります。奄美大島と鹿児島本土です。

奄美大島産のものは地球印のラベル(左上)、
鹿児島本土産のものは日の丸の旗印のラベル(左下)がついていますが、
品質的には特に差は無いみたいです。
本場大島紬は現在は生糸で織られていて、ツルッとした生地風合いが特徴。
軽くて反物の巻が細いですね。 着物に仕立てると軽いので着易いです。

友達の反物は大島紬のような絣が織り込まれています。
が、触ってみれば本場大島とは違い 張りがなくざらついています。

でもね、・・・ラベルには大島となっていますが、”本場”の字はないから
その点は良心的?と言えますね。 

友達: 『 かまへん。 かまへん。 何でもええねん。 』 
: 『は~い。了解しましたぁ~。』 



道中着の紐飾り <その3>

道中着の紐付け位置に縫い付ける花は作ったので、
紐もこれまでの3分巾のものではなくて、花に合う紐を作ってみました。

      DSC_2087_convert_20170304211917.jpg
残り布で巾5分5厘のバイヤステープ4枚を用意。
(作りたい紐は1尺8寸ですので、2枚を接がなくてはなりません。)

      DSC_2090_convert_20170304212011.jpg
バイヤステープを中表に折って、縫代3㎜で細かく縫います。
ループターナーで表に返します。紐幅が狭いので引っくり返し難かった~

      DSC_2088_convert_20170304211937.jpg
バイヤステープが丸い紐になってきました~

      DSC_2089_convert_20170304211954.jpg
紐に並太毛糸(撚りを解いて半分の太さにする)を通して芯代わりにします。

      DSC_2091_convert_20170304212032.jpg
ちょっと可愛い道中着の紐飾りが出来上がりました。



プロフィール

しるたん

Author:しるたん
奈良県在住の主婦です。
甘いもん、着物、温泉が好きです。
深夜、ほっと一息ついた時に読んでいただけたら…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム